在籍確認なし・カードレス

目的別にオススメの業者を紹介していきます。
今回は「在籍確認」と「カードレス」についてです。家族や周囲にバレてしまいがちになるのは「在籍確認の電話」と「ローンカードが見つかることなどが挙げられます。
そこで、それがない業者や予備知識をそれぞれ紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

在籍確認なし】でキャッシングするなら?

キャッシングをする際の借入審査、なんだかとっても憂鬱ですよね。
大丈夫だと思いつつ変に不安になりますし、在籍確認で会社にバレたら・・・
と考えるとま~た憂鬱に・・・
借入審査の通過儀礼なので仕方ないか・・・在籍確認のないキャッシングなんてないよな~と、諦めていた方必見です!

実際に在籍確認が原因で周囲の人にバレた例もありますし、まずは在籍確認がどのように行われるかを確認したいと思います。

◇キャッシングする際の在籍確認はどんな感じ?

キャッシングする際に避けて通れないのが「在籍確認」ですが、どのようにかかってくるのかというと、基本的に勤務先に電話がかかってきます。
それは名前のとおり、「本当のこの人はいるの?」と確認するための電話なのです。
しかし、注意していただきたいのは、電話のかかって来方です。

「○○様はいらっしゃいますか?」
こんな感じでかかってくるので、怪しいっちゃ怪しいですね(笑)
基本的に会社名は名乗らず、いきなり名指しですからね。
人によっては疑う人もいるかもしれません。
ですので、怪しまれないためにも自分宛に電話がかかってくる旨を伝えておくのも手かもしれません。
あらかじめ根回ししておきましょう。
理由としては、「カードを作ったから電話がかかってくる」とでも言っておきましょう。

これは厄介!な気持ちはわかりますよね。
在籍確認を避けて通りたくなる気持ちがわかったところで・・・お待たせしました!
電話での連絡以外で在籍確認ができて、特にオススメの2社をこれから紹介します♪

◆提出書類でOK!?【アイフル
(年率:4.5% 18.0%)

aihuru.2

アイフルは借入審査をする際に職場への在籍確認がないんです!
これはまさに「電話での在籍確認は厄介だ!困る!」という方にうってつけですね。

電話での在籍確認ではなく何でするのかというと、「書類」です。
申込をしたら、「申込確認」」の電話が本人宛にかかってきます。
その際に電話以外での在籍確認をしたいと伝えます。

そして、以下の提出書類を送りましょう。

在籍確認に必要な提出書類
健康保険証(社保) or 直近(2ヵ月分)の給与明細

なんと、これだけなんです(笑)
いずれか一つを送ればOKです。

ちなみに、勤務先への電話での在籍確認も、書類提出での在籍確認も、かかる時間は同じくらいです。
即日融資にも対応していますので、心配なさらないでください。

また、アイフルは初回30日間無利息サービスがあります!
アイフルの利用が初めてですと、契約した翌日から最大30日間が無利息になるといううれしいサービス。
これを使った人から得しちゃってますね。

◆一応できる場合あり!
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
(年率:4.5%~ 17.8%)

promise.3

場合によっては電話以外での在籍確認ができないこともあり!
しかし、せっかくなので紹介します♪

まず、申込をメールアドレスから送ります。
そして、プロミスからメールが届きます。
何も不備がなければそのメールに必要事項を記入して送るのですが、このときに注意です!
このときに必ず「電話以外での在籍確認を希望」という旨を記入してください!
提出書類に不備がある場合は、記載した本人の番号に電話がかかって来ますので、その際に伝えてください。
そのときに、電話以外での在籍確認を希望される理由を聞かれる場合がありますので、理由はあらかじめ用意しておきましょう。
例としては、「以前事務員の方が取り次いでくれなかったことがある」などです。

そして次にプロミスが指定する提出書類の概要です。

在籍確認に必要な提出書類
  • 運転免許証(※1)(※2
  • お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
  • 個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

※1 運転免許証をお持ちでない方は、健康保険証+1点(例:住民票)またはパスポートをご用意ください。
※2 外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。

提出書類はメールに添付して送ります。

また、指定の書類を提出しても、勤務先への在籍確認の電話が必要になる場合もあるそうです。
この場合も、まずはご自身に連絡を入れてからなので、いきなりではありません。
そういった心遣いはうれしいものです。

◆ま

トータル的に、手間がかからないのは『アイフル』です。
ですので、在籍確認を電話でされたくない場合はアイフルが一番オススメですね♪

「家族や知り合いの人にバレるきっかけナンバーワン」といっても過言ではない、「ローンカード」を発行せず利用できるキャッシング会社を紹介します。
カードレスで利用できるので、自分でも利用していることをつい忘れてしまうくらいの快適さがあります。
ぜひご検討ください。

つづいては、「カードレス」な業者です。

カードレス】で借入可能なところ!

通常、ローンやキャッシングに申し込むと「ローンカード」というものが発行されます。
しかし、それによって会社の人にバレてしまったり家族にバレてしまったら、ローンカード自体が良い印象は与えません。
そこで、カードレスでそういった心配もない便利なサービスを行っているオススメの業者を紹介していきたいと思います。

◆カードレスで契約書も郵送されない!
モビット】(年率3.0~18.0%)

mobitto3

カードレスで契約書類なども一切郵送されないサービスを受けるためには、モビットの「WEB完結申込」を行いましょう。
これはインターネットからの申込でキャッシングをすることができる大変便利な機能です。
これによって、さらに連絡などの心配がなくなります。
電話での連絡もかかってくることもありませんので、安心して申し込むことができますね。

まずは、申込の際に必要な書類を用意しましょう。

● 運転免許証・健康保険証などの写し
● 現在の収入を証明する源泉徴収票などの写し

これがあればOKです。

また、このサービスを受けるのに対象となるのが、

● 所定の銀行口座を持っている
● 社会保険証、もしくは組合保険証をお持ちの方

これが条件になっています。
利用する際は確認しておきましょう。
利用対象になっている方にはぜひ使ってほしいサービスになっています♪

◆カードの有無を選べる♪
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
(年率4.5~17.8%)

promise.3

プロミスの「WEB完結」で申込むとカードの有無の選択ができます。
カードレスを選びたい場合は、

● 口座振替による返済

を選び、「カードなし」を選択するだけです。
カンタンに申し込むことができますね。
また、プロミスはインターネットバンキングが利用できるので、上手く活用しましょう。
カードを申し込んだあとでも、インターネットを利用すればそこから借入や返済を行うことができます。
その際は、カード番号をひかえておきさえすれば、カードにハサミをいれて破棄してしまって構いません。
またインターネットバンキングを利用すると、手数料が無料です。
消費者金融の手数料が有料な場合が多い中、カードレス+手数料無料という「インターネットバンキング」は嬉しいですよね。

◆管理人の見解

カードの有無を選択できるキャッシングは少ないんです。。
カードレスへの移行は特に消費者金融が多いように感じます。
紹介した二つの『モビット』と『プロミス』も消費者金融ですし、そういったサービスのきめ細やかさは消費者金融の方が上手ですね。
特にカードレスが絶対条件になる人にとってはほかに選択肢がないですから。
カードレスで特にオススメなのは『プロミス』です。
選択することもできますし、金利も多少ですが低いです。
おまとめなどで利用する場合も金利は大切になってきますよね。
さらに手数料無料のところも用意されているので、そちらを利用できれば嬉しいです。
消費者金融の提携ATMは有料とされているところが多いですから、無料で利用できる方法を知っておいた方が良いでしょう。
また、プロミスの利用が初めての方は30日間無利息で利用できるサービスがあり、(メールアドレスの登録とWeb明細の登録が必須条件です)お得が何点かあるからです。
カードレスだけではなくそういった部分を考慮すると、プロミスをオススメします。

いかがでしたか?
カードレスをご検討の方は、消費者金融の中では「プロミス」がオススメという結果になりました。
自分の譲れないポイントをみつけ、自分に合った会社を選びましょう。
上記の二つもぜひご検討ください。
 
またこの二つに共通するのは、「周囲の人にバレたくない」という気持ちでしょう。
在籍確認で会社の人にバレたり、ローンカードで家族や友人にバレたりする恐れは十分に考えられます。
そこでもう一つの方法としては、郵送物を郵便局留めにする方法です。
実は「消費者金融限定」で郵送物を郵便局にとめておき、自分で取りに行くことが出来ます。(⇒【消費者金融限定】郵送物は郵便局留めで受け取ることができる
銀行カードローンは自宅に届いてしまうので、この方法が使えません。消費者金融ならではの裏技なので、ぜひ覚えておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする