おまとめローンとしておすすめのカードローン主要サービスとは?

消費者金融の選び方のコツ

昔から、「金は天下の回り物」と言われていますが、このお金が、自分の周囲で回らなくなってくることは、長い人生の間で1回や2回はあるかもしれません。
もちろん、できれば借金をしないに越したことはないですが、急にどうしてもお金が必要になるという事はあります。
そのような時、昔は質屋さんに指輪などを持って行ったという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。
しかし、最近は便利になって、インターネットで借り入れを申し込めるようになっているんです。

そこで今回、この特集では数多くある消費者金融会社の中から、どんな会社を選べば良いのか、おまとめローンを選ぶ基準など参考になる情報をまとめてみました。

さて、毎日のように流れているテレビCMや、パソコンやスマホから簡単にアクセスできるホームページの情報などから、キャッシングはとても身近なものに感じられるようになってきました。
これだけキャッシングが一般的になってくると、「お金を借りる行為」という認識が薄れている人もいるでしょう。
ですので、まずここでは改めて「キャッシング」についての知識を付けられるようにまとめてみました。

おまとめローンの審査は通常のキャッシングよりも厳しいのか?

上手に利用するためには「安心できる業者を選ぶこと」

貸金業者の数は非常に多くありますが、銀行と提携している消費者金融が大半ですので、そういった会社を選べば安心して借り入れができます。
また一般的に、大手で信用度が高いところは金利を低く設定しています。
その点でおすすめできるのは「ネット銀行」系のキャッシングです。
ネット銀行とは、店舗などを持たずにネットが店舗代わりになっている銀行のことです。

返済は月々の分割払いなので、一定期間の返済が伴います。
今では自宅に居てネットで返済ができますし、コンビニのATMなどでいつでも返済できる会社が増えているので、そうしたキャッシングサービスを使うのがおすすめです。
申込や返済が「インターネットでできること」を基準に選ぶのも良いかもしれません。

安心して借り入れができ、簡単に返済できるところから借りるようにすれば、あなたの生活のピンチを賢く切り抜ける選択肢のひとつとして、キャッシングを選ぶ価値があると言えるでしょう。

消費者金融の特徴

お金を借りる方法は、銀行からの融資、消費者金融からの融資など色々とあります。銀行等から融資を受けるほうが、金利面や安全面では良いかもしれませんが、スピード感や簡便性など、ケースによっては消費者金融を利用したほうがメリットが大きい場合もあります。

また、各消費者金融会社によって多少の差はありますが、ほとんどの会社が申し込みをした即日に審査が終わるスピード対応になっているのも特徴です。
インターネットやスマホ、電話での申し込みができるので、来店の必要がないのもスピード感という点で大きな特徴でしょう。
実際、審査を受けるのに時間をかけられない場合や、急にお金が必要になった時は、消費者金融での借り入れが存在感を増します。

そのほか、融資は原則、無担保・無保証人というのが消費者金融です。
中には担保あり、保証人付きという会社もありますが、それは大型融資となるケースが多く、むしろメインになっているのは50万円以下の小口融資です。

この点は銀行よりも消費者金融の得意分野で、3年以内などの短期間利用を検討している方にはおすすめです。

おまとめローンを比較するポイント4点・完全ガイド

おまとめローンとして活用できるカードローン6社

こうした多くのカードローンの中に、おまとめローンとして活用できるサービスがあります。

銀行系では、

オリックス銀行カードローン
じぶん銀行じぶんローン
スルガ銀行カードローン

は800万円、

横浜銀行カードローン
住信SBIネット銀行MR.カードローン

は1,000万円、

北海道の人は

・北洋銀行は1000万円まで

借りられます。

消費者金融系では、

モビットが限度額800万円と最も多く、
次いでアイフルプロミスが500万円となっています。

このことから、いずれのサービスでも限度額と、自分が借りられる総額を比べて、借入をすることで「おまとめローン」になるサービスを利用することがポイントとなります。
金利が低く、できるだけ短期に返済が終わるプランが立てられる金融機関を選ぶことが重要です。

簡単に申込条件を紹介

オリックス銀行カードローン

審査基準としては、
・20歳以上65歳以下の人
・原則的に毎月の安定収入のある人
・日本に在住の方※外国人の方は永住者または特別永住者の人

となっています。

使用用途は自由です。
ただし事業用資金は不可です。

担保、保証人も不要で、口座開設も不要なのが特長です。

またすべてWEB申し込みで完結ができます。
審査段階での郵送や面倒なやりとりは一切ありません。


北洋銀行

審査基準は以下になります。

・満20歳以上69歳未満の人
・毎月の安定した収入のある人(年金受給のみの人は不可です。)
・居住地または勤務先が北海道内の人
・北洋銀行のカードローンを利用していない人
・保証会社の保証が受けられる人

審査のスピードも最短15分と業界でも群を抜いて早いのが特長です。

住信SBIネット銀行

審査基準は以下です。

・20歳〜65歳までの毎月安定した収入がある人

です。

最短60分での仮審査完了が可能です。
口座がなくても申し込みはできて、口座があれば最短即日での借り入れが可能です。

じぶん銀行

審査基準は以下です。

・auユーザーには独自の基準を設けており、審査に積極的と言われています。
・学生や、専業主婦、年金受給者も申し込みができます。

WEB申し込み完結可能で、最短即日融資も可能です。
じぶん銀行口座を持っていれば本人確認資料も不要になります。

アイフル

成人で定期的な収入と返済能力がある方はカードローン初心者でも申請しやすい最大手の業者です。

審査は、属性スコアリングと信用情報があり、属性スコアリングの内容は、申請者の返済能力、勤務環境、生活環境が審査されます。

プロミス

パートやアルバイトなどの非正規雇用者の人でも継続的な収入がある方は申請できます。

プロミスの審査のポイントは年齢、年収、そして現在の借入金額の3つが重要です。
返済能力を重要視する業者です。

モビット

WEB完結審査が可能です。
(但し条件は、①三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行口座が必要、
②社会保険証もしくは組合証を持っている)

そして会社への電話連絡がない、自宅への郵便物の配達もないのが特徴です。

審査のポイントは

1.年収などの情報は嘘を記入しない。
2.現在他業者からの借入額は正確に入力する。
3.借り入れ限度額を低めに申請する。

この3つが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする