Q.外国人はカードローンを利用することができるのか?

日本を訪れる外国人観光客の方は、今や右肩上がりです。
日本としても、今や外国人観光客は決して無視できない存在です。
また、観光客としてではなく、日本で働き永住をしている外国人の方も多く見かけます。
そんな方もお金に困ることがあり、その際にカードローンが使えれば便利ですよね。
今回は、外国人もカードローンを利用することができるのか、検証していきたいと思います。

■外国人観光客はカードローンを利用できるか

smiling_couple

まずは、外国人観光客です。
日本に観光に来る外国人観光客の中には、観光ビザを使って来日する人、ビザなしで来日している人がいますが、現実問題として、どちらにせよ外国人観光客がカードローンを利用するのはほぼ無理、と言わざるを得ません。
制度上カードローン融資への道が閉ざされているのはもちろんのこと、貴重な来日の時間をカードローン申込に充てることが無駄です。

●外国人観光客はクレジットカードのキャッシング枠を

お金に困った外国人観光客であれば、手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用するのがいいでしょう。
外国で発行されたクレジットカードにもキャッシング枠があり、日本の銀行ATMやコンビニATMを使うことももちろんできます。
特にコンビニATMは朝早くから夜遅くまで稼働していますので、外国人観光客にとってはありがたい存在でしょう。
利用に改めて審査を受ける必要もないので、貴重な来日の時間を無駄にすることもありません。
自国で使っているクレジットカードの利用枠を使いましょう。わざわざ申し込む時間がもったいないです。

■永住している外国人はカードローンを利用できるか

gaikokujin_card

観光として日本を訪れているのではなく、仕事、もしくは永住している方についてはどうなのでしょうか。
大手消費者金融などを見てみると、どこも外国人不可としているところはありません。
よって、外国人でも申し込み可能という結論なのですが、外国人に立ちはだかる壁をクリアしなければなりません。

●日本語の読み書きができること

最初の条件として、日本語の読み書きができなければなりません。
どこの消費者金融でも、消費者金融と契約者本人が契約をします。
仮に配偶者貸付を利用するにしても、契約者本人が契約をしなければなりません。
インターネットや自動契約機での契約など、様々な契約方法がありますが、いずれの方法も契約者本人が契約書を読んで、それに同意しなければなりません。
日本語が不自由だからといって、通訳を介して契約することは認められていません。
契約書類に書かれている日本語は難しい言葉を使っていますので、それを理解するには結構な日本語力が必要ですね。

●長期間滞在する外国人であること

日本語が達者であったとしても、その人がすぐに本国に帰国するような人ですと、貸金業者としても貸し倒れのリスクが高いため、長期間滞在する外国人に申し込みが限定されています。
消費者金融のプロミスの公式ホームページでは、申込条件として、「外国籍の方は、『在留カード』または『特別永住者証明書』をあわせてご用意ください」と記載されています。
在留カードとは、中長期間日本に滞在する人向けに発行されるカードで、最長5年間有効です。
特別永住者証明書」とは、主に在日コリアンや在日台湾人を対象にしたカードです。
カードローンの申込の際には、通常の本人確認書類に加えて、これらの書類も用意しなければなりません。

●継続安定した収入があること

これら2つの条件に加えて、継続安定した収入があることも求められます。
この条件は、どのカードローンにも必ずついている条件ですが、「継続安定」の度合いが、日本人と外国人では異なる可能性があります。
外国人の方が厳しい審査をされる可能性が高いので、公的保険に加入されている方は、健康保険証や源泉徴収票を提示すると雇用や収入の証明になり、審査がスムーズにいきます。

■まとめ|外国籍だと条件が多い

いかがでしたか?
全く利用できないというわけではありませんが、外国籍の方がカードローンに申し込むのは様々な条件が必要になります。外国籍や外国人は別途で審査基準が設けられています。

・年齢制限
・安定した収入

に加えて、

・日本に住んで長い
・日本語の読み書きができる

など。
「ほぼ日本人」といえるほど日本に精通していないと厳しいということがわかりました。
様々な申込で感じることかもしれませんが、カードローンも例外ではありません。
書類を多く提出しなければならないこともあります。
それなりの覚悟はしておいてください。
外国籍の方は労働基準法や移民などの問題があるため、申込条件が分かれています。
しかし、日本で普通に生活していれば大丈夫という場合もありますので、気負いせず情報収集をしてから申し込んでみましょう。

カードローンは様々な人に便利になっています。
安定した収入などがあれば大きな問題はないと思われますので、ぜひトライしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする