新時代突入!数少ないカードローンにTポイントがつく業者は?

■成長著しい「Tポイント」という存在

日本国内でTポイントを貯めている人は、どれくらいいるかご存知ですか?
その数は、6,000万人を超えます。
日本の人口が1億2千万と言われているため単純に2人に1人は、Tポイントを貯めていることになります。
もっというと…2人に1人という計算はあくまでも単純計算であり、「生まれたばかりの子供」だったり、幼稚園児だったりは含めていません。
となると「実際に貯めることができるような年代に限り」と条件を付けると、もっと高い割合でTポイントを貯めていることになります。
もちろん、この6,000万人という人たち全員が躍起になって貯めているわけではないため、一概にも「みんな貯めている」というわけではないのかもしれませんが。
ともあれ、Yahoo!Japanとの関係などを見ても、成長著しいポイントと言っても差し支えはないかと思います。
そして、そんなTポイントが…いよいよカードローンの業界にも足を踏み入れることになりました。

■借金返済でポイントを貯めることができる時代に

具体的には「スルガ銀行」が提供しているカードローンサービス「Tポイント付きリザードプラン」を利用したときのお話になります。
返済額100円につき1ポイントのTポイントが付与される還元率です。
となると…単純に毎月1万円の返済をしていれば、100ポイントを貯めることができ、1年1200円分にもなります。
「たかだか1200円分…少なくない?」と感じるかもしれませんが、今まで全く貯めることができなかった世界のため、この進歩は非常に大きいと言えます。
また、そもそもポイントを貯めるコツというのは、必要経費で貯めることが1つとして挙げることができます。
毎月決まった支出で貯めることができるほど、お得なことはありません。
ちなみに、他にも宮崎太陽銀行が提供しているカードローンもTポイントを貯めることができます。
現状、返済でTポイントが貯めることができるのは、この2社となっています。
◇入会キャンペーンでポイントを貯めることは出来ていた

この話を聴いて「え?今まで貯めることができなかったの?」と驚いた方もいらっしゃるかもしれません。
それもそのはずで、Tポイントを始め、ポイントサービスとカードローンサービスは、昔から身近な関係となっていたからです。
それが「入会キャンペーン」ですね。
新規入会で5,000ポイントをプレゼント!」というようなキャンペーンが多く実施されていたため、このように驚いてしまうわけです。
ともあれ、入会時限定だったお話が、いよいよ長いスパンでポイントが貯めることができる時代になってきたのです。

ちなみにですが、ノーローンやプロミスがポイントサービスを提供していますが…Tポイントのような汎用性があるようなサービスではありません。
また、アコムも以前はポイントサービスを行っていましたが廃止していますし、クレジットカード(ACアコムカード)ですらポイントサービスを廃止している状況。
これも含めて考えると、本当に画期的なことと感じて頂けるかと思います。

■ライバル業者も参戦する可能性が大のため情報収集を!

さて、今回の記事で一番伝えたいことになります。
それが「Tポイント以外のライバルポイント業者が参戦してくる可能性がある」ということです。
スルガ銀行カードローンや宮崎太陽銀行のTaiyoパワーカードローンの結果にもよる(顧客が増え利益が増えたという目に見える実績)ことになりますが…。
もし成功すれば、この業界にも次から次へと、大手のポイント業者が様々なカードローン業者と提携する可能性があるということです。
となると、続いては「ポイント還元率の戦い」が始まり、よりお得なカードローンサービスになる可能性があるのです。
まだまだ動きは鈍いものの、一気に動き出す可能性は充分にあります。繰り返しになりますが、スルガ銀行と宮崎太陽銀行で大きな結果を出すことができれば、「カードローンの決め手はポイント還元率」といったことになってもおかしくありませんね。
そして、よりカードローンというサービスが身近なものになり、業界自体が活発になる可能性もあります。
正直なところ、カードローン業界は、一昔前と較べて厳しい時代になりつつあるため、このような起爆剤は願ったり叶ったり。
こういった背景もあるため、ついつい期待をしてしまうところです。

■よりお得に利用できるように色々と考察をしないといけない時代

では、具体的にTポイントが利用することができるようになり、加えて、様々な大手のポイント業者も参戦してきた場合、どのような影響がでてくるのか?
当然、様々なサービスも含め全体を見て、何処の業者を選択するのか?という考察を、より深くしていかなければなりません。
イメージとしてはクレジットカード選びに近い形になるかと思います。
例えば、今回、話題に挙げているTポイントですが

・TSUTAYA
・Yahoo!Japan
・ENEOS
・洋服の青山
・ファミリーマート

などをよく利用するのであれば、スルガ銀行・宮崎太陽銀行のカードローンにしても良いのではないでしょうか。
多少、金利がアコムなど大手消費者金融だったり、メガバンクだったりと比較したとき、高いと思っても、その差を相殺できるほどのポイントが付与するかもしれません。
つまり、何がお得か?という考え方は、金利だけではなく、ポイントサービス全体と、自身のライフスタイルをよく考えて決めていく時代になっていくというわけですね。

■両社Tポイントの還元率表

スルガ銀行カードローンと
宮崎太陽銀行のTポイント×Taiyoパワーカードローンの還元率は同じです。
100円につき1ポイント付きます。
スルガ銀行カードローン
Tポイント付きリザーブドプラン(Tリザーブ)
返済時の利用残高 最小返済額 進呈する
Tポイント
10万円以下 3,000円 30pt
10万円超20万円以下 6,000円 60pt
20万円超30万円以下 9,000円 90pt
30万円超40万円以下 12,000円 120pt
40万円超50万円以下 15,000円 150pt
50万円超100万円以下 20,000円 200pt
100万円超150万円以下 30,000円 300pt
150万円超200万円以下 40,000円 400pt
200万円超250万円以下 50,000円 500pt
250万円超300万円以下 60,000円 600pt
300万円超350万円以下 70,000円 700pt
350万円超400万円以下 80,000円 800pt
400万円超450万円以下 90,000円 900pt
450万円超500万円以下 10万円 1000pt
500万円超550万円以下 11万円 1100pt
550万円超600万円以下 12万円 1200pt
600万円超650万円以下 13万円 1300pt
650万円超700万円以下 14万円 1400pt
700万円超750万円以下 15万円 1500pt
750万円超800万円以下 16万円 1600pt

宮崎太陽銀行
Tポイント×Taiyoパワーカードローン
ご利用残高 毎月の
ご返済額
進呈するTポイント
(返済額100円に対して1pt)
20万円以下 5,000円 50pt
20万円超
50万円以下
10,000円 100pt
50万円超
150万円以下
20,000円 200pt
150万円超
200万円以下
30,000円 300pt
200万円超
300万円以下
40,000円 400pt
300万円超
400万円以下
50,000円 500pt
400万円超
500万円以下
60,000円 600pt

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする