おまとめローンの時期って大事!審査に通りやすい時期はズバリ○月!

キャッシング・カードローン・おまとめローン、申し込むときには、審査は避けて通れません。
しかし過去に返済が少し遅れてしまったり、そんなに年収が高くないよ・・・などそれぞれに不安があると思います。
特におまとめローンは高額になるので、そう簡単には通らないんじゃないか・・・など特に不安になる原因がたくさんありますよね。
今回は、そんな人たちのために「審査に通りやすい時期」を紹介します。
自身の問題ではなく、時期によってある程度コントロールできるのであれば、ぜひ知りたいですよね。
実はタイミングって大事なんです。
その背景とズバリその時期、解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、それ以外にも「審査に通りやすくする方法」もおさらいしていきます。
時期も大事ですが一筋縄ではいかないのが「審査」。通りやすくなる時期やタイミング、合図があるのであれば教えてほしいものですよね。
カードローン会社が出してる「いま審査甘いよ★」のサインを解明していきましょう。

■目次■
審査に通りやすい合図
そもそも審査に通りにくい理由4つ
キャンペーン中が狙い時
メインバンクの銀行クレジット・ローンに申し込む
審査に通りやすいのは具体的にいつ?
カードローン会社の繁忙期と閑散期が関係している
審査に通りやすい時期
まとめ
 

■審査に通りやすい合図

 

では、そもそもなぜキャッシングやクレジットの審査に通りにくいのか、その理由は大きく分け4つあります。

 

そもそも審査に通りにくい理由は主に4つ

・申込者の「支払い能力」がカード発行基準に満たないため

申込者の年収、勤務先、勤務形態、勤続年数、家族構成、住居形態、他社からの借入額とその件数などの情報を点数付け(スコアリング)し、「支払い能力」はどのくらいあるのかを総合的に判断します。このスコアリングの結果で、「支払い能力」が低いと判断された場合、審査に通りにくくなることがあります。審査の基準は、各信用情報機関によって多少の違いがあり、それぞれの審査基準については、一切非公開とされています。審査に通りやすい方の職業としてまず挙げられるのが公務員で、最も審査に通りにくいのはアルバイト(パート)の方です。無職の方は基本的に審査は通りません。

・過去に支払いの遅延等の「事故歴」がある(審査ブラック)

過去に返済の遅延や強制解約などのいわゆる「事故歴」がある場合は、審査に通りにくいです。「事故歴」があったとしても、まったく審査に通らないというわけではないですが、支払いの遅延や強制解約などの情報は5年の間信用情報機関に登録されますので、「数年前に一度だけ支払いが遅れたことがある」というだけでも、審査が通りにくくなることがあります。現在の自分の信用情報(借り入れや事故歴等)を確認したい場合は、各信用情報機関に開示を依頼し、照会することも可能です。

1か月以内に3件以上の申し込みがある

申し込みをしただけでも、その情報は信用情報機関に履歴が残ります。申し込みの履歴は6か月間記録されますので、一度申し込みをして審査に通らなかったと言って何度も申し込みをすると、さらに審査に通りにくい状態になってしまいます。特に1か月という短期間に3件以上の利用申し込みをした履歴がある場合は、審査を断られることがあります。

・信用情報機関に登録されていない(クレジットカードやキャッシングの利用歴が全くない)

信用情報機関への登録履歴がまっさらな状態だと「審査に通りやすい」と思われるかもしれません。しかし、いわゆる「新規ブラック」の1つとして、クレジットカードやキャッシングの申し込み・利用をしたことがない期間が長いと、審査に通りにくいと言われています。こうした場合、「過去に(10年以上前)自己破産の経験があったのではないか」と疑われてしまうことがあります。クレジットカードやキャッシングなどで、ある程度利用・返済の実績を積んでいる方が、審査に通りやすい状態と言えます。

 

 

~キャンペーン中が狙い時

 

クレジットカードやキャッシング会社では、新規申込者獲得のために、独自の「入会キャンペーン」を実施することがあります。その際、通常であれば重視する申込者の「支払い能力」のスコアリングが通常の審査基準に満たなかったり、過去の返済遅延等の「事故歴」、他社へのキャッシングの申込歴などについて「多少の問題」があったとしても目をつむってくれるため、それまで審査に落ち続けている人でも、確実に審査に通りやすい状態になっています。

 

このようなクレジット・キャッシング会社が行うキャンペーンは、各会社が「新規顧客獲得」のために打ち出しているものであり、一般的に「審査に通りにくい」と言われている主婦や学生、パートやアルバイトなどの雇用形態の方々をも「新しく顧客として取り込もう」と積極的に動いている証拠になりますから、審査に不安のある方にとっては、かなりチャンスになります。

 

これまで、なかなかクレジットカードやキャッシングの審査に通りにくく、悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。そうした方々は、ぜひキャンペーン中の会社を選んで申し込んでみるのも一つの手です。

 

 

~メインバンクの銀行クレジット・ローンに申し込む

 

もう一つ、審査を通りやすくするために「メインバンクの銀行のクレジットまたはローンに申し込む」という方法があります。メインバンクとは、「最も預け入れ金額の大きい口座のある銀行」のことで、ほとんどの方が、給与振り込み先の口座や、積み立てなどの貯蓄で利用している口座のある銀行かと思います。

 

メインバンクの銀行が発行しているクレジットカードや、ローンに申し込むことで、通常よりもかなり審査に通りやすくなります。対象となる銀行とは、ある程度の期間において継続した取引があり、かつ、預金にはまとまった額のお金を預け入れているということで、信頼度がぐんと高くなり、場合によっては、消費者金融のキャッシングに申し込むよりも審査に通りやすくなることもあります。

 

銀行のクレジットカードやローンは、借入限度額が多きく設定してもらえたり、様々な便利で使えるオプションが多いことから、利用価値の高いサービスと言えます。まずは自分のメインバンクとする銀行を決め、コツコツと利用実績を積むことで、いざという時に頼りになる存在になりますよ。

 

■審査に通りやすいのは具体的にいつ?

~カードローン会社の繁忙期と閑散期が関係している

hankagai

なぜ審査に通りやすい時期と通りにくい時期があるかというと、世の中の流れが関係してくるからです。
市場が大きく動く時期と、あまり変わらない時期があり、上がったり下がったりもあります。
その時期と並行してお店にも繁忙期と閑散期があります。
カードローン会社の閑散期を狙えばいいのです。
繁忙期は、担当の方も忙しいため一人ひとりにできるだけ時間をかけたくありません。
詳しくみるというよりも流れ作業で、どちらかといえば「審査に落としてもいっぱい申し込みする人がいるから大丈夫」という気持ちになってしまっています。
審査に通るか落ちるかギリギリの人がここで申し込んでしまったら、当然忙しいので落としてしまうでしょう。

気になる時期ですが、具体的なカードローン会社の繁忙期は5月と8月です。
ゴールデンウイークとお盆休みなど行事が満載でお金がかかる時期です。
よってみんなお金が必要になってカードローンの申し込みが殺到しますね。
つまり、繁忙期の5月と8月は審査に通りにくい時期になります。

逆に、閑散期はいつかというと、カードローンの申し込みが極端に少ないのは6月なんです。
6月は梅雨ですし、休日もありません。どこかに出かけるという意欲や機会は少ないのが当然ですね。
そして閑散期ではないけど、申込が通りやすくなる傾向になるのが年度末である12月です。
12月といえば、年度末で世の中は今年を締めくくりに入っている中、企業も今年最後のがんばりどころです。
売上を上げたい一心で申込の審査に通りやすくなる傾向にあります。
この時期を逃さないことが大事ですよね。
よって、審査に通りやすい時期は6月と12月になります。

~審査に通りやすい時期

hirameki_hand

では、ここでさらに詳しくみていきましょう。
先ほど説明した6月と12月のほかにも、審査に通りやすい時期があります。
それは、消費者金融の多くの決算月である3月です。
あともう一つ、月末です。
何かの終わりというのは、必死で売り上げをたてようとする傾向にあります。
月はじめよりは、月の終わりのほうが売り上げに焦っている可能性が高いでしょう。
できればもう少し売り上げたい!と思うようになり、普段なら落としてしまうけどギリギリセーフだ!となってしまうわけです。
会社自体も力を入れるはずです。
「今年の目標(今月の目標)、を達成できていないぞ!」となれば、最後必死になりますよね。
審査を担当している方も、緩めに見てしまうでしょう。

そもそもコンピューターの審査に落ちてしまうようでしたら厳しいですが、人が判断する部分は多少誤差ができてしまうのは仕方のないことです。
こういった気持ちの持ちようで微妙に結果は変わってきます。
審査に不安という方は、ぜひそれを逆手に取って利用してみてはいかがでしょうか。

~まとめ

〈審査に通りやすい合図〉

・キャンペーンのとき◎
・普段利用しているメインバンクが良い◎

〈審査に通りやすい時期〉

年度末・月末・3月・6月・12月は審査に通りやすい◎

〈審査に通りにくい時期〉

・繁忙期である5月と8月は審査に通りにくい✖

いかがだったでしょうか?
参考になっていたらうれしいです。

また審査は意外とこういったことにも左右されることもあるということを覚えておいてください。
申し込もうとしている時期や合図を少し意識してみてはいかがでしょうか。
あとは己の勘を信じてみてください★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする