【SMBCモビット】の基本情報を3分で理解

ここは時間がない人のためのかんたん解説コーナーです。
じっくり知りたいという方は詳しく紹介しているところをみてください。
ここでは主に申し込む前の段階で、モビットについて必要最低限知っておいてほしいことを紹介していきます。
3分あれば大体モビットのことをわかっていただけると思います。
良いところも悪いところもありますが、消費者金融の中では「裏ボス」のような存在で、異色の存在感を放っています。

大きなモビットの特徴、メリット・デメリットなどを理解していただければと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

SMBCモビットの審査

SMBCモビットの金利は3.0~18.0%と、低金利とは言い切れません。
上限金利は18.0%ですし・・・下限金利はまだマシですね。
最高限度額は800万円とかなり余裕があります。
しかし、利用して初めての方は大きな額を設定されることはないので、あまり限度額は関係ないかもしれません。
徐々に借入限度額を増額したい場合は、利用中に延滞をしないなどの信用を積みかさねていき、増額申請を出すタイミングを図ることをオススメします。
SMBCモビット自体は利用者の増額に前向きなので、そういったローン会社を探している方はおすすめです。
しかし、SMBCモビットは消費者金融なので総量規制の対象になってしまいます。
つまり、年収の3分の1以上の借入はできませんので、あらかじめ覚えておきましょう。

他社との比較

SMBCモビットと他の消費者金融や銀行カードローンなどと比較したところ、SMBCモビットの意外な強味がわかりました。
SMBCモビットを特にオススメしたい人は、実は「カードローンを利用していることを秘密にしたい人」なんです。
なぜなら、SMBCモビットは在籍確認を電話などではなく提出書類などで補うことができる場合があるからです。
多くのところは電話での在籍確認を避けることができません。
しかし、それを書類などで済ませてくれるか、というのは大きなポイントになります。
SMBCモビットは電話での在籍確認を相談によっては変えてくれるのが、他の消費者金融や銀行カードローンと違う点なのではないかと、管理人は思っております。

そして、来店もしなくて済むWEB完結というサービスもあり、郵送物などもなく契約することができるのは大きな魅力です。
WEB完結の条件として、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが条件になります。
その場合は、モビットのHPから簡単に申し込むことができます。その際に、自宅に書類などが届かないようにするのもお忘れなく!郵便局留めは出来ません。
WEB完結で申し込むだけで、会社の方だけでなく家族にも内緒にしたい場合など、非常に便利です。(⇒モビットからの郵送物が気になる方必見!どんな仕組みになっている?

SMBCモビットの契約は隠し通そうと思えばどこまでもできるのです。
手続きが簡単すぎて自分でも契約できているのかわからなくなってしまうほどです(笑)
借入をするとちゃんとできるので、「あ、ちゃんと出来ててよかった」と安心しましたが(笑)

しかし、欠点としては上限金利が18.0%と高めなことです。
消費者金融の中では一般的なので、あまり気になりませんが、銀行カードローンを一度でも検討したことがある方は金利の高さを感じずにはいられないかもしれません。
秘密を取るか、金利を取るかといった選択になると思います。
たとえば上限金利が設定されるとして、18.0%の金利で秘密を守るか、危ない橋を渡るのかという選択を決めるのはあなたですが、消費者金融を検討しているのであれば、モビットをオススメします。

今回は簡単に紹介しましたが、詳しくは違うページでも紹介しています。
モビットは周囲の人に内緒にしたい方が一度検討してほしいキャッシングです。

SMBCモビット概要

商品名 SMBCモビット
金利 3.0~18.0%
最高限度額 1~800万円
申込条件 ●満20歳以上69歳以下安定収入のある方
※安定した収入があればパート・アルバイト・自営業・派遣社員など誰でも申し込むことが可能です。
ただし、収入のない専業主婦・年金生活者(年金以外に収入のないかた)は申し込むことができません。
必要書類 ●本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等)いずれかのもの
●収入証明書(徴収票の写し、税額通知書の写し、所得証明書の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写し(直近2ヶ月分。賞与がある場合は直近1年分の賞与明細書)いずれか)
保証人・担保・印鑑 不要※ただし、口座振替依頼の手続きには印鑑が必要です
総量規制 対象
借入診断 お借入診断あり
パート・アルバイト 申込可
申込方法 ●インターネット
●ローン申込機
●電話
●郵送
返済方法 ●提携ATM(銀行・コンビニ)
●口座引落
●振込み
返済時の手数料

●ATMの場合

利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

●銀行振替の場合(三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の口座のみ)

無料

返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

<ざっくり他の銀行カードローンを知りたい記事>

ザックリ紹介!『オリックス銀行カードローン』をなんとなく把握できる

ザックリ説明!『プロミス』を3分で理解

ザックリ知っておける!『三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック』

ザックリ知ろう!【北洋銀行カードローン スーパーアルカ】を3分で理解

擬人化して説明!じぶん銀行カードローン「じぶんローン」のことが3分で理解できる

【横浜銀行カードローン】のことを3分で理解

【住信SBIネット銀行MR.カードローン】を3分で理解

【スルガ銀行カードローン リザーブドプランカード】の基本情報を3分で理解

【東京スター銀行おまとめローン・カードローン】の基本情報を3分で理解

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする