その手があったか!国の教育ローンでおまとめしてしまう裏技

特に複数の貸金業者から借金をしている多重債務者は、その返済だけでも相当な苦労です。
複数の借金を1つにまとめるおまとめローンもいいのですが、消費者金融系のおまとめローンは金利が高いので、一本化してもメリットはさほど大きくはありません。
銀行のおまとめローンも、審査が厳しい割には驚くほどの低金利というわけでもありません。

■国の教育ローンの概要

そんなとき、意外なローンがおまとめローンの有力な選択肢になることもあります。
それは、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」です。
日本政策金融公庫は株式会社の形をとっていますが、財務大臣が全株式を保有している事実上の国有金融機関です。
日本政策金融公庫は預金業務を行わず、もっぱら融資業務を行なっています。
その融資業務は「事業用資金の融資」と「教育用資金の融資」の2種類で、今回話題にするのは後者の方です。

国の教育ローンの概要は、以下のようになっています。

・金利:年1.9%の固定金利
・限度額:350万円(海外留学資金は450万円)
・申込条件:融資対象の学校に入学、在学される方の保護者、世帯年収が790万円以内
・融資までの期間:20日程度
・必要書類:申込書、収入証明書類、資金用途の分かる書類など
・返済期間:最長15年

以上のように、一般的なおまとめローンと比べても圧倒的な低金利が大きなメリットです。
返済期間の長さも魅力的で、しかも在学中は利息のみの返済も可能です。
限度額こそ一般的なおまとめローンと比べて物足りないですが、多額でなく高金利な借金を一気にまとめられれば、かなりの威力を発揮しそうですね。

■国の教育ローンで銀行の教育ローンをおまとめできるか

bank-building-icon
しかし、そもそもの疑問として、国の教育ローンでおまとめをすることができるのでしょうか。
例えば、銀行から借りていた複数の教育ローンをおまとめしたいという場合、これは可能です。
銀行の教育ローンは明らかに教育目的で融資されるものですので、その契約書などを提出すれば問題ありません。
銀行の教育ローンはカードローンほど高金利ではありませんが、それでも年5%程度の金利はあります。
国の教育ローンよりも3%程度高金利ですので、おまとめする効果は十分にあると言えるでしょう。

教育以外のローンを国の教育ローンでおまとめできるか

dokusyo
そして、ここからがいよいよ本題です。
教育目的以外で借りたお金を、国の教育ローンでおまとめすることはできるのでしょうか。

例えば、マイカーローンとブライダルローンを国の教育ローンでおまとめしようと思っても、これはできません。
マイカーローンは車目的、ブライダルローンは結婚目的であり、お子さんの教育とは何の関係もないからです。これらは「目的ローン」と呼ばれるもので、お金の使い道を指定しているので低金利に設定されています。しかし、目的ローンというくくりは一緒でも目的が全く違うローン同士をまとめることはできません。
同様に、使い道を設定されていないフリーローンやカードローンの借金を、正攻法で国の教育ローンでおまとめしようとしても、玉砕するのがオチです。
国の教育ローンが融資対象としているのは、あくまでも「お子さんの教育に関する資金」なのですから。

(⇒カードローンではなくフリーローンのほうがお得な人は?

しかし、正攻法で攻めるのがだめならば、裏技を使って攻める方法もあります。
「学費を支払うのが大変なので、教育資金を融資してください」と言えば、これは立派なお子さんの教育に関する資金目的となります。物は言いようですね。

しかも、裏技と言っていますが決して非合法的な手段ではありません。日本政策金融公庫の公式見解なのですから。融資したお金を実際に何に使ったか、日本政策金融公庫では調べることはありませんので、その後はどうやって使おうと自由です。高金利のカードローンを一本化して、借金減額をしてもよいでしょう。

ただし、注意点があります。
それは、お子さんの学費はしっかり支払うことです。教育資金で借りておきながら学費を滞納しようものなら、融資したお金は何に使ったんだという話になり、一括返済を求められる可能性もあります。返済には気を付けた上での利用が必須条件になります。

■まとめ|しっかり返済計画を立てての利用はOK

いかがでしたか?

結論としては、教育ローンを使っておまとめすることは出来ます。しかし、しっかり返済計画が立っている場合のみの利用にした方が良さそうです。
というのも、「学費が払えないので貸してください」といって借りたにも関わらず、返済が遅れて支払われていないと「何に使ったのか」という問題に発展します。そうなると一括返済を求められる可能性もあるため、返済計画はカードローンやフリーローンよりも入念に行った方が良いでしょう。

カードローンやフリーローンのような目的のないローンよりも、住宅ローンやカーローン、教育ローンなどの目的がハッキリしているローンの方が、「貸したお金を何に使ったか」がより問われるということを頭に入れておいてください。

また、教育ローンを使っておまとめするのは非合法ではないので、安心してご利用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする