あなたは大丈夫?おまとめローンの失敗例について

複数の借金を一本化することで毎月の返済日を1回に絞ることができ、毎月の返済額も減らすことができるおまとめローン。実際にまとめる前の借金返済生活よりも精神的に落ち着いいて返済する事ができ借金によるストレスも軽減されます。

金利を下げる事で返済総額を下げる事もでき、とても便利な商品なのですが、その便利性から甘えが生まれてしまい再度多重債務者になってしまうという例もあります。

このようなおまとめローンの失敗例を頭に入れておく事で今後の対策を立てることができます。

返済額が下がる事による余裕

yoyuu_men

これは個人的な意見ですが、おまとめローンの最も大きな落とし穴は返済期間だと思っています。
毎月1万円程度なら長い期間でも払えると思い返済期間を大幅に伸ばし毎月の返済額を抑えている方は多いのではないでしょうか。

返済総額というのは結構不透明部分も多く、毎月の返済額よりも返済総額を重要視している人はそう多くはいません。
その為、以上のように毎月の返済額だけを重要視して、返済総額を大幅に上げているという事実を受け入れない人や気付いていない人もいます。

ここまでなら問題ないのですが、返済期間を延ばし毎月の返済額を抑えたことによりできた余裕により「まだ借りても問題ない」と思い更に新しいカードで借金をしてしまうのは非常に危険です。

そんな事はしないと思うかもしれませんが、実際におまとめローン利用後に別の会社から借入をしてしまい返済不能になるケースがおまとめローンの失敗例で一番多いと言われています。

ただでさえ返済期間を延ばした事で返済総額が大幅に上がっているため、その状態で更に借金をした場合、おまとめ前よりも圧倒的に高い返済総額となります。こうなってくると毎月の返済額も更に苦しくなり、最悪債務整理となるパターンが多いようです。

おまとめローンの審査に通ったのに一本化できなかった。

odoroki_men

おまとめローンの審査に通過して、ようやく複数の借金を一本化できると思ったら一本化できなかったという実例があります。
この原因は各銀行・消費者金融の情報を調査していなかったことが原因で起こります。

なぜこのような事がおこるかというと、複数の借金をまとめるとおまとめローンの上限額を超えてしまう点にあります。

例えば3社から200万円ずつ借りており、限度額が500万円の銀行・消費者金融でおまとめローンを利用した場合、借金総額が限度額を上回ってしまうためおまとめできるのは2社となります。

この例は高額の借金を一本化する際に起こる失敗であり、借金総額が100~200万円ほどの場合は問題ありません。

とにかく多数の借金を一本化したいと焦り、手当たり次第に銀行や消費者金融におまとめローンの申し込みを行うのは失敗に繋がる可能性が高いので、おまとめローンを利用する際は前もって各おまとめローンの情報を調べておく事をお勧めします。

結局返済できなかった

jitabata_men

おまとめローンは債務整理を行わないで借金返済の負担を軽減できる最後の手段です。

ただ自分の生活を楽にしたいという考えだけでなく、今後の返済計画をしっかり考えて利用しないと借金を一本化しても結局返済不能に陥ってしまうという可能性が高いです。

特に毎月の返済額だけを重視して返済期間を延ばすことにより返済総額が上がります。それが原因で数年後に返済できなくなってしまったという人も少なくはありません。

おまとめローンを利用するなら、なるべく毎月の返済額を抑えるだけではなく返済総額も抑えるため、返済期間を延ばすことなく借金を返済していく方法が一番おまとめローンのメリットを大きく引き出すことができます。

おまとめローンを利用するさいは将来的な返済計画も立てておくと良いでしょう。

おまとめするならしっかりチェック!

複数の会社から借金をして多重債務化してしまった場合に助かる商品がおまとめローンです。従来のカードローン・キャッシングよりも金利が低く、毎月の返済額を抑えることが可能です。また、複数のカードを一つする事によって複数の返済日も1つにまとめる事ができる非常にありがたい商品です。
しかし、複数の借金をまとめて月の負担を減らすと言っても、どれほど返済額が減るのか?などのポイントが不透明な人は多いかと思います。
そういった人の為にここでは、おまとめローンがどれだけお得な商品なのかを説明していくので参考にしてみてください。

毎月の返済額はどれほど減るのか

calculator2

例えば、A社から60万円 返済額3万円 B社から40万円 返済額2万円 C社から50万円 返済額2万5千円 合計150万円を2年間で返済するといった計算をすると月々の総返済額は7万5千円です。(年利は一律16%で計算)
これをおまとめローンでまとめて2年間で返済する計算をした場合、月の返済額は6万7千円(年利7.6%で計算)となります。
おまとめローンにした場合は審査の際に決定する金利について変動しますが、大体8000~1万円ほど返済額を抑える事が可能です。金利が低い銀行や消費者金融の審査に通ればそれ以上に返済額を抑えることができるかもしれません。
また、返済期日を2年から3年へ伸ばした場合は4万6千円と大幅に返済額を抑える事も可能ですが、その分利息分の金額が増すのであまりお勧めはできません。

返済総額は増える?減る?

capsule-dislike-and-like

おまとめローンでよくデメリットとしてよく挙げられている「返済総額」の件についてですが、実際にどれほど返済総額が増えるのかを説明していきます。
先ほどの例で計算すると、おまとめローンなしの場合はA社が70万5069円 B社が47万46円 C社が58万7557円 合計金額176万2672円(返済期間2年 金利16%で計算)となり、利息分は26万2672円となります。
これをおまとめローンでまとめた場合、162万1623円で利息分は12万1623円となります。(返済期間2年 金利7.6%で計算)
実は、おまとめローンは他社から借りていた借金と同じ返済期間で返済できれば10万円近くもの返済総額を減らす事ができるのです。
では、なぜ返済総額が増える事がデメリットとしてあげられているのか、それはおまとめローンをする期間を大幅に伸ばす人が多いからです。月々の返済額を抑えるために返済期間を延ばす人がほとんどです。その為、「おまとめローンは返済期間が延びただけで、実際は返済総額が増えている」という人が多いのです。
例えば、A社B社C社からの借金総額150万円、月々の返済額7万5千円を3万円まで減らしたいという場合は返済期間を5年にする必要があります。その場合の返済総額は180万7695円、約4万円返済総額が増加します。大体の銀行や消費者金融は8~10年まで契約期間を延ばす事が可能ですが、大幅に伸ばせばその分返済総額が大幅に増えるという事です。

返済額を減らすだけじゃない!返済期間も短くできるおまとめローン

thumbs-up-like-vector-sign

毎月の返済には困っていないが今後の為にも早く完済したいという人にもおまとめローンは便利です。
A社B社C社からかりている総額150万円を毎月7万5千円払っていれば2年で返済できる計算ですがおまとめローン金利7.6%で毎月7万5千円払えば22ヶ月で完済可能です。
たった2ヶ月と思うかたがいるかもしれませんが、たとえば多重債務時の返済期間が2年ではなく4年で毎月の返済額が4万2506円だった場合はどうでしょうか。
これをおまとめローン金利7.6%として計算した場合は多重債務時の返済額とほぼ同額で支払えば3年ほどで完済が可能で約1年も返済期間を縮める事ができるのです。
今回は150万円をおまとめする場合で金利7.6%という計算を行い説明してきましたが、銀行や消費者金融によってはもっと金利を下げる事だって可能です。
おまとめローンは毎月の返済額を抑えたい人や返済期間を縮めたいという人には非常にお得な商品と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする