金利を考えず借入れして大失敗!体験者が語る金利の重要性

キャッシングには利息がかかりますよね。

これは誰もが理解していることです。

しかし、実際にどれくらいかかるのかを借入れするときに、
詳細に計算する人は意外と多くないようです。

なにを隠そう私がそのひとりでした。

そんな私のキャッシング失敗談になります。

■30万円もの課金が原因でキャッシングすることに

sumahoijiri_men

キャッシングした理由はスマホゲームの課金でした。

とあるゲームに熱中しており、毎日のように課金していたんですね。

1回1回は数百円と小額でしたので甘くみていました。

気づいたときには30万円にもなっていたのです。

それに追い討ちをかけるかのようにゲームがサービスを終了。

スマホゲームの宿命ですが、課金した30万円がすべて無駄になってしまいました。

「なにやってるんだろ俺・・・・・・」とようやくここにきて、
自分が今までバカなことをしていたと、気づいたのです。

とはいえ、30万円近い課金料を電話代として支払わないといけません。

しかし、30万円は自力ではキツすぎる額でした。

そこでキャッシングをすることにしたのです。

■借入れは大手の消費者金融で

acom

借入れはアコムでおこないました。

とくに理由もなく、CMや電車の中吊り広告でよく見かけ、
身近だというだけで大手消費者金融のアコムにしました。

これが後から考えると間違いだったわけですが。。。

審査にはすんなり通ることができ、
30万円を融資してもらえることになりました。

金利は18%でした。

返済回数は47回で月々の返済額は9.000円ほどでしたので、
それほど大きな負担にはなりませんでした。

この時点ではとくになんの不満もありませんでしたね。

■いっこうに減ることのない残高

aryarya

最初は不満がありませんでした、徐々に気になることがでてきました。

それは残高がいっこうに減らないことです。

返済回数が47回ですのであたり前ですが、それにしても、
「残高の減りが遅いな・・・・・・」と気になってきたのでした。

ここではじめて利息の重要性に気がついたのです。

利息を計算してみると、なんと利息だけで117,000円もとられることが分りました。

借入れしたのは30万円でしたが、実際に返済するのは417,000円になるんですね。

月々支払っている9.000円の返済額には利息が含まれています。

これでは残高がなかなか減らないわけです。

■近所の労働金庫にもカードローンがあることに気づく

nayamu_men

消費者金融は利息が高いというのを知っていましたが、
実際に借入れしてみて身を持って知ることができました。

「これではいつ返済が終わるか分らない」と思った私は、
もっと金利の低いローンでおまとめできないかと考えたのです。

いろいろ調べてみた結果、カードローンは消費者金融系や銀行以外にも、
信用金庫や信用組合、労働金庫にもあることを知りました。

そのなかでも金利が安かったのが労働金庫でした。

労働金庫の金利は10%があたり前。

近所の労働金庫にいったては9%でした。

そこで、その労働金庫に申し込むことにしたのです。

■労働金庫の申込みはこんな感じでした

signing2

労働金庫の申込みは消費者金融系とは違い、ちょっとめんどうでした。

まず、ネットでは申込めず、来店する必要があったのです。

「カードローンを申込みたい」と窓口に伝えると、
応接室のようなとこに案内され、担当者との面接がありました。

カードの利用目的を聞かれたので「今ある借入れから乗り換えたい」
と、正直に話しました。

その後、審査結果が分るまでに1週間ほどかかったと記憶しています。

審査には無事通過することができましたが、
カードが郵送されてくるまで2週間ほどかかりました。

ですので、実際に借入れできるまで3週間かかったことになります。

それでも金利が9%になりましたので、利息も大幅に減らすことができ、
返済期間も随分短縮することができました。

■キャッシング体験者より最後に

キャッシングするときって「早く借りたい!」という気持ちばかりで、
金利などの条件を見逃しがちになってしまいます。

しかし、キャッシングするときは金利がすごく重要です。

金利が高いところで借入れしてしまうと、
私のように「なかなか返済が終わらない」という状況になってしまいます。

もちろん、金利が高い消費者金融にも、すぐに借入れできる等のメリットはあります。

ですが私のように身近という利用だけで利用してしまうと、
失敗してしまうでしょう。

今回のことで身を持って理解することができました。

【金利の総復習】そもそも金利とは?利子・利息・の違い、実質年率って?

トラブルに備えて借入している男の情報
性別
年齢
職業
毎月の収入
年収
利用先
利用し始めた年
借入額

30歳
サラリーマン
約25万円
約300万円
アコム
2015年3月~
最大30万円(借入残高7万円)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする