悩み別で探す(車検代、出産費用、入院費用、不妊治療、介護費用)

カードローンを利用する際の目的別に紹介していきます。
今回は、具体的な例を挙げて紹介していきます。
カードローンを利用するのも良し、なんらかの制度を利用するという選択肢がある場合もあります。
その理由によって対策ができることもあるので、さまざまな選択肢を知ることから始めていきましょう。

◆目次◆
◆車検代
◆出産費用
◆入院費用
◆不妊症治療費用
◆介護費用

 

◆車検代

「ヤバイ!このままじゃ車検代が払えない!!」

こんなときどうすればいいでしょうか?
2年おきにやってくる車検ですが、
想像以上に高くなってしまうことがあります。

車の状態や車種によっては20万円にもなることがあるんですね。
思った以上に高くなってしまった結果、
支払いができないという方も少なくはありません。
そんなピンチを乗り切るための対策方法をお伝えしていきます。

■車検代ってどうしてあんなに高いの?

まずは車検代どのように計算されているか知っておきましょう。

車検の費用は、大きく「車検費用 +整備費用」に分かれています。

それぞれ細かくすると以下のようになります。

・車検費用
検査手数料
自賠責保険料
自動車重量税

・業者手数料
整備工賃
部品交換代
車検の申請代行手数料

本来の車検費用となるのは「検査手数料」になります。

この検査手数料は2,000円以下となります。

ここに「自賠責保険料」として3万円程度が必要。

さらに「自動車重量税」がかかってきます。

自動車重量税は車のサイズによっても異なりますが。
軽自動車で3万円~4万円程度、大きいワンボックスカーとなると7万円程度になります。

車検代としてかかるのはおもにこの3つになります。

しかし、多くの方は業者に車検を依頼するかと思いますので、
ここからさらに整備費用として業者手数料が上乗せされるんですね。

整備費用として必要になるのは、「整備工賃」「部品交換代」、「申請代行手数料」の3つです。

どれくらいかかるかは、業者によって違いますのでなんとも言えません。

ただ、正規ディーラーほど高くなる傾向にあるようです。

このように車検は車検費用の他に、かかる費用がたくさんあるため、
高くなってしまいがちなんですね。

本来の車検代は検査手数料の2,000円程度ですが、
自賠責保険料や自動車重量税、業者費用などが上乗せされてしまうのです。

では、次からはお待ちかね。

車検代が支払いえないときにどうしたらいいのか、

その対策方法をお伝えしていきましょう。

■対策その1 クレジットカードで支払う

credit-card2

車検業者のなかにはクレカ払いOKの業者もあります。

クレカ払いであれば、最低1ヶ月間は支払いを先送りにできます。

「今月はキツイけど、来月なら支払える」という場合、
クレジットカードで支払いしてしまうのがおすすめです。

また、カードのなかには後から、リボ払いや分割りにできるカードもありますので、
一括払いが厳しい場合、これらの支払い方法も選択するのもよいでしょう。

■対策その2 マイカーローンを利用する

nissan-gtr-realistic-car-vector_99873
銀行などの金融機関にはマイカーローンが存在しますよね。

実はマイカーローンは車検費用としての利用もOKなのです。

ちなみにディーラー系よりも、銀行系のほうが金利が低い傾向にあります。

ただし、その分より審査は厳しくなります。

また、こうしたマイカーローンは審査に何週間もかかることも珍しくありません。

マイカーローンを利用するとこはこういった点に注意しておきましょう。

■対策その3 消費者金融系や銀行系のカードローンを使う

syouhisyakinyuu
カードローン(キャッシング)と聞くと抵抗がある方もいるかもしれません。

ですが、ようは使い方です。

たしかにカードローンは金利が高めになっています。

とくに消費者金融系は18%が相場とかなり高めです。

銀行系でも15%付近が相場ですので高いと感じる方も多いでしょう。

しかし、借入れして短期間に返済すれば利息は思ったよりもかかりません。

例えば20万円を利息18%で借入れして、1ヶ月で返済すると、
以下のような利息になります。

20万円×18%÷365×30日=2958円

18%の金利であっても、1ヶ月で返済すれば利息は3.000円以下でいいんですね。

また、業者によっては「30日無利息サービス」をおこなっているところもあります。

30日無利息サービスはその名の通り、借入れ(または契約)から、
30日間は利息がつかないというサービスです。

そのため、30日以内に返済してしまえば利息0円で借入れできるんですね。

審査も最短30分で即日融資してくれる業者も多いですし、
「すぐにお金を用意しないといけない!」と時間がないときでも、安心ですよ。

【アコム・アイフル・プロミス・SMBCモビット】大手消費者金融、徹底比較!

■まとめ

・車検代は「車検費用 +整備費用」が必要になる。
本来の検査手数料は2,000円以下だが、様々な費用が加算され高額となる。

・車検業者のなかにクレジットカードOKの業者もある。
現金での支払いが厳しい場合はクレカでの支払いもおすすめ。

・マイカーローンは車検費用としても利用できる。
ただし、審査に時間がかかることもあるので注意しておく。

・すぐに返済する予定であれば、カードローンを利用するのもよい手です。
とくに「無利息サービス」ある業者なら、利息無料で借入れもできる。


 

◆出産費用

baby

「妊娠してうれしいけど、出産費用が払えそうにない・・・・・・・」

出産費用は思った以上に高額になってしまうことが多いです。

料金を提示された「えっこんなに!?」と驚く方もたくさんいます。

「どうしたらいいんだろ・・・・・・」
このように不安を抱えてしまう妊婦さんは少なくないんですね。

ですが安心してください。

出産費用が用意できない方のための救済策として、
様々な制度が用意されているんですよ。

今回は、そんな出産費用が支払えないときに活用できる制度をご紹介します。

まずは出産費用がどれくらいになるのか見ていきましょう。

■出産費用はどのくらいかかる?

gimon

まず出産費用はどのくらいになるかというと、
一般的な全国平均額は50万円弱となっています。

しかし、病院や処置などによって異なるため、これ以上かかってしまうこともあります。

とくに切迫流産や早産などや、重度のつわりなどで急きょ入院になったときなどは、
平均額を大きく超えてしまう可能性もあるのです。

また、地域によっても平均額が違います。

一番高いのは東京で58万円程度となっているんですね。

こうした理由から出産費用の平均額はあくまで目安となります。

思っている以上に高額の出産費用がかかってしまうこともあるため、
「出産費用が払えない!」なんてことも珍しくはありません。

そんなときにどうしたらいいでしょうか?

出産一時金を利用する

出産一時金という制度があります。

この出産一時金は一児につき42万円の補助が受けられる制度です。

双子の場合は84万円、三つ子の場合は126万円になります。

健康保険に加入している方なら、すべての方が利用でき、
出産後申請し、約2週間から2か月以内に受け取ることができます。

ただし、注意点として出産一時金の受け取りは出産後になります。

そのため、一時的に出産費用を自費で全額立て替える必要があるんですね。

出産費用は高額になりますから、一時的とはいえ、
支払いが厳しいという方も多いかと思います。

自力での支払いが厳しい場合はの解決策として、
ひとつは親族に立て替えてもらうという手があります。

出産後に一時金の受け取りができるわけですから、
一時金が支給されたら、すぐに返済すると約束して立替てもらうことも可能でしょう。

また、医療機関のなかには、クレジット払いを受け付けているところもあります。

そうした場合、クレジット払いで立て替えておくのもよいでしょう。

こうしたことが無理な場合は「出産一時金直接支払制度」を利用するのがおすすめです。

出産一時金直接支払制度とは?

出産一時金は出産後に支給されるため、出産費用を立て替えなければいけません。

それが苦しいという方も多くいるでしょう。

こうした欠点を補った制度が「出産一時金直接支払制度」です。

出産一時金直接支払制度とは、一時金が病院に直接支払われるという制度です。

一時金が病院に支払われますので、出産費用を用意する必要がないんですね。

そのため、立て替えるお金が用意できないという方におすすめになります。

出産一時金直接支払制度を利用するには、
出産予定の病院で書類を受け取り、健康保険組合に提出する必要があります。

手続きができるのは予定日の1ヶ月前から。

ただし、病院によっては出産一時金直接支払制度を導入していないところもあります。

事前に確認しておきましょう。

出産費用資金貸付制度も知っておく

出産費用資金貸付制度とは、出産一時金の9割を無利子で借入れできる制度になります。

出産一時金が42万円受け取れる場合、
37万8000円を無利子で貸してくれるんですね。

そのため、自費での立替は42.000円でよくなります。

この出産費用貸付制度を利用できる条件は

・妊娠4か月以上
・健康保険組合に加入している
・分娩予約金などの費用がない場合

となります。

上記の条件を満たしている方なら、貸付対象となりますので、

出産費用を全額立替するのが厳しい場合、利用するといいでしょう。

■まとめ

「出産費用の支払いができない!」このようなときでも、

救済策として様々な制度が用意させているんですね。

これらの制度を利用すれば、出産費用を用意できないという、
ピンチも無事に乗り切ることができます。

安心して出産するためにも、ぜひ有効活用しましょう!


◆入院費用

tennteki

保険に加入していれば入院費は自己負担分のみで済みます。

しかし、医療費は数百万円、数千万円になることもあります。

「入院費が高額で払えない!」

このように自己負担分ですら、厳しくなることも珍しくはないのです。

そのようなときはどうしたらいいでしょうか?

実はこのようなときに役立つ、意外と知られていない制度も多いんですよ。

今回はそんな入院費に困ったときに使える制度を紹介していきます。

高額療養費制度なら自己負担限度額を超えた金額が払い戻しされる!

高額療養費制度」という制度をご存知でしょうか?

この制度は入院費や治療費が高額になり、自己負担限度額を超えた場合、
超えた部分については払い戻しを受けることができることができる制度です。

通常、医療費は3割が自己負担分になります。

たとえば、医療費が1万円であったとしても、
実際に支払うお金は3.000円になるということですね。

しかし、医療費は場合によっては数百万円~数千万円になるケースもあります。
3割負担になるとはいえ、支払いができないことも珍しくありません。

そこで、その負担を軽減するための制度が高額療養費制度になります。

一時的に、病院から請求された金額を自費で全額支払う必要がありますが、
後に自己負担額を超えた金額は全額返ってきます。

医療費が100万円であれば、一時的に100万円の支払いをし、
後に自己負担費30万円を超える70万円が返済されるということです。

この高額療養費制度を利用するには、
加入している保険機関の窓口で申請すること可能になります。

条件も公的な医療保険(国民健康保険・健康保険組合・共済組合など)
に加入していればOKと、厳しくありません。

しかし、この高額療養費制度にもデメリットがあります。

一時的とはいえ医療費を全額、自分で立て替えないといけないのです。

また、払い戻しがおこなわれるのは3ヵ月以上先になってしまいます。

数十万ぐらいならまだなんとかなるかもしれませんが、
数百、数千万となるとお金を用意することが困難になってしまいます。

支払えたとしても、払い戻しがおこなわれるのは3ヵ月以上先になるため、
家計そのものが破綻してしまう可能性もあるんですね。

では、どうすればいいでしょうか?

■高額療養費制度でも厳しい!そんな時は「高額療養費貸付制度」を利用する

高額療養費制度は全額自己負担しなくてはいけませんし、
お金が戻ってくるのは3ヶ月以上先になってしまいます。

「全額自己負担なんてできないし、そんなに待っていられない!」
という方も多いかと思います。

そんなときにおすすめなのが「高額療養費貸付制度」です。

高額療養費貸付制度とは健康保険機関から、無利子で医療費を融資してもらえる制度です。

融資額は、高額療養費制度で戻ってくる予定の
お金の約8割から、約9割になります。

この高額療養費貸付制度も高額療養費制度とおなじく、
加入している保険の窓口へ申請することで利用できます。

条件も公的な医療保険に加入している方とおなじになります。

ただし、申請してからお金が受け取れるまで、
2~3週間かかってしまうという欠点があるんですね。

そのため、病院への支払いが間に合わないという可能性も・・・・・・・・。

この場合どうすればいいかですが、お金が受け取れるまで待ってくれるよう、
ダメもとで病院に相談してみるのも手になります。

成功するかは病院次第ですが、相談してみる価値はあると思います。

限度額適用認定証の交付をあらかじめ受けておくのがベスト

これまで高額療養費制度と高額療養費貸付制度を紹介してきました。

しかし、これらの制度には全額自己負担しなくてはいけなかったり、
時間がかかってしまうという問題点がありました。

こうしたデメリットを補ってくれるのが「限度額適用認定証」です。

限度額適用認定証とは、医療機関の窓口に提示することで、
医療費を自己負担限度額までにできるという制度です。

自己負担限度額とは、所得によって決められた月々の最高自己負担額です。

例えば、月収28万~50万円の方であれば、44,400円が自己負担限度額になります。

高額の医療費が発生しても、1ヶ月にこれ以上は支払う必要はないといことですね。

あらかじめ交付を受けておく必要がありますが、
この限度額適用認定証があれば、自己負担限度額以上の支払いをしなくて済みます。

生命保険の入院特約等を利用するのもあり

生命保険の入院特約等を利用するのもよい手になります。

各社いろいろな特約があり、入院時の費用を負担できる場合があります。

入院時に入院給付金を受け取ることができたり、
退院後の通院にも給付金が支払われる特約もあります。

生命保険に加入するときに担当者と相談して、
こうした特約をつけておくのもおすすめです。

■まとめ

・高額療養費制度を利用すれば自己負担を超えた金額が戻ってくる

・高額療養費貸付制度なら高額療養費制度で戻ってくるお金の
8割から9割りを無利子で融資してもらえる

・限度額適用認定証を病院の窓口で提示すれば、
高額の医療費が発生しても、月々の支払いは自己負担限度額までになる。

・生命保険には便利な入院特約があるので利用するのもおすすめ。


◆不妊症治療

baby2

「不妊治療を受けたいけど治療費が支払えない・・・・・・」

このような方はかなり多いようです。

その理由として不妊症治療には、
高額な費用がかかってしまうケースが多いからになります。

こうした理由から中には、治療をあきらめてしまう人も多いんですね。

それでも「どうしても赤ちゃんがほしい!」
とあきらめきれない方がほとんどでしょう。

そんなとき、カードローンの利用を検討するのもおすすめです。

カードローンを上手く利用できれば、
不妊治療の費用を補うことが可能になります。

まずは不妊治療にどれくらいの費用がかかるのか見ていきましょう。

■不妊症治療にはほとんどの人が100万円以上かかる!?

不妊治療は初期の「一般不妊治療」でしたら、
保険診療扱いとなりますので、3割負担でよくなります。

しかし、一般不妊治療で効果が見込めずに「高度生殖医療(人工授精や体外受精)」となると、
自由診療扱いとなってしまい全額負担になってしまいます。

高度生殖医療は、治療法や医療機関によっても違いますが、
100万円以上かかることも珍しくありません。

実際に「女性のための健康生活ガイド・バズラボ」が2010年3月~2012年4月におこなった調査によると、
不妊治療の妊娠までの平均治療費は140.6万円となっています。

ほどんどの方が100万円以上かかってしまうことが多いんですね。

■不妊治療には助成金制度がある

先ほど、お伝えしたように不妊治療には高額のお金が必要になることが多いです。

100万円以上かかるケースも多く、大きな負担になってしまいます。

こうした背景から、不妊治療には助成金制度があります。

給付の内容は、1年あたり1回15万円、2回までとし、
通算5年間の支給を受けることができます。

助成金を利用できる条件は以下のとおり。

・戸籍上の夫婦である
・高度生殖医療以外の治療法では妊娠の見込みがない、
あるいは妊娠の可能性が低いと診断された場合のみ
・夫婦の年収をあわせて730万円以下である

とくに年収が730万円以下というのに気をつけたいところです。

夫婦共働きの場合、かんたんにオーバーしてしまうこともあるでしょうから。
所得制限なく利用できる自治体もありますが、ごく一部になってしまうんですね。

■助成金制度を利用できないときはカードローンも検討しよう

不妊治療には助成金制度がありますが、条件を満たしておらず、
利用できない方も多いでしょう。

そのようなときはカードローンを利用するのひとつの手です、

多くのカードローンは基本的に用途自由です。

ギャンブルや事業性資金としての利用以外であれば利用OKですので、
不妊治療の費用としても使えるんですね。

カードローンの中には高額の融資をしてくれる業者もありますので、
不妊治療のお金を十分まかなうことが可能です。

■カードローンを選ぶときは金利と限度額を重視する

不妊治療の場合、費用が高額になりますので、
カードローンを選ぶときは金利と限度額を重視しましょう。

おすすめは消費者金融系よりも銀行系のカードローンです。

消費者金融系は金利が高く、限度額が低い傾向にあります。

金利の相場は18%で限度額は500万円というとこが多いですが、
総量規制という法律があり、年収の1/3までしか借入れできません。

そのため、高額の借入れには向かないんですね。

一方、銀行系は消費者金融系よりも金利が低く、限度額が高い傾向にあります。

金利の相場は15%以下で限度額は800万円が普通、
多いところですと1000万円の銀行もあります。

消費者金融のように総量規制もありません。

とくに金利が低いというのが大きなメリットです。

例えば100万円を返済期間5年で借入れした場合、
金利18%と15%では以下のように利息の差がでるんですね。

・金利18%の利息
100万円×18%÷365×1800日=887,671円

・金利15%の利息
100万円×15%÷365×1800日=739,726円

ご覧のとおり、およそ15万円ほどの差があります。

金利が3%違うだけでも、こんなに利息に違いがでてしまうんですね。

■返済はできるだけ繰越し返済で!

最後になりますが、カードローンを利用するのであれば、
返済はできるだけ繰越し返済でしましょう。

繰越し返済とは、普段の返済額よりも多く返済することです。

銀行系がいくら金利が低めだとはいえ、年に15%かかるとかなりの利息をとられます。

カードローンの利息は「日割り」ですの毎日加算されます。

お金に余裕のあるときに繰越し返済することで、
残高を少なくし、利息を減らすことができるんですね。

完済までが早いほど利息は減りますので、是非、繰越し返済を活用しましょう。


◆介護費用

あなたの親は、現在、介護が必要な状況でしょうか?
人によっては、年齢的に徐々に介護必要になったという人もいるでしょう。
他にも、突然介護が必要になってしまったという人もいるかもしれません。
介護をするためには、それなりの費用が必要となります。
人によっては、自宅を改装して介護を始める人もいますが、デイサービスなどを利用して、上手く介護を行っている人もいます。
そのような人のために、介護で必要なお金はキャッシングで借り入れることができるのかについて解説していきたいと思います。

■介護のための「介護ローン」とは?

日本でも少子高齢化社会となり、若者が60歳以上の高齢者の面倒をみることが多くなってきました。
介護施設を利用しようと思ったとしても、空きがなく、どこに預けてよいか分からないという人もいるでしょう。
老人ホームに入る事ができれば良いのですが、それなりに大きな費用が必要となりますので、ほとんどの人が自宅で介護することとなります。
このようなとき、どうしてもお金が必要になってしまいます。
その際、利用すると役立つのが「介護ローン」です。
介護をするためには、自宅に介護ベッドを置かなければなりません。
もし、歩けないのでしたら、外出するためには移動手段として車椅子も必要でしょう。
自宅内に段差があるのでしたらリフトなどを準備して、介護しやすい環境というものを作成しなければなりません。
場所によっては、廊下を広げる必要があったり手すりを設置したり、様々なことをしなければならないでしょう。
介護ローンは、自宅を改装するための費用として利用することができるのです。

■介護ローンの特徴について

銀行関係や消費者金融関係の中には、あまり知られていないかもしれませんが、介護ローンサービスを提供しているところは、複数存在します。
公的な貸し出しと比べれば、民間の方が審査の速度が速いのです。
そのため、キャシングの審査を通過することができれば、資金をすぐに入手することができます。
急に資金が必要になったというのであれば、介護ローンは便利なサービスだといえます。
このような説明をすると、「介護ローンって、どれぐらいの融資枠があるんですか?」という質問が聞こえてきそうですので回答しておきます。
介護ローンの融資額ですが、民間のサービスを参考にしてみると、10万円から500万円融資してくれることがわかります。
それだけの金額を融資するとなると、金利が高いのではないかと疑問に思う人もいるのではないでしょうか。
介護ローンの金利ですが、4%台という数字を見つけることができますので、それほど大きい負担であるとは言えません。
介護ローンを借りる際ですが、一般的なキャシングでは保証人を求められることがあります。
しかし、介護ローンでは必要ないということが多いのです。
介護ローンは、名前の通り介護のためにしか利用することができません。
他のことには一切利用することができませんので、利用用途に応じて正しく利用していきましょう。

■介護費用の負担を軽くする方法

介護が必要になったけれど、介護費用が大きくて、どうにかして軽くできないかと思っている人もいるでしょう。
そのような人に介護費用を軽くすることができるサービスがあります。
日本では、老々介護が増えてきていますので、日々の支払いに大変な思いをしている人もいるでしょう。
そのような方のために公的支援制度が存在するのです。
介護費用を軽くするために利用できるサービスとして、「介護保険」というものがあります。
この保証制度ですが、2000年に始まり、介護費用を40歳以上の人が保険料として毎月支払うことによって、みんなで負担していこうという便利な制度なのです。
この制度ですが、40歳以上なのであれば、保険を利用することができます。
実際に保険を利用することになった場合、給付を受けるためには「要介護認定」を受けなければなりません。
つまり、どのようなことを認定するのかというと、介護が必要といえども、人によってどれぐらい必要なのかは変化しますので分類に分けるということです。

また、国の制度として、介護にかかるお金を援助してくれるシステムもあります。
例えば介護が必要な人のためバリアフリー工事を行うとき、自治体に申請すると、工事費用が最大18万円支給されるなど。
知らない人も多いですが、そういった国の制度で賄えるのであれば、検討してみるのもアリかもしれませんね。

■介護費用をキャッシングで補う

介護費用を軽減するために介護保険を利用したとしても、足りないと感じることがあるでしょう。
そのような場合は、キャッシングを利用して補うことができます。
介護施設に入居することになった場合でも、まとまったお金が必要になりますので、準備できないというのであればキャシングが利用できます。
もし、介護が必要な人がいるのであれば、まずは役所などに相談してみて利用できる制度がないか相談してみましょう。
現状についてまじめに質問すれば、役所の人も利用できる制度などを教えてくれるでしょう。状況によっては、介護費用を軽減できる可能性がありますし、自分が今まで知らなかった支援サービスを発見できる可能性があります。
介護という現実があったとしても、日本には様々なサービスがありますので、有効に利用して生活していきましょう。


いかがだったでしょうか?
悩みによって国の制度を受けることができたり、意外に様々な方法がありますので、カードローンと平行してそういった方法も探してみてください。

《他悩み別で根本から解決する》

悩み別で探す(生活費、多重債務)
悩み別で探す(引っ越し費用、退去費用、葬儀費用、住民税)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする