おまとめローン完済後は解約?継続?

カードローンサービスを利用している人にとって「完済」という言葉は憧れであり、そして目標となるところです。
そして完済したときの、安堵感というのは、本当に言葉では言い表せないほど、嬉しいものです。
しかし、ついつい完済後、気が緩んでしまい「解約を忘れてしまった」という人が後を絶ちません。
今回、紹介するのは「完済後の契約・解約」について触れていきたいと思います。
何れも一長一短があるため、しっかりと理解をして熟考をしていきましょう。
 

■よくある勘違い「完済=解約」について

まず伝えておきたいこと…それは「完済をした時点で解約される」という勘違いです。
実際に完済をしたとしても、契約解除になるわけではありません。
ただ「融資可能枠」は残っており、いつでもお金を借りることができる状態となっています。
したがって、何かのタイミングで「カードローンを利用していますか?」と質問されたとき、完済をしただけであれば「利用中」という回答になるわけです。
厳密には「カードローンを利用していますが完済済みで、今は借入ありません」という回答に。
時と場合によっては、完済しているため利用していないと回答してしまった場合「嘘」と捉えられてしまい、思わぬ方向へ自体が向かって行く可能性もあるため、しっかりと伝えるようにしておきましょう。
◇おまとめローンに関しては注意が必要
ちはみにですが、おまとめローンのような多重債務の状態を1つにまとめて返済していくサービスを利用している場合は、稀に自動解約される場合もあります。
つまり、業者によっては、完済後は自動解約になることがあるというわけですね。
契約時にしっかりと利用規約などを読んで、完済時はどのような状況になるのか?を把握しておくことを強くオススメします。
(殆どの場合は、そのまま契約継続ではありますが…稀にあるため、念のため記載をさせて頂きました)

■契約継続のメリットとデメリットとは?

ということで、ここからが本題です。
完済後に契約を継続すべきか?解約すべきか?ですが…いずれも一長一短があるため、正直なところ、どちらとも言えません。
状況に応じて対応することが大切になってきます。
 
では、まず契約継続時のメリットとデメリットについて触れていきましょう。
 
メリットは、何と言っても「いつでも借入をすることができる」という強みになります。
つまり保険を掛けておくというわけですね。
解約をしてしまった後、また入用で借入をしないといけないとなったとき、再度、申込をして審査を受けなければなりません。
これは同じ業者に申込をしたとしても、例外なく審査が行われます。
ここで審査落ちをしてしまえば、借り入れることはできないため…色々と面倒なことになってしまうわけです。
このようなリスクがないため、大きな安心感を得ることができることが、メリットになります。
デメリットも「いつでも借入することができる」という点になります。
 
実はメリットとデメリットは同じです。
どうしても簡単にお金を借りることができてしまうため、預金を下ろす感覚で利用してしまう可能性があるというわけですね。
となると、また返済をしていくという大変な作業をしていかないといけないため、デメリットとも言うことに…。
他にも伝えておかなければならないデメリットがありますが…メリットになることもあるため…判断は難しいと言えます。
 
それが「カードローンの融資枠が○○万円ある」ということになります。
一体どういうことなのか?といいますと…例えば、新たにクレジットカードを発行しようと申込をしたとき、完済をしているけど、融資枠があるという審査判断がされてしまうわけです。
 
つまり、○○万円最大で借入をする可能性があるという判断になり、これがマイナス属性と捉えられてしまう可能性があるということ。
たまに「住宅ローンなど申し込むときは、消費者金融などと解約しておくことをオススメする」という話は、こういうデメリットがあるからです。(⇒Q.カードローンを利用すると住宅ローンの審査に通りにくくなるのか?
 
必ずしも「マイナス属性」と捉えられるわけではありませんが、無いことも無いため、デメリットとして挙げました。
が、場合によっては「完済できる能力がある」という大きなプラス属性になることもあるため、そのまま契約をしておくのも1つの手でもあります。
個人的には、後者の「プラス属性になることが多い」と思っているため、他の金融商品審査のときのデメリットとは捉えなくてもよいと考えています。
 

■契約解除のメリットとデメリットとは?

契約解除のメリットとデメリットは、継続のメリット・デメリットを逆にしたイメージになります。
契約解除をしてしまえば、もう気軽にお金を借りることができないようになるため、安易な借金を避けることができます。
「ついつい軽い気持ちで借りてしまう」と自分に自信がない人は、解約をしておいた方が良いというわけですね。
ただ、本当に必要となった場合は、申込からと…最初から改めて始めていかなければならないため、非常に面倒と言えるでしょう。

ともあれ、いずれも一長一短のため「どちらが正解」はないため熟考をすることが大切になってきます。

Q.借入している状態で解約は可能?

■おまとめローンの利用は解約後のが良いかも

以上を踏まえて考えてみると、ローンの審査には契約している事が多いほど不利になるといえます。そのため、おまとめローン後は完済し解約をしてから新たなローンを組む形のが良いでしょう。
 
それがおまとめローンであっても通常のキャッシングであっても、クレジットカードすら少ない方が有利です。使わないものや完済したものはすぐに解約することは審査において有利になります。また、おまとめローンによっては返済専用でないものも多く、キャッシング枠が残ったままになっていたりするので、一度完済した時点で今後の方針を決めておいた方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする