おまとめローンを検討の方必見『ネット銀行』が狙い目かも

最近では、ショッピングやオークション、調べものにゲームなど様々なシーンでインターネットが活躍しています。
カードローンの世界にも、従来の消費者金融や信販会社、そして店舗型銀行に加えてネット専業銀行が参入してきました。
そんなネット銀行をおまとめローンを検討中の方にオススメする理由は、ズバリ「低金利」にあります。
ここでは、ネット専業銀行が提供するカードローンの特徴、メリット、そしてデメリットに至るまで紹介していきますので、参考にしてみてください。

■ネット専業銀行カードローンの特徴

●店舗がない
カードローンの申込をする際、通常の銀行でしたら来店して申し込むことができますし、大手消費者金融には自動契約機がありますので、それを使ってカードローンの申込からローンカードの受け取りまでできます。

一方で、ネット専業銀行のカードローンは店舗や自動契約機での申し込みができません。
それもそのはず、ネット専業銀行はインターネットを舞台としているため、店舗や自動契約機はもちろん、自社のATMすらないのですから。
ネット専業銀行カードローンの申込は、インターネットか郵送のいずれかになります。

●コンタクト方法も基本ネットのみ

銀行カードローンで困ったことがあれば、電話をしたり来店したりして聞くことができます。
消費者金融も自動契約機で困ればオペレーターが助けてくれますし、フリーダイヤルでコールセンターに問い合わせることも可能です。

しかし、ネット専業銀行カードローンでは、店舗はおろか電話での問い合わせにも対応していません。
不明点があれば、メールかホームページのお問い合わせフォームから問い合わせるしかないのです。
必要書類のアップロードなども、スマホで撮影して画像データをアップロードする方法が主流です。

■ネット専業銀行カードローンのメリット

●金利が低い

ネット専業銀行は店舗を持っておりません。
よって、本来は店舗に割くべき賃料や人件費などを大幅に削減できます。
削減した費用を利用者に対する金利引き下げとしているのです。

消費者金融と比べれば、通常の銀行カードローンの金利は低いのですが、それでもネット専業銀行カードローンにはかないません。
通常の銀行は店舗や従業員を多く有しているため、その経費がどうしてもかさんでしまうからです。

●提携ATM手数料が無料の場合が多い

通常のカードローンの場合、自社ATMの利用には手数料がかかりませんが、提携ATMの利用には手数料がかかります。
しかし、ネット専業銀行は自社ATMもありません。
これは一見するとデメリットのようですが、そんなことはありません。
自社ATMがない分、提携ATMへのサービスにもネット専業銀行は力を入れています。
例えば「じぶん銀行カードローン」では、三菱東京UFJ銀行やセブン銀行、イーネットやゆうちょ銀行などのATM利用手数料が、完全無料なのです。

●サービスが充実している

大手カードローン会社以上に内容重視をしています。店舗がないので、中身で勝負するしかないというところが多く、利用者としては嬉しいことずくめだったりします。
クレジットカード機能やポイントサービスなどを真っ先に取り入れたのもネット銀行ならではのサービスなのです。

■ネット専業銀行カードローンのデメリット

口座を開設しなければならない

消費者金融を利用する場合、銀行口座があればメリットもありますが、口座開設は必須条件ではありません。
一方でネット専業銀行カードローンの場合、口座開設がほぼ必須条件となっております。
口座開設に時間や手間がかかる場合もあるのです。

●インターネットが使えないと厳しい

ネット専業銀行カードローンは、ほぼすべての手続きをインターネットで行います。
郵送で手続きができる銀行もあるようですが、それは少数派です。
申込から契約、問い合わせまですべてインターネットで行いますので、インターネットが使えない人はいくら商品が魅力的でも利用は厳しいでしょう。

■ネット銀行の例

銀行名 金利 限度額(最大)
オリックス銀行カードローン 3.0% ~ 17.8% 800万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン
(プレミアムコース)
1.89% ~ 7.99% 1,000万円
じぶん銀行じぶんローン 2.3 ~ 17.4% 800万円

■まとめ|ネットが使えると強い

いかがでしょうか?
ネット専業銀行のカードローンは、「インターネット」が低金利というメリットにもなれば、ネットが使えないと申し込めないというデメリットにもなります。
しかし通常の銀行カードローンと同様に総量規制の対象外ですし、限度額も比較的多いので、魅力的な商品には違いありません。

ネット環境が整っていない高齢者の方や、どうしても人と話しつつわからないところを解決してから申し込みたいという方はネット銀行は不向きかもしれません。

しかし、ネットが使えるといろんな情報を手に入れることが出来るのでネットに強いということはお得にも強いということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする