無利息サービスで賢く借入れ~アコムの利息を0円に!

「急にお金が必要になった!でも給料日までは・・・・・・」
このようなときって結構ありますよね。私にも経験があります。

こんなときに便利なのがキャッシングですが、利息がかかるというデメリットがあります。
しかし、業者のなかには無利息サービスのあるところがあるんですね。
この無利息サービスを利用すれば、利息0円で賢くキャッシングできるのです。
私の体験談をあわせてお読みください。

■友達との旅行代をキャッシング

umidash

私がキャッシングした理由は旅行代のためです。

大学の友達と沖縄旅行にいこうという話になったのです。

移動費や宿泊費、遊ぶお金をふくめると必要なお金はざっと5万円。

しかし、私は一人暮らしでしたので家賃と生活費で余裕のない状態でした。

とても5万円なんて用意できそうにありません。
とはいえ、旅行には絶対行きたかったですし、
行かないことで仲間はずれになってしまうのもイヤでした。
そこでキャッシングでお金を借りることにしたんですね。

■借入れ先はアコムに決定

acom2

キャッシング先に選んだのは「アコム」でした。
理由は「30日間無利息サービス」があったからです。
レイクやプロミスにも無利息サービスはありましたが、
アコムのが審査通過率が一番高いとあったので、それが決めてになりました。

また、ゆうちょ銀行の口座があれば、
即日振り込み可能という点もメリットに感じたのです。
なるべくなら、早めに融資してほしかったので、
ゆうちょ銀行への即日振り込みはとても魅力的に思えたんですね。
レイクとプロミスにはこのサービスはありません。
そのため、アコムで借入れすることにしたのです。

■アコムの申込みから融資はこんな感じでした

notepc

アコムの申込み方法はいくつかありましたが、私は「ネット申込み」を選びました。

手順は以下の通りでしたね。

1.申込み
2.本人確認の電話
3.在籍確認の電話
4.審査結果の通知
5.借入れ

まず、ネットから申込むとすぐに本人確認の電話がありました。

内容は氏名や住所、限度額や利用目的等の確認でした。

次に在籍確認がされることになります。

私の場合はアルバイトでしたので、バイト先にされました。

在籍確認が終わると審査結果が通知され、融資してもらえることになりました。

限度額は10万円と低かったですが、
借入れするのは5万円ですので問題ありません。

その後、すぐにゆうちょ銀行の口座に振り込んでもらいました。

借入れまでにかかった時間は1時間ほどだったと思います。

必要なものは本人確認書類として免許証だけでした。

びっくりするくらい簡単でしたね。

■無利息期間中にバイト代で一括返済

money1
返済は予定とおり、バイト代で一括返済しました。

無利息期間中でしたので利息は無料です。

仮に一括返済せずに月々返済してくことになると、
金利18%で返済期間が20ヶ月でしたので、

5万円(借入額)×18%(金利)÷365×600日(返済期間)=14.794

最終的な返済合計は64.794円ほどになっていたでしょう。
利息だけで14.794円もとられていたことになります。
これを無利息サービスを利用することで0円にできたんですね。
実は普段のバイト代だけでの一括返済はキツかったので、
短期の派遣バイトをかけもちしました。
毎日クタクタでしたがやってよかったと思っています。

■アコム体験談まとめ

hirameki_men

今回、アコムで借入れしてみて感動したのは、そのスピードですね。

申込んですぐに審査結果が通知されましたし、
1時間もしないうちに融資してもらいました。

今回の利用に関しては満足。とくに不満点もありませんでした。

キャッシングって金利が高く返済できなくなるなど、
よくないイメージがあります。

たしかに、アコムのような消費者金融系のキャッシングは金利が高いです。

ですが、ようは使い方なんですね。

とくにアコムには30日間無利息サービスがありますので、
一括返済するつもりなら利息なしで借入れできてしまいます。

私のように「急なお金のピンチを一時的に凌ぎたい」というような場合、
無利息サービスのあるアコムはおすすめですよ。

沖縄旅行のためキャッシングした僕の情報
性別
年齢
職業
毎月の収入
年収
利用先
利用した年
借入額

21歳
アルバイト
約10万円
約120万円
アコム
2013年7月~2013年8月
最大5万円

《アコムに関する記事》

これだけみたらカンペキ!【アコム】を徹底解剖

アコムで最短で借りる方法~ネット+むじんくんの体験談

ギャンブルで借金を繰り返して破滅!総量規制前のアコムでの体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする