au×UFJ=【じぶん銀行カードローンのじぶんローン】を徹底検証!

今回紹介するのは「じぶん銀行カードローン」についてです。
まず「じぶん銀行」とは、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資してできた銀行です。
店舗を持っていないインターネット取引が中心の銀行です。

じぶん銀行カードローンの「じぶんローン」は、銀行カードローンには珍しい特徴が多くあります。
今回はそういった特徴を項目ごとに紹介していきます。

目次
◆じぶんローンとは?
◆メリット
◆デメリット
◆じぶんローンに向いている人は?
◆金利
◆限度額
◆審査・申込
◆おまとめローン
◆返済方法
◆返済方式

じぶん銀行のじぶんローンとは?

先ほども述べましたが、じぶん銀行とは三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資してできた銀行です。
実店舗を持たず、ネットが中心となっているため、ネット銀行と呼ばれています。
同じような形態をとっている銀行としては、ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行などがあります。

KDDIが携帯会社なので、上手くサービスに取り入れられています。
例えば、スマートフォンで口座開設を行うことができたりします。
カードローンを利用する場合も、申込みや借入、利用状況などを携帯電話でおこなうことができます。
また、じぶん銀行カードローンの「じぶんローン」は銀行カードローンなので、総量規制の対象外です。
ですので年収の3分の1以上の借入もすることができます。
じぶん銀行の口座があった方が便利ではありますが、もし口座を持っていなくても「じぶんローン」を利用することができます。

では、「じぶんローン」の具体的な特徴をどんどん紹介していきます。

メリット

1◆自営業・学生・主婦・年金生活者・パート・アルバイトの方も申込可能
2◆最短即日融資可能
3◆ATMの利用手数料が無料
4◆auユーザーは優遇される
その①自営業・学生・主婦・年金生活者・パート・アルバイトの方も申込可能

sagyougi

じぶんローンは、自営業、学生、主婦、年金受給者、パート・アルバイトの方でも申し込むことができます。
ただし、本人に安定・継続的な収入があることが条件です。
また、年収の制限もないため、他のカードローンよりもかなりハードルが低いのです。

その②最短即日融資可能

antique-clock

じぶん銀行に口座を持っている人は、即日融資が可能になります。
銀行ローンにしては珍しいのです。
銀行ローンは審査に時間がかかってしまう場合が多く、即日融資が可能な銀行は限られます。
じぶん銀行の口座を持っている方はぜひオススメです。

その③ATMの利用手数料が無料

ATM3

ATMの利用手数料は全て無料です。
じぶん銀行のATMはあまり見かけないですが、銀行・ゆうちょ・コンビニATMと提携しているので、「近くに仕えるATMが全くない」なんて困ることもないと思います。
ATMの手数料は意外とかさみがちで、手数料が無料なのは助かりますよね。

その④auユーザーは優遇される

au

auを利用している方は優遇されます。金利が下がるんです。
au限定割の金利は下記の表のとおりです。

【カードローンau限定割の金利】

誰でもコース:auユーザーは誰でも年0.1%金利を優遇

借り換えコース:借り換えならさらにオトクに。年0.5%優遇

限度額 通常の金利 誰でもコース 借り換えコース
710万円~800万円 2.2%~3.5% 2.1%~3.4% 1.7%~3.0%
610万円~700万円 3.5%~4.5% 3.4%~4.4% 3.0%~4.0%
510万円~600万円 4.5%~5.0% 4.4%~4.9% 4.0%~4.5%
410万円~500万円 5.0%~6.0% 4.9%~5.9% 4.5%~5.5%
310万円~400万円 6.0%~7.0% 5.9%~6.9% 5.5%~6.5%
210万円~300万円 7.0%~9.0% 6.9%~8.9% 6.5%~8.5%
110万円~200万円 9.0%~13.0% 8.9%~12.9% 8.5%~12.5%
10万円~100万円 13.0%~17.5% 12.9%~17.4% 12.5%※注

※注 限度額は100万円の場合のみ
借入利率は変動金利です。金融情勢などによって予告なく変更する場合があります。
この金利は新規でじぶん銀行カードローンをご契約のお客様の金利となります。既にじぶん銀行カー ドローンをご契約のお客さまの適用金利は本金利と異なる場合があります。「通常の金利」は、当行と新規でカードローン契約を締結する場合の金利となります。
「通常の金利」は誰でもコース、借り換えコースのいずれの条件も満たさない場合の金利です。
「借り換えコース」をお申込みで審査の結果、限度額が100万円未満となった場合、「誰でもコース」 の金利が適用されます。

詳しくはこちら⇒auユーザーは優遇される!「じぶん銀行限定au割」を徹底検証

デメリット

デメリットはどういったものがあるのか?
みてみましょう。

◆金利が高い

「じぶんローン」の金利は、年利3.9~17.5%です。
上限金利は消費者金融並みに高いです。
最低金利の2.2%は、一見低く見えますが、これが限度額が500万円の人に適応されるものですので、初めて利用される方はだいたい最高金利である17.5%が適応される場合が多いです。
また、限度額ごとの金利が不明なため、正確な限度額を知ることができません。

◆口座がないとメリットが少ない

「じぶんローン」の強味である即日融資や振込融資、自動支払い返済などのサービスは、じぶん銀行の口座を持っている人のみ利用することができます。
そのため、口座を持っていない場合はメリットが少なくなってしまう感覚になってしまいます。

どんな人が向いている?

次のような条件を持つ人はじぶんローンに向いているでしょう。

● じぶん銀行の口座を持っている
● auを使っている人

● 他の銀行カードローンの審査条件が合わない
● 総量規制対象外である銀行カードローンで借りたい

金利

キャッシングで最も気になる金利についてです。

  業者名 金利 遅延損害金
銀行 じぶん銀行じぶんローン 2.2~17.5% 18%

  業者名 金利 遅延利率・遅延損害金
銀行 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 2.49~7.99% 20.0%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6~14.6% 14.6%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 19.9%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
アコム 4.7~18.0% 20.0%
信販 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 20.0%

※ 金利、遅延損害金はすべて実質年率です。

じぶんローンの金利は年率2.2~17.5%です。
上限金利は17.5%なので、消費者金融です。
下限金利は2.2%と一見高くなさそうですが、問題はそれがどのくらいの限度額の方に適応されるものなのか?ということです。
それは、限度額が500万円に設定されたときのみです。
また、初めて利用する場合は、大体が上限金利の17.5%ですので、注意しておいてください。
いくらの限度額に何%の金利が設定されるかが提示されていないので、気をつけてください。

カードローンau限定割の金利

誰でもコース:auユーザーは誰でも年0.1%金利を優遇

借り換えコース:借り換えならさらにオトクに。年0.5%優遇

限度額 通常の金利 誰でもコース 借り換えコース
710万円~800万円 2.2%~3.5% 2.1%~3.4% 1.7%~3.0%
610万円~700万円 3.5%~4.5% 3.4%~4.4% 3.0%~4.0%
510万円~600万円 4.5%~5.0% 4.4%~4.9% 4.0%~4.5%
410万円~500万円 5.0%~6.0% 4.9%~5.9% 4.5%~5.5%
310万円~400万円 6.0%~7.0% 5.9%~6.9% 5.5%~6.5%
210万円~300万円 7.0%~9.0% 6.9%~8.9% 6.5%~8.5%
110万円~200万円 9.0%~13.0% 8.9%~12.9% 8.5%~12.5%
10万円~100万円 13.0%~17.5% 12.9%~17.4% 12.5%※注

※注 限度額は100万円の場合のみ
借入利率は変動金利です。金融情勢などによって予告なく変更する場合があります。
この金利は新規でじぶん銀行カードローンをご契約のお客様の金利となります。既にじぶん銀行カー ドローンをご契約のお客さまの適用金利は本金利と異なる場合があります。「通常の金利」は、当行と新規でカードローン契約を締結する場合の金利となります。
「通常の金利」は誰でもコース、借り換えコースのいずれの条件も満たさない場合の金利です。
「借り換えコース」をお申込みで審査の結果、限度額が100万円未満となった場合、「誰でもコース」 の金利が適用されます。

限度額

  業者名 限度額 金利
銀行 じぶん銀行じぶんローン 10~800万円 2.2~17.5%

  業者名 限度額 金利
銀行 みずほ銀行カードローン 10~1,000万円 3.5~14.0%
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
10~1,000万円 2.5~18.0%
三井住友銀行カードローン 10~800万円 4.0~14.5%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 30~800万円 3.0~16.8%
アコム 1~500万円 4.7~18.0%
SMBCモビット 1~800万円 3.0~18.0%

じぶんローンの利用限度額は10~800万円です。
カードローンの限度額はわりと控えめです。

また、表をみると最高限度額に対する金利を他の銀行と比較しても、わりと標準的なのがわかります。

審査・申込

申込方法や審査にかかる時間などをみていきましょう。

  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 じぶん銀行じぶんローン インターネット 最短即日 即日 ×

  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 新生銀行カードローン レイク インターネット
自動契約機
電話
郵送
即時 最短即日 4
三菱東京UFJ銀行カードローン インターネット
テレビ窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 4
三井住友銀行カードローン インターネット
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 ×
消費者金融 アコム インターネット
むじんくん
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 4
SMBCモビット インターネット
ローン申込機
電話
郵送
最短30分 最短即日 3
プロミス インターネット
プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 3

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

申込方法

申し込みはホームページから行います。携帯電話・スマートフォンからも可能です。
申し込みの際、じぶん銀行の口座を持っているかどうかで申込み画面が異なるので、よく確認してから申し込みをしてください。

審査・融資までにかかる時間

じぶん銀行に口座がある場合、最短で即日融資が可能です。
インターネットで申し込みをしたら、最短即日または翌日に審査回答が来ます。
口座がある場合は原則本人確認書類が不要なので、すばやく契約を済ますことができるのです。
契約が完了すればじぶん銀行の口座に振り込みで融資してもらえます。
急いでいる場合は、なるべく早い時間帯に申し込むようにしましょう。

また、じぶん銀行の口座がない場合は、申込みから融資まで約1週間程度かかります。

じぶん銀行に口座がない場合は、申込みから融資まで約1週間程度かかります
審査が終わってもキャッシュカードを待たないといけないためです。
ローンの申込と同時に口座を開設するのもよいでしょう。

じぶんローンの申し込み条件は

年齢が満20歳以上70歳未満で、安定継続した収入がある(自営業、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者でも申込み可能)

となっていますが、それ以上の情報は公開されていないので、後は実際に申し込んでみないとわからないですね。

一般的に、4件以上他社で借入がある場合は審査通過が厳しいと言われています。また、信用情報にキズがついている場合もまず通ることはないでしょう。

※ 信用情報にキズがついている状態とは?

  • 過去に、ローンの支払いを2ヶ月以上滞納したことがある
  • 任意整理、自己破産など、10年以内に債務整理をした経験がある

など

また、「自営業、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者でも申込み可能」と謳っているといえど、やはり正社員のほうが有利なのは変わりないと思います。

借入方法

ATM振込の2種類があります。
ATMの場合24時間365日借入可能です。ただし、下記のシステムメンテナンスの時間帯は使えません。

<システムメンテナンス時間帯>

● 毎週月曜日1:00~5:00
● 毎月第2土曜日21:00~翌7:00

また、ATMの利用手数料は一切かかりません。

振込の場合も、システムメンテナンスの時間帯以外は24時間365日借入れができます。こちらも利用手数料は無料です。

ただし、リアルタイム反映ではないため、実際に振り込まれるのが翌営業日になることがあります。急いている場合は、ATMのほうが確実です。

<システムメンテナンス時間帯>

● 毎週月曜日1:00~5:00
● 毎月第2土曜日21:00~翌7:00

おまとめローン

  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 じぶん銀行じぶんローン 対象外 2.2~17.5% 10~800万円

  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 住信SBIネット銀Mr.カードローン
(プレミアムコース)
対象外 2.49~7.99% 10~1,000万円
みずほ銀行カードローン 対象外 3.5~14.0% 10~1,000万円
三井住友銀行カードローン 対象外 4.0~14.5% 10~800万円
消費者金融 アイフル おまとめMAX 対象外 12.0~15.0% 1~500万円 120
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 対象外 6.3~17.8% 1~300万円 120
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 対象外 7.7~18.0% 1~300万円 162

じぶん銀行のホームページには「おまとめ・借り換えOK!」とありますが、じぶんローンはおまとめには向いていません。
理由は、その金利の高さにあります。

じぶんローンは総量規制の対象外で限度額も800万円と十分な高さですが、金利が3.9~17.5%なので、おまとめとして使うには高すぎます。
例えば今の借入利率が18%として、それがおまとめによってだいぶ下がるのであればおまとめをするメリットは大きいのですが、17.5%なら借り換える意味はほとんどありません。
もっと低金利のカードローンやおまとめ・借り換え専用ローンを探すことをおすすめします。

無利息期間

  業者名 無利息期間
銀行 新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
ノーローン 借入日の翌日から7日間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回のみ)

じぶんローンには、無利息期間の設定はありません。
30日以内など、すぐに完済できる予定がある場合は、ジャパンネット銀行や新生銀行カードローン レイク、プロミスをチェックしましょう。

返済方法

じぶんローンの返済期日や返済方法についてみていきましょう。

  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 じぶん銀行じぶんローン 35日ごと、毎月指定日(任意) 三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
無料 自動支払い(口座引落)

  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン
(※2)
1日
12日
20日
27日
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料 口座引落
振込み
新生銀行カードローン レイク 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
新生銀行
無料 レイクATM
口座引落
振込み
オリックス銀行カードローン 10日
末日
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
振込み
消費者金融 アコム 35日ごと
毎月指定日(任意)
6日(口座引落)
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
店頭窓口
アコムATM
口座引落
振込み
プロミス 5日
15日
25日
末日
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
(三井住友銀行は手数料無料)
店頭窓口
プロミスATM
口座引落
振込み
コンビニ
(※3)
ノーローン 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 新生銀行
イオン銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
レイクATM
口座引落
振込み

※2 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる
※3 ローソン、ミニストップ、ファミリーマート
※4 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合

2種類の返済方法

じぶんローンには2種類の返済方法があります。
ATMによる返済と、口座引き落としである「自動支払い返済」です。
自動支払い返済は、じぶん銀行の口座を持っている場合のみ利用できます。

ATM返済

返済日までにATMで返済。通常の「約定返済」に加え、繰り上げ返済も可能。
返済サイクルは「期日指定返済」または「35日ごとの返済」。

自動支払い返済

銀行の普通預金口座から、毎月返済日に自動引き落とし。返済サイクルは「期日指定返済」のみ。
まず、自動支払い返済では繰り上げ返済ができないことを覚えておいてください。
利息を節約したいなら繰り上げ返済は必須なので、これは致命的な欠点です。

また、自動支払い返済では「35日返済」を指定できないことにも注目です。
返済サイクルの「期日指定返済」と「35日ごとの返済」の違いですが、期日指定は「毎月5日」というように、月に一回決まった日に返済します。
一方35日返済は、「前回の返済から35日目」が次の返済日ということになります。

なるべく早く完済するために、返済方法はATM返済を選び、余裕があるときはできるだけ繰り上げ返済にまわしましょう

繰り上げ返済

繰り上げ返済はATMからのみで可能になります。
手数料はかからないので、どんどん繰り上げ返済をしてしっかりと完済を目指しましょう。

返済方式

  業者名 返済方式
銀行 じぶん銀行じぶんローン 残高スライドリボルビング

  業者名 返済方式
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン 残高スライドリボルビング
三井住友銀行カードローン 残高スライド
みずほ銀行カードローン 残高スライド
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 残高スライドリボルビング
楽天銀行スーパーローン 残高スライドリボルビング返済
元利込定額返済
消費者金融 アコム 定率リボルビング
プロミス 残高スライド元利定額返済
SMBCモビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
アイフル 残高スライド元利定額リボルビング
オリックスVIPローンカード 新残高スライドリボルビング返済
元利込定額リボルビング返済

じぶんローンの返済方式は、「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。
長くてよくわからない名前ですが、簡単にいうと「借入残高によって月々の最低返済額も減っていくもの」です。

最低返済額の金額については下記の表の通りです。

借入残高 各回の返済額
借入利率12%以下* 借入利率15%未満 借入利率15%以上
10万円以下 1,500円 2,000円 3,000円
10万円超~20万円以下 3,000円 4,000円 6,000円
20万円超~30万円以下 4,500円 6,000円 9,000円
30万円超~40万円以下 6,000円 8,000円 12,000円
40万円超 借入残高が10万円増すごとに
1,500円を追加 2,000円を追加 3,000円を追加

「リボ払い」について詳しく知りたい方はこちら(⇒意外と知らない!「リボ払い」怖がられてるけど、しっかり理解しよう!

また、リボ払いの注意点は返済金額が減ることで支払う利息も大きくなるので、返済自体が長期化してしまったり、余計な利息を払うことになってしまうことです。
余裕のあるときは繰上げ返済を行い、少しでも返済を減らしておくことをオススメします。
もっと詳しく書いてあるこちら(⇒【キャッシング】残高スライドリボルビング方式の落とし穴【返済】)をどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする