高額借入にオススメ【オリックス銀行カードローン】500万円借入できる人とは?

「高額融資 審査」「500万円 カードローン」のようなワードを検索エンジンで検索してみると…オリックス銀行カードローンの名を多く目にすることができます。
銀行系のカードローンになるため、総量規制対象外となり上限は無しで融資を受けることができ、非常に魅力的なサービスとなっています。
しかし、実際のところ「本当に500万円も融資を受けることができるのか?」と気になるところ。
一体、どういう人が融資を受けることができるのか?について触れていきましょう。

■インターネット上の情報にもうウンザリ!?

nayamu_men

最初にお話する内容は、今回のテーマとは少し逸れてしまいます。
唐突に申し訳ございません。
しかし、色々と調べていると「本当に欲しい情報が手に入らない」と感じたため、敢えてお話しようと思った次第。

「高額融資 審査」「500万円 カードローン」と検索したとき、欲しい情報は「審査が通るのか?」という点だと。
もちろん「金利が低いところは?」「どのような銀行が高額融資をしてくれるのか?」も知りたいところなのですが…。
「●●銀行のカードローンは低金利のためオススメです!」と言われても…そんなことは分かっていると思ってしまうわけですね。
本当に欲しい情報は「自分自身の状況で高額融資を受けることができるのか?」という情報が知りたいということ。

大口を叩いているからこそ、次より本題の「オリックス銀行カードローンで500万円の融資を受けることができる人はどんな人なのか?」について説明をしていきます。
つまり「どのようにしたら審査が通るのか?」と一番知りたい点について触れていきます。

■ズバリ…500万円の融資を受けることができる人とは?

kanngaeru_women2

500万円以上の融資を受けるような人は、どのような人なのか?
端的に言ってしまえば、返済能力がしっかりとある人になります。

例えば、500万円の融資を受けたとき、月々の返済額は7万円程度となります。
つまり年間で84万円の返済をしていくことに。
年収に対して、この84万円は「返済ができるラインか?」という点を見ていくわけです。
もっと具体的に言うと、年収400万円の方が84万円の返済となると、年収の約2割を返済に充てることになります。
このラインであれば、返済もできて生活もできるラインと判断ができるため、融資を受けることができる可能性はあると言えるわけですね。

結果「返済能力がある年収を持っている人」が500万円の融資を受けることができる人の最低条件となります。
理想の形は、オリックス銀行カードローンを利用するときは少額融資で審査を受け、徐々に増額をして500万円クラスになることが理想です。
しかし、このようなケースは意外と稀(500万円まで融資額が大きくなるケース)。
高額融資を受けることが可能な方は、最初から枠の額が大きいケースが多いのです。

ちなみにですが「返済を滞らせた」など信用情報に問題がある方は、当然、審査落ちするため、ここでは詳しくは記載をしません。
つまり、前提条件として「事故情報がない」ということであり、もし「ある」という人は…土俵にすら上がれず融資を受けることは不可能です。

◇他にカードローンを利用していても500万円融資は可能

よく目にする質問で「他社からも融資を受けているけど審査は通るか?」というもの。
ケース・バイ・ケースのため、明確には言えません。
が、実際のところオリックス銀行カードローンでは、審査が通り融資を受けている人はいます。
その内容は、大きく2つのケースに分けることができます。

1つはおまとめローンとして利用すること。
複数社のカードローンを1本化して、返済を楽にする方法ですね。
むしろオリックス銀行カードローンが力を入れている部分ではあるため可能というわけです。

もう1つは…使用用途は何にせよ、他社と年間の返済額を合算しても返済能力がある場合です。
先の説明で「年間84万円」であれば問題ないとお伝えしました。
実はこれ…年収400万円の場合、年間120万円(30%)ぐらいまでは「返済能力があり問題ない」と判断される額となります。
他社の年間返済額も踏まえて…つまり84万円にプラスして最終的な返済額が年収の3割ぐらいを超えなければ、ある程度は審査が通り融資を受けることができる可能性があります。

◇使用用途がハッキリとしている場合も

カードローンのサービスの性質上、どうしても「ギャンブル目的」「遊び目的」で、申込をしてくる利用者も存在します。
このような場合、上記のように条件をクリアしている場合でも、審査落ちする可能性が高いです。
意地悪な言い方になってしまいますが、このような方々は、借金地獄に陥ってしまう可能性がある方々なので、審査落ちをしてしまうのは当然のこと。
しかし、自宅のリフォームの後の家具やその他諸々の必要経費のような「正当な理由で、かつ一時的なもの」と判断されれば、審査が通ることが多いです。

■「申込」をするのではなく「相談」をすること

two_human

一番大事なことと言っても過言ではない「相談」について。
正直なところ、高額の融資を受ける場合は、まず相談をしてみるとよいでしょう。
結局のところ、オリックス銀行カードローンを始め、総量規制対象外のサービスの場合は「その人の使用用途が健全で、かつ年間支払額がそこまで大きくならない」人が審査に通ります。

相談をするときには、その「利用使途」を中心にお話をしていくとよいです。
また、銀行側も、増額を依頼してきた人の「人となり」を見ることができるため「この人だったら増額してもよいかな?」と感じてもらうことも可能。
もちろん、相談を受けた担当者には決定権はないため、大きな影響を及ぼすことはありませんが、増額審査の担当者へ引き継ぐときに、何かしら言葉添えをしてもらえる可能性もあります。
こういったメリットがあるため、まずは相談してみるとよいというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする