1000円から借入OK・最低返済額が少ない

目的別にオススメの業者を紹介していきます。
今回は【1000円からでも借入が可能なところ】です。
1000円から融資に対応してくれるところは意外と少ないのです。
理由は、ズバリ・・・業者側が「めんどうくさいから」これにつきます。。
1000円から借入OKのところを詳しくみてカードローン選びの参考にしていただければと思います。

1000円でも借入OK】なところ!

キャッシングする際、最低金額をご存知ですか?
1万円~しかダメなところが多いと思っていませんか?
実は、私がそうでした。
なので1000円からキャッシングができるところが意外にあってビックリしてしまいました。

また、この記事をみているということは、「1000円単位で借りたい」という方です。
おおざっぱな人であれば「千円単位なんて面倒くさいから万単位で借りればいいでしょ!」と思うでしょう。
しかし、千円単位で借りようとしているということは、きっと真面目な人でしょう。
返済も1000円単位でしている堅実な人なのではないでしょうか。
そんな真面目な人が困っているときにはぜひ役立てていただきたいです。
4000円足りない!1000円単位で借りる方が後にじぶんのためになる!など、
もしものときも、計画的に借りたいときも、ぜひ参考にしてください♪
一覧で紹介します♪


消費者金融系・信販系キャッシング業者一覧

商品名 キャッシングできる最低金額
ATMの場合 銀行振込みの場合
プロミス
フリーキャッシング
1,000円 1,000円
アイフル 1,000円 1,000円
モビット 1,000円(※1 1円(※2
アコム 1,000円(※3 1,000円
ダイレクトワン 10,000円 10,000円
セゾンカード インターナショナル 1,000円 1,000円(※4
ACマスターカード 1,000円(※3 1,000円

※1 ATMによっては、最低借入金額10,000円の場合あり。
※2 1円単位の振り込みができるのは、電話で依頼した時のみ。
※3 ATMによって異なる。
※4 セゾンカードの引き落とし口座へ振り込みが可能。


消費者金融はわりと1000円からの融資にも対応してくれるようです。
金利が高いから融通が利くと思っておいてまず間違いないでしょう。
借りるという行為は同じですが、多少の融通は利かせてくれるのが消費者金融を利用する一つの要因のようです。
1000円単位であれば金利自体もそこまで大きな額にはなりませんし、こまめに借りてこまめに返すことができれば理想ですよね。
1000円単位の借入ができないと万単位になってしまうので、ちょっと足りないときなどに利用したいという方は消費者金融を検討してみてもよいかもしれません。


消費者金融の中ではこの二つがオススメ♪

銀行の傘下だから安心♪対応丁寧な
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)】(年率:4.5~17.8%)

promise.3

特にオススメはプロミスです。
なぜかというと、他の消費者金融は上限金利が18%ですが、わずかに低い17.8%という金利を提示しています。
また、他のサービスもかなり充実しています。
初回のみ30日間無利息サービス(メールアドレスの登録とWeb明細の登録をしなければいけない)がありますし、細かいところで融通をある程度利かせてくれるようなのです。
他にはないサービスがあるというわけではありませんが、同じ消費者金融の中でも差別化を図っている業者だと私は考えています。


銀行キャッシング一覧

業者名 キャッシングできる最低金額
ATMの場合 銀行振込み(他行へ)の場合
楽天銀行スーパーローン 10,000円 1,000円(※1
新生銀行カードローン レイク 1,000円(※2 10,000円
三井住友銀行カードローン 1円(※3 ×
みずほ銀行カードローン 1円(※3 ×
オリックス銀行カードローン 1,000円 ×
じぶん銀行カードローン 1,000円 ×
セブン銀行カードローン 1,000円 ×
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 調査中です、、 調査中です、、
大和ネクスト銀行 フリーローン × ×
千葉銀行カードローン(※4 1円 ×

※1 電話で振り込み依頼した時のみ可能。ネットからの振り込み依頼時は最低金額10,000円から可能。
また他行へ振り込みする場合、「返済時に使用する口座」に登録しておく必要があります。
※2 レイク・セブンATMのみ可能。それ以外のATMの場合は最低金額10,000円から可能。
※3 同行のATMの場合のみ可能。他ATM(コンビニ等)は1,000円単位で借り入れ可能。
※4 全国非対応、対応地域は「東京・千葉・埼玉・茨城」に在住、もしくは勤務されている方のみ。


銀行カードローンも、大手ほど1000円単位の融資に対応していますね。
カードローンと同じ銀行口座を持っていると可能になる場合もあり、口座を持っていることは利用していく上でより便利になる場合が多く、自分が持っている口座と照らし合わせてカードローンを選ぶのも一つの手だと思います。
中には口座を開設しなければならない銀行カードローンもあるくらい重要視しているところもあります。
また、銀行キャッシングは他の銀行口座への振込ができないところが多いので、注意してください。


テレビCMでもお馴染み♪
オリックス銀行カードローン】(年率:3.0~17.8%)

orixbank2

テレビCMで知る方も多いのではないでしょうか。
オリックス銀行カードローンは口座開設も不要なので、スムーズに契約することができます。
また、提携ATMが多くさらに無料で利用できるのはかなりポイントが高いです。
1000円から借入を行うということは、それだけATMを使う機会も多くなります。
しかし、1回ずつ利用手数料がかかる消費者金融などでは、気軽に借入や返済を行えません。
手数料は意外と大事なのです。
おまとめローンなどを利用していたらなおさらで、提携ATMは無料で利用できるのは必須条件として挙げている人も多いです。
オリックス銀行カードローンは、1000円からの借入もOK、提携ATMも多く手数料も無料、とたくさんの重要ポイントがそろったカードローン業者だと思います。


いかがだったでしょうか?このような結果になりました。
やはり1000円からでも借りれるのは消費者金融に多い傾向があります。
しかし、銀行カードローンも負けてはいません。
「手数料無料」というポイントはしっかり抑えています。
じぶんは何を優先的に必要としているか、考えてみてください。
そして上記の表もぜひ活用しつつ、納得のいく業者選びをしましょう!

続いては「最低返済額が少ない業者」についてです!


毎月絶対に返さなければならない「最低返済額」はできれば小さいほうが助かる!という方も多いと思います。
しかし、ただ最低返済額が低いからいいというわけではなく、「リボ払い」の重要なところを説明しながら、なにを基準に選ぶべきか考えていただければと思います。

最低返済額】で選ぶなら!

各社の最低返済額は以下の表のとおりです。
じぶんが検討しているカードローン会社がない場合は、HPなどでご確認ください。
ここでは大体の目安をわかっていただければと思います。

サービス・キャッシング 10万円 50万円 100万円
プロミス 4000 13000 20000
アイフル 5000 15000 30000
アコム 5000 15000 30000
モビット 4000 13000 26000
ダイレクトワン 4000 15000 30000
楽天銀行スーパーローン 3000 10000 20000
新生銀行カードローン レイク 3000 13000 21000
三井住友銀行 10000 10000 15000
みずほ銀行カードローン 10000 10000 15000
ジャパンネット銀行 10000 10000 20000
オリックス銀行カードローン 7000(30万円以下) 10000 20000
じぶん銀行 じぶんローン 3000 15000 27000
大和ネクスト銀行 フリーローン 10000 20000
千葉銀行カードローン 10000 10000 20000
横浜銀行カードローン 2000 10000 15000
富山銀行 3000 11000 23000
トマト銀行 2000 10000 16000
フタバ 2300 11500
イーキャンパス 2550 12750
キャンパス 2550 12750
アミーゴ 2550 12750

しっかり返していきたい人のための♪
オリックス銀行カードローン】(年率:3.0~17.8%)

orixbank2

最低返済額はそれほど低くないのになぜ?と思うかもしれませんが、これには理由があります。
それは、最低返済額が低く毎月それのみを返済していると、完済までに時間がかかってしまい長期間カードローンに縛られてしまうおそれがあるのです。
ですので、毎月キツくてもしっかり返していくことで結果的に早めの完済が見えてきます。
最低返済額が極端に低いのは、そういったリスクを考えておらず、損をしてしまうのは利用者たちなのです。
繰り上げ返済などをしっかり行う方は大丈夫ですが、理解できていない方は注意してください。
極端に低い最低返済額ではない「オリックス銀行カードローン」は、その点で安心できると判断しました。
特におまとめローンなどを利用して、最小返済額だけを毎月返していくと、完済できるのは何年後になるか?なども考えてみてください。
最低返済額だけを返していくわけではなく、繰り上げ返済などを行うのは少額でも多額でも変わりません。

最低返済額が低いのも大切、ちゃんと上がっているのも大切!特にオススメは
じぶん銀行カードローンじぶんローン】(年率:3.9~17.5%)

jibunbank3

特にオススメなのは、「じぶん銀行じぶんローン」です。
最小返済額も大事ですが、借入残高が上がったときにしっかり上がっているところもポイントです。
通称リボ払い(正式名称は残高スライドリボルビング方式などと呼びます)において、注意していただきたいのは、返済額が減っていっても最低返済額が上がらないと、一向に残高が減らず、返済が長期になることによって無駄な利息や時間がかかってしまうという点です。
上記の表でいうと、最低返済額が低すぎる業者があると思います。
それらが悪いわけではありませんが、最終的に返済長期化してしまったり余分な利息を払うことになってしまったら損をするのはあなたです。
これを踏まえて、借入額が上がるごとにしっかり返済額が上がっているところを選ぶことをオススメします。
最低返済額が小さいところを選ぶ場合は、余裕があるときはしっかり繰り上げ返済をして残高を減らしていく覚悟を持つことをオススメします。

絶対に最低返済額が低いところがイイときは
横浜銀行カードローン】(年率:1.9~14.6%)

yokohamabank2

絶対的な最低返済額の低さは「横浜銀行カードローン」がオススメです。
それも強みとしていますし、大手銀行カードローンに引けを取らない低金利も売りです。
申し込み条件で地域制限があり、「神奈川県内、東京都内、群馬県前橋市、高崎市、桐生市のいずれかに住んでいるか、勤務している人」とされていますので、当てはまる人は検討してみてください。
当てはまらない人は、残念ながら申し込むことはできません。
お得なポイントがそろっているので、地方銀行ですが圧倒的な実力があるので、利用者にも嬉しいサービスもそろっています。

※「最低返済額」で選ぶ際は、必ず注意点も抑えておいてください。

注意!実は最低返済額が少なすぎるとデメリットもある!

返済額が毎月少ないのは助かるかもしれません。
しかし・・忘れていませんか?
元金がある限り、利息はかかってきます。
仮に毎月の最低返済額が3000円で10万円借りていたとすると、単純計算で「約3年(33ヶ月)」かかります。
これに利息がかかってくるので、それ以上かかる計算になります。
10万円を3年以上かけて返済するのと考えると怖くないですか?
借りている額が大きくなれば最低返済額も上がりますが、あまり差はないので、とても長い時間がかかってしまいます。
つまり、最低返済額のみを返していると余分な利息を長い間払い続けることにもつながるのです。
完済まで何年かかるかわからないなんて怖いですよね?
これをしっかり理解しておいてください。
余裕があるときは繰り上げ返済を行い、少しでも早い完済を目指しましょう。

↓「残高スライドリボルビング方式」についての注意点・詳しくはこちら↓

意外と知らない!「リボ払い」怖がられてるけど、しっかり理解しよう!

【キャッシング】残高スライドリボルビング方式の落とし穴【返済】

いかがでしたか?
余裕がないときに最低返済額が少ないと助かりますが、良いところがあれば悪いところもあります。
しっかりと理解して、賢くカードローンを利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする