Q.税金未納者でもキャッシングできるのか?

あなたの収入状況によっては、税金を納めることができず税金未納者になってしまうこともあるでしょう。
しかし、キャッシングを利用することになった場合、税金を納めていないということが、問題になってしまうことはあるのでしょうか。
その事実について解説していきたいと思います。

税金の滞納が知られるのかについて

majime_men
あなたが税金の滞納をしてしまった場合、キャッシング会社は、税金の滞納という事実を知ってしまうのでしょうか?
もしかしたら、信用情報機関に照会されて、滞納している事実がばれるのではないかと考える人もいますが、バレることはありません。
なぜならば、信用情報機関の情報に税金の滞納に関する項目がないからです。
税金滞納項目がないということは、様々なキャッシング会社に信用情報機関に存在する情報を照会されたとしても、滞納している事実がバレることがないのです。
しかしながら、税金の滞納がバレてしまったらキャッシングの審査に落ちてしまうことがあります。

「先ほど、キャッシング会社は、信用情報機関に照会したとしても、分からないとおっしゃいましたよね?」と思う人もいるでしょう。
キャッシングする際に住宅ローンや事業者ローンの借り入れを行う場合は、税金の滞納がばバレてしまう可能性があるのです。
基本的なキャッシングでは、税金情報が照会されることはないので、審査を通過することができます。
しかし、住宅ローンや事業者ローンの場合、話は別となります。
例えば、キャッシングを利用して住宅ローンをすることになった場合、「納税証明書」を提出することになります。
納税証明書を見れば、あなたが税金を滞納しているのであれば、滞納情報に関することがすぐに分かります。
滞納情報をキャッシング会社に知られてしまった場合、借り入れを行うことは不可能だと考えることができます。なぜならば、税金を納めることさえできない人に、借り入れを認める人はいないからです。

会社員と個人事業主の提出書類の違いについて

imadesyo_men

キャッシングを利用する場合、会社員と個人事業主では、提出する書類に違いがあります。
どのような違いがあるのかというと、会社員として正社員で働いていると納税証明書の提出を求められる確率は低いのですが、個人事業主として働いているとキャッシングの審査で、納税証明書の提出を求められる確率が高いのです。
個人事業主として収入が安定せず、税金を納めていない人が多数おり、納税することが厳しい人も多いということからか、納税証明書の提出を求められる確率が会社員よりも高いのです。
そして、社会保険に加入しておらず、国民健康保険に加入しているというのであれば、提出する物に注意しなければなりません。
本人確認の際、保険証などを提出してしまった場合、国民健康保険を滞納しているのであれば、キャッシング会社に知られてしまいます。
保険料を滞納している状態でキャッシングを利用したいという人は、本人確認の際にうっかり保険証を提出するようなことはしないようにしましょう。
「では何を提出したら良いの?」と思ってしまうかもしれませんが、何か本人確認で提出を求められた場合は、免許証を提出してしまいましょう。
免許証の提出さえしておけば、国民健康保険を滞納していることがバレることはありません。

税金を支払わなければ、どうなるの?

kanngaeru_women2
あなたは、税金を支払うことができない人がキャッシングを利用して税金を支払っている事実をご存知でしょうか?
その前に、税金を支払わないことで、どうなるのか解説します。
住民税を滞納してしまうことで、督促状が届く可能性があります。
基本的にそのようなことになった場合は、区役所などに相談することで、支払い方法を変更してくれることもありますし、将来にわたって上手く支払うことができるように相談にのってくれます。
しかし、支払いができるように有利に条件を提示されたにもかかわらず、期日までに決められた金額を支払うことを行わず、放置していると大変なことになってしまいます。
支払いを放置していると納付期限を過ぎて20日以内に督促状が届きます。
督促状が発行された日を境として10日以内に支払いを行わない場合は、「財産の差し押さえ」が法律的に認められることとなります。

キャッシングを利用して税金を支払う

megahon_women

上記で説明した通り、納めるべき税金を納付しておかなければ、督促状が届き財産を差し押さえられてしまいます。
1度財産を差し押さえられてしまうと、生活をたて直すことが困難となりますので、そうなる前にキャッシングなどを利用して税金を返済してしまいましょう。
税金が支払えない収入状況で銀行からお金を借り入れることは、正直なことを申し上げれば、不可能に近いです。
しかし、消費者金融であれば、無利息期間などを利用して、利息なしで借り入れを行える可能性があります。
無利息期間内であれば、利息が発生しませんので、それまでにすべて返済することができれば、利息を支払うことなく、税金をすべて納めることができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする