みずほ銀行のおまとめローンはオススメ?一本化に積極的な理由とは

みずほ銀行カードローンは、総量規制の対象外なのでおまとめローンとして利用することもできます。これは銀行カードローンはすべて総量規制の対象外のため、みずほ銀行カードローンだけではありません。

しかし、おまとめローンに積極的などうかは銀行カードローンによって異なります。みずほ銀行はおまとめローンに積極的なので、比較的利用しやすいカードローンです。

「おまとめローンに積極的かどうか」を判断するのにはどういった点から見ていけばよいのでしょうか?

また、借入を一本化する上での金利の差はどの程度あるのでしょうか?実際に計算してみました。

みずほ銀行カードローンのおまとめの積極性と金利についてみていきましょう。

◆みずほ銀行がおまとめローンに積極的な理由は…

以前は、そのカードローンがおまとめや借り換えに積極的かどうかは、公式ホームページをみるとわかりました。公式に「おまとめ・借り換えOK」と強調しているのは他社借入の一本化に積極的だといわれていたのです。

しかし、最近では規制が厳しくなりこういった表記は少なくなりつつあります。つまり、表記だけで積極的かどうか判断するのが難しくなったともいえます。

なので、ホームページやネットの評判などでは判断できませんが、実際に利用したことがある口コミや電話した人の話を参考にすると良いでしょう。確かなのは直接電話で聞いてみることですね。

◆みずほ銀行カードローンのメリットはたしかな低金利

みずほ銀行カードローンの金利は、大体3番目に低金利です。特に低い銀行カードローンの中でこれだけ上位に低金利なのはかなり素晴らしいスペックです。

順位は

1.ソニー銀行カードローン
(実質年率2.5%~13.8%)

1.イオン銀行カードローン
(実質年率3.8%~13.8%)

3.みずほ銀行カードローン
(実質年率2.0%~14.0%)

となっています。

ソニー銀行とイオン銀行は上限金利が13.8%ですが、みずほ銀行の14%と0.2%の差があります。おまとめに関しては、ソニー銀行はおまとめローンにあまり積極的ではないため、金利だけでいえばイオン銀行とみずほ銀行の2択でしょう。

金利の0.2%がどの程度の差かというと、例えば、上限金利で100万円以下の借入をしたとすると、

イオン銀行カードローン:13.8%
みずほ銀行カードローン:14.0%

となります。返済額はトータルで

イオン銀行カードローン:13万8千円
みずほ銀行カードローン:14万円

となりますので、差はわずか2000円という結果に。

この程度の差であれば、金利だけで選ぶ必要はなさそうですね。みずほ銀行の方が便利であったりおまとめに積極的である点などから、総合的に判断することの方が大事なようです。

☟みずほ銀行カードローンへのお申込みはこちらから

みずほ銀行カードローンは低金利なのでイチ押しです。
上限金利をみてください。他の業者は15~18%なのに対し、みずほ銀行は15%を切って14.0%です。その差は一目瞭然ですね。長期的に利用するのであれば金利の差はとても大事です。より低金利で安心できる業者である必要があります。

みずほ銀行カードローン概要
金利 限度額 返済日
年2.0~14.0% 最大800万円 毎月10日
申込方法 遅延損害金 総量規制
インターネット・電話・郵送・銀行窓口 19.9% 対象外
利用条件 ・満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社オリコの保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

みずほ銀行カードローンの詳細記事を読む

みずほ銀行カードローン公式HPで申し込む

◆みずほ銀行おまとめローンの審査の難易度は?

銀行カードローンの審査基準は、一般的に高いといわれています。中でも低金利の銀行カードローンはより厳しいとされています。しかし、しっかり自分の状況を把握し万全の体制で挑めば、審査を通過することはそれほど難しいことではありません。

みずほ銀行のおまとめローンの審査基準を再確認してみましょう。

①安定した収入

まずは「安定した収入」があってこそです。毎月の返済に十分な収入を得ているか、それだけに審査の合否がかかっているといっても過言ではありません。特にみずほ銀行は、収入に関して下記のような寛容な傾向があります。

・歩合給や臨時給など、毎月の収入が変動する場合でも、一定額以上で安定していればOK
・非正規社員(派遣社員・契約社員・パート・アルバイトなど)でもOK
・年金生活者でもOK

ただし、年齢条件は66歳未満です。

また、専業主婦も申込OKです。

ただし、配偶者に安定した収入が必要で、配偶者の勤務・収入状況の確認が求められます。さらに専業主婦の借入額の最大は30万円までとされています。

また、アルバイトの学生も申込が可能です。もちろん年齢制限があるので20歳以上でアルバイトなどをしていて安定した収入があることが条件です。ただし学生の場合、借入額が最大で30万円程度としています。

②申込項目

みずほ銀行カードローンに申し込む際の注意点として、口座開設が必須となります。

HPにも、「みずほ銀行の口座をお持ちの方」「みずほ銀行の口座をお持ちでない方」に申し込みボタンが分かれています。
持っていない方は、カードローンの申し込みと口座開設を同時に行う流れになっています。

すでにみずほ銀行口座を持っている方は、より早く融資を受けることができ、持っていない方は口座開設に1ヵ月ほどかかるといわれています。

【申込に必要な情報】※みずほ銀行口座を開設済みとする

申込の際に求められる情報です。これらすべてに答えられるようにしておきましょう。

・収入の有無
・借入希望額
・名前
・性別
・住所
・電話番号
・住居区分(持ち家・賃貸など)
・居住年数
・配偶者の有無
・子供の有無
・現在利用している他社の無担保ローン
・年収(税込)
・家族との同居
・勤務先名称
・勤務先住所
・勤務先電話番号
・所属部署
・勤続年数
・従業員数
・職種
・業種・内容
・出向先・派遣先
・みずほ銀行取引支店
・返済用普通預金口座番号
・利用目的
・メールアドレス
・審査結果確認用パスワード

一問一答のシンプルな申込フォームなので、5分ほどあれば入力が出来ます。あらかじめ入力内容を知っていれば、すぐに打つことができますね。

◆みずほ銀行カードローンに落ちる原因とは?

カードローンに落ちる主な原因は下記の3つです。

・申込情報が間違っているケース
・スペックが及第点に足りていないケース
・過去に金融事故を起こしているケース

これらをみて総合的に合否が出されるのですが、審査に落ちてしまったとしても明確な原因は教えてもらえません。また、明確な判断基準を公開してはいないので、審査基準は憶測です。

みずほ銀行カードローンの審査は保証会社である「オリエントコーポレーション(オリコ)」が委託しています。信販会社として有名な「オリコ」の審査システムによって、多彩な審査を行っています。つまり、みずほ銀行カードローンの審査に通るには、みずほ銀行と保証会社であるオリコの審査に通過しなくてはなりません。当然、過去に金融事故を起こした場合やオリコでトラブルを起こした方は保証されないため審査は不合格となってしまいます。

一般的にカードローンの審査基準は、銀行>信販会社>消費者金融の順番で厳しいといわれています。銀行カードローンの中には消費者金融を保証会社としている場合も多くあるため、みずほ銀行はその中では比較的審査は厳しい印象です。

もちろん、審査では総合的に判断されるため返済能力があるととらえられれば審査に合格できます。これは蓋を開けてみないとわからないので、あまり身構えずありのままの自分で勝負しましょう。虚偽の申告や入力ミスなどは審査落ちの原因にもなります。

◇審査でされるスコアリングとは?

カードローンの審査は公開されていないからこそ、目安として用いられるのが点数化する方法です。
職業や年収、他社からの借り入れなどスペックを総合的にスコアリングすることによって、おおよその目安を知ることができます。

【元銀行員直伝】おまとめローンの審査を通りやすくする裏技10選

あなたはこう見られてる!おまとめローンのスコアリングについて、徹底解説

キャッシング会社の審査では、審査という名称のスコアリングにて決定している

【スコアリングの例】

・年収

・勤続年数

・他社からの借り入れ

・職業
・居住区分

・居住年数

・健康保険の種類
・家族構成

入力情報からスコアリングがされ、点数によって審査結果や限度額を決めます。

ここで、登録されている情報と入力情報の間に明らかな間違いがあれば、保証会社から信用を失ってしまいます。

高スコアを狙って虚偽の申告をしては、本末転倒です。申込情報は必ず正しい情報を入力しましょう。

☟みずほ銀行カードローンへのお申込みはこちらから

みずほ銀行カードローン概要
金利 限度額 返済日
年2.0~14.0% 最大800万円 毎月10日
申込方法 遅延損害金 総量規制
インターネット・電話・郵送・銀行窓口 19.9% 対象外
利用条件 ・満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社オリコの保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

みずほ銀行カードローンの詳細記事を読む

みずほ銀行カードローン公式HPで申し込む

◆みずほ銀行カードローンは自動融資・振替の「スイングサービス」がある

「スイングサービス」とは、自動融資サービスと自動振替サービスのことです。預金口座から公共料金の支払いなどで自動引き落としがされる場合、資金不足だとそのまま「延滞」になってしまいます。

このスイングサービスを取り入れていることで残高不足が起きると自動融資され預金口座へと入金されるという仕組みになっています。

その他にも、カードローン口座へ入金し残高がプラスになるとプラスになった分を自動的に口座に振り替えてくれるサービスもあります。

みずほ銀行の場合は、キャッシュカードをそのままカードローンとして利用できるので、1つ2役で活躍します。こういった便利なシステムを取り入れているのもみずほ銀行独自の工夫といえるでしょう。利用者からしても嬉しい便利なシステムですよね。

みずほ銀行カードローンを利用する際は、忘れっぽい人やいつも返済日を過ぎてしまう人、返済日と給料日は異なっていて口座にお金がない人には便利な「スイングサービス」が利用できますよ。自動融資や自動振替サービスは何かと便利です。

また、みずほ銀行カードローンへの申込は、みずほ銀行の口座を持っていたらインターネット上で簡単に申込ができます。その際に通帳を用意するのを忘れずに。200万円以内の限度額であれば書類の提出も不要なので、みずほ銀行をメインバンクにしている人には非常にオススメです。

低金利で人気のカードローン「みずほ銀行カードローン」を徹底検証!

◆みずほ銀行は限度額最大800万円でおまとめに向いてる

みずほ銀行がおまとめに向いている理由は、もう一つ、「最大限度額」にあります。最高で800万円まで借入が可能なので、高額な借入にも対応できます。多重債務で高額になってしまった借金は、みずほ銀行などの高額限度額でまとめる必要があります。一本化が可能な業者も限られているので絞って選ぶようになります。

もちろん、最高800万円という高額限度額を手に入れるためには…

借りるのが難しいこと
借入超過しているため、債務整理も視野に入れなければならないこと
複数社から800万円まで借入できても、みずほ銀行1社から800万円借りるのは難しいこと

…など。実際の借金があまりに高額になっていると、1社でのおまとめローン自体が難しいことが予想されます。しかし、ほとんどの人は100万円~400万円くらいの間であると思われるので、必要な額は限度額800万円よりもう少し少額でしょう。もし、400万円以上の借入になる場合は、債務整理を検討することをオススメします。

◆みずほ銀行カードローンでもおまとめ出来なければ、債務整理を検討

みずほ銀行カードローンは最高限度額が800万円あり、銀行カードローンなので総量規制の対象外です。おまとめローンにも適しているので、まず検討すべき銀行カードローンであるといえるでしょう。

そのため、みずほ銀行カードローンでも対処できない借金というのは太刀打ちできないことも多いのです。

『債務整理』を検討したほうが良いかもしれません。

◇債務整理とは?

債務整理は、主に下記の4種類あり「借金の帳消し・減額・利息の引き下げ」などをすることを目的としています。

任意整理
特定調停
個人再生
自己破産

この中で「任意整理・特定調停・個人再生」は借金の減額を目的にしています。任意整理や特定調停は借金を減らすため利息をカットしたり、業者と相談することで折り合いをつけることができます。個人再生は借金総額の最高5分の1まで減額ができます。(法的には10分の1でが、3000万円ほどの借金でなければなりません。借金総額が500万円以内であれば「5分の1いまで」です)

借金を減らして、自力で返済するというのは視野に入れても良いでしょう。一本化しても返済が厳しいようでしたら、まずは債務整理を検討してみましょう。

多重債務に陥ったらおまとめローン。ともう一つ『債務整理』を詳しく紹介

借金返済が困難になった場合、おまとめローンと債務整理どっちがよいか


☟みずほ銀行カードローンへのお申込みはこちらから

それくらい、みずほ銀行カードローンはイチ押しなのです。

これほどの低金利で、おまとめローンに寛容な銀行系カードローンは滅多にありません。知名度は抜群ですし、信用性があります。みずほ銀行カードローンの審査は厳しいといわれているものの、おまとめローンに前向きな姿勢をみせてくれています。

口座を開設しなければならないのは唯一面倒だと感じる部分ですが、大手三行(三井・三菱・みずほ)なので持っていても良いと思います。

みずほ銀行カードローン概要
金利 限度額 返済日
年2.0~14.0% 最大800万円 毎月10日
申込方法 遅延損害金 総量規制
インターネット・電話・郵送・銀行窓口 19.9% 対象外
利用条件 ・満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社オリコの保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

みずほ銀行カードローンの詳細記事を読む

みずほ銀行カードローン公式HPで申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする