【裏話】アコム元社員が語る!実は審査は5分で終わっている

そんなバカな!審査は5分で終わっていた!?

odoroki_men

タイトルを見て拍子抜けした人もいると思います。
いくらスピード審査の時代とはいえ、たったの5分で審査結果が出るとはかなり意外だったと思います。
因みに5分で審査結果が出る話は今の時代ではなく私がアコムで働いていた2000年から2004年からです。

どうして、そんなに早く審査結果が出るのか不思議に思いますよね。
今では大手消費者金融のサイトにいけば、簡易審査が3秒で出ますというものがありますが、あの簡易検査を鵜呑みにしてはいけません。
あの項目の中に過去の金融事故の質問はありません。

あくまでも簡易審査ですから、全てを鵜呑みにすることは出来ません。
予め、簡易審査とは、決定力に欠けるものだと思って下さい。
仮審査よりも前の段階です。
本当に仮審査以前の簡易審査なので結果をあてにする事はできないですね。
融資可と出ても現実はシビア。

5分で終わる審査、その内容とは?

musimegane_men

それでは、現在はネット申し込みが主流となっていますが、店舗が周流だった私がアコムに在籍したときに、本当に結果は5分でていたのか?
疑問に思う方もいると思います。
しかし、これは現実問題、本当に審査は5分で完了しています。

その中身を開けましょう。

まず審査は、お客さんが来店して借入希望用紙の空欄を埋めてもらいます。大体5分から10分くらいですね。
この用紙の記入にかかる時間。
人によって物凄く慎重に書く人もいれば、慣れた感じでどんどん空欄を埋めていく人もいます。
人それぞれです。

そしてこの用紙を書き終わるまでは、社員はお客さんにプレッシャーがかからないように、入力している所は基本的に目を合わさないようにしますが、ここはどう書いたらいいですか?
質問されたら、ここはこのようにご記入下さいと見守る感じでみています。

そして、この用紙の記入が終わると身分証明書の提示をお願いします。
ここで運転免許証と、社会保険証のコンビが1番強いです。
どうしてか?運転免許証は、何となく分かると思いますが社会保険証がどうして?そこには入社年月日が記載されているのです。

つまり書いてもらった用紙と、勤続年数が合致するはずなのです。
そうでなければ、虚偽申告になりますから、社会保険証を出す人はしっかり勤続年数が合致している人がほとんどです。
このコンビは黄金コンビとも呼ばれたりしています。
合致したらかなりの武器です。

そして、身分証明書をコピーさせてもらいます。
ここで身分証明書は一旦お役御免です。この次から審査に入ります。
入店してから、審査に入るまでの平均時間は10分から15分といったところです。
緊張している人もいれば慣れた手つきの人もいます。

そしていよいよ審査に入ります。
まず信用情報に照会をかけます。
そうすると、その人のデータが出てきます。ここですね。
一つ目の大きな山場は。
ここで問題がなければ、収入と他社借入がある人はその金額のバランスを考慮して、融資をするかどうかを決定します。

信用情報で引っかかる人も多いです。
この場合、その時点で審査は終了なのですが、お客さんから、端末やパソコンは見えません。
審査否決のサインを出します。
それを社員は全員認識するので、直ぐに空気が張り詰めないようにします。
ティッシュ配りにわざと出します。

悪い結果を伝えるのも気を遣う

check_menもう、信用情報で完全にブラックの人は審査する事がないのですが、端末でアクセスして、2分で、今回はご希望に添えませんでしたとは言える時代ではありませんでした。
完全ブラックの人の情報を入力して、時間を稼ぎます。
審査落ちをわかって来ている人です。

その為、15分から20分後、今回は総合的に判断して、ご希望に添えませんでした。
何卒ご理解の程お願い致します。
遂に断りの言葉を口にする時が来ます。
別に2分で、審査が今回はダメでしたと言っても言いとは思いますが相手の立場がありますからね。

お客さんの顔にはお金を融資出来なくても、泥を塗る様な事は出来ません。
今回はやっぱり駄目だったか・・・。帰りの電車の中でショックが和らぐような配慮は流石にします。
お金を借りる事が出来た隣のカウンターもサインを出しているので粛々と行っています。

上限枠を決定するのに時間がかかる

clock--design--sand-glass--pink要するに、信用情報に照会をかけて問題がなく、バランス面でも問題がない人は、後は幾らの枠を上限にするかだけです。
これも長考するような事ではありません。
どんどん裁かないといけませんが、消費者金融は携帯ショップとは違います。時間をかけても良いのです。

本当に5分で審査の結果は出ています。
ただ悩むのは上限枠だけですね。
自分で判断しかねる時は上司にサインを出すか、さり気なく定規を取りに行くフリをして、上限枠はどこまでですか?
と聞きます。そこで席に着くとサインが来るのでそこで金額は決まります。

そして入力作業をするので、審査は5分で終わっていても、審査の方は無事通りましたと言うのは15分後です。
エンボスでカードを発行します。
そして、契約書にお互いサイン捺印をしてカードを最後に渡し、カードでお金を借りてもらいます。

今は、スピード審査が売りなので、審査落ちの人は瞬殺される事も多いです。
ネットで申し込んで、サイトで3分後に審査落ちが表示される時代です。
本当はこのスタイルの方が王道です。

【元アコム社員が語るシリーズ】

【裏話】アコム元社員が語る!対面与信でお客の嘘はすべて見抜いている

【裏話】アコム元社員が語る!むじん君は実は無人ではない

アコムで最短で借りる方法~ネット+むじんくんの体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする