圧倒的低金利【住信SBIネット銀行 MR.カードローン】を徹底解剖!

住信SBIネット銀行MR.カードローンはいまや絶大な支持を得ているカードローンです。
旧名称は「住信SBIネット銀行ネットローン」です。
どういった概要でなぜこんなにも人気があるのか?
その人気の秘密を項目別に紹介していきたいと思います。
金利や限度額、申込み方法から返済方法に至るまで、客観的にどうかという視点を大切にしながら紹介していきます。
また、メリットだけでなくデメリットまで徹底的に比較・分析していきますので、最後までお付き合いください。

目次
◆住信SBIネット銀行とは
◆メリット
◆デメリット
◆金利
◆限度額
◆申込方法・審査時間
◆おまとめローン
◆無利息期間
◆返済方法
◆返済方式
 

住信SBIネット銀行とは

住信SBIネット銀行とは、2007年に住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資してできた、まだ新しい銀行です。
銀行の中では新米なのですが、JCSIが実施する顧客満足度調査で3年連続銀行部門第1位という確固たる実績を持つことから、かなり注目されている銀行なのです。
ネット銀行というのは、実店舗を持たずネットの中にある銀行のことで、他に有名なネット銀行は「じぶん銀行」や「ソニー銀行」、「イオン銀行」などがあります。
そのため、自前の店舗やATMはほとんど持っていません。
しかし設備にかかる費用や人件費もかからないため、その分を預金金利を高く設定したり、手数料を安くするためのサービスに回したりと、お客様目線で運営している銀行です。
顧客満足度が高く、みんなに評価されている理由が、少しわかった気がしますね。

そんな住信SBIネット銀行が運営するカードローンが「MR.カードローン」です。
銀行のカードローンなので、総量規制の対象にはならず、年収の3分の1以上の借入も可能です。
余分なものはなくし、金利を低く抑え、お客様の立場になって考えられている商品になります。

MR.カードローンには、「プレミアムコース」と「スタンダードコース」があり、それぞれのスペックは下記のとおりです。

コース名 実質年率 限度額 収入証明書
プレミアムコース 0.99~7.99% 10~1,000万円 限度額300万円超の場合は収入証明書が必要
スタンダードコース 8.99~14.79% 10~300万円 収入証明不要

今回紹介するのは「プレミアムコース」についてです。

メリット

住信SBIネット銀行のMR.カードローンには以下のようなメリットがあります。

1◆金利が低い
2◆SBI利用者には金利を優遇してくれる
3
◆おまとめローンとしてもオススメできる
金利が低い

yoyuu_men

銀行カードローンで金利が低いのはよくある話ですが、その中でもダントツで低いのが『住信SBIネット銀行 MR.カードローン』です。
実質年率は0.99~7.99%。
特に大事な上限金利をとってみても、格段に低いのがわかります。
法律で決まっている実質年率の上限は18.0%です。
ここまで下げちゃって大丈夫なの!?とこっちが心配になってしまうくらいの低さ。
JCSIの顧客満足度3年連続1位の理由がわかる気がしますね。

SBI利用者には金利優遇

odoroki_men

ネット証券のSBI証券に口座がある人、または住信SBIネット銀行の住宅ローンにローンが残っている方は、基準金利よりさらに0.5%金利が下がります。
ただでさえ低金利なのにさらに!?と驚きますよね。
ネット銀行によくみられるのがこういった共同出資している会社の強味を活かしたメリットです。
さらにお得に利用できるなんて、こっちとしては嬉しい限りですね。

おまとめローンとしても良い!

yattazeyossya

金利が低く、限度額が高く、総量規制の対象外です。
これはおまとめローンとしても最適ですよね。
もちろん、「他社からの借入もOK」です。
他社に借入があるという理由で審査に落ちることもありませんし、おまとめローンとしても利用できるなんて、最高ですね。

デメリット

メリットは、おまとめローンとしてもカードローンとしても最高のスペックを持つMR.カードローンですが、もちろんメリットだけではありません。
デメリットも包み隠さず紹介します。

◆審査が厳しい

住信SBIネット銀行 MR.カードローンは、誰にとっても魅力的な金利ですし、審査に通過できるなら絶対ココがいい!ですよね。
しかし、世の中は厳しいものですね。
ご想像のとおり、審査が厳しいんです。
ですので、利用できる人は限られてきます。

具体的には、勤続年数が1年以下といった短い方や、正規雇用でない方は、借入は厳しいです。
おまとめローンとしても優れているので他社の借入は多少あっても借入は可能です。
しかし、やはり勤続年数や収入、属性に要注意ポイントが多い場合は断られてしまいます。

◆融資までに時間がかかる

申込みから仮審査までは数時間でできるようですが、その後の本審査から融資可能な状態になるまでに関しては数日間かかってしまうようです。
非常にスムーズにいった場合は即日融資も可能になるようですが、限度額300万円超は必要書類などの提出もありますし、全体的に1週間前後はかかってしまいます。
そのため、即日融資に向いていないカードローンです。
急ぎの際は候補に入らないでしょう。

◆申込み方法や返済方法の種類が少ない

後ほど詳しく紹介しますが、申込み方法や返済方法が他社に比べると少ないです。
申込方法はネット申込みのみです。
ネット銀行なので当然と思う方もいらっしゃると思いますが、他社は店舗・自動契約機・電話でも申込ができます。
しかし、ネット申込みに限られるので、それ以外に選択肢がないのは少し不便ですね。
また、返済方法は自動引き落としのみで、返済日も任意で決めることはできません。
銀行系が多く対応している「Pay-easy(ペイジー)」にも対応しておりません。
追加返済はネットとATMで可能になっています。

大体の内容がわかってきたところで、思わぬデメリットが露呈してしまいましたね。
住信SBIネット銀行MR.カードローンは金利が低く、おまとめローンにも最適で大変魅力的なローンです。
しかし一方で、審査に厳しくスピードは見込めず、申込みや返済方法の選択肢が少ないので、利便性としては劣っているという印象になってしまうのも仕方ないでしょう。

金利

  業者名 金利 遅延利率・遅延損害金
銀行 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 0.99~7.99% 20.0%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6~14.6% 14.6%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 19.9%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
アコム 4.7~18.0% 20.0%
信販 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 20.0%

※ 金利、遅延損害金はすべて実質年率です。

住信SBIネット銀行MR.カードローンの金利は年率0.99~7.99%です。

これをどうみるかというと、まず下限金利をみてみましょう。
下限金利は0.99%なので、限度額(最大)を考えると、わりと一般的です。
特別に低くもなく、特別に高いわけでもなく、妥当といったところでしょう。
注目するべきは上限金利でしょう。
上限金利は7.99%と、一般的な銀行カードローンの金利は14~15%なところを考えると、かなり低いのがわかります。
消費者金融にいたっては、18%が当たり前ですから、ここから比較すると上限金利はかなり魅力的なようです。
他の銀行カードローンよりも5%低いとして、年間100万円借りたら5万円の差が発生します。
消費者金融にいたっては、同じく年間100万円借りたとすると、10%の差があるので10万円も変わってくる計算になります。

また、通常は借入額が少ないほど金利が高くなってしまいますが、住信SBIネット銀行MR.カードローンは、適用範囲が広いため、10~100万円まで同じ金利が適用されます。
細かい適用金利に関しては下記の表を参考にしてみてください。

適用金利(2016年10月1日現在)

ご利用限度額
基準金利
所定の条件を満たす
お客さまの適用金利(※)
10万円以上~100万円以下
7.99
7.39%~7.89
100万円超~200万円以下
6.39%~6.99
5.79%~6.89
200万円超~300万円以下
5.29%~5.99
4.69%~5.89
300万円超~500万円以下
4.99
4.39 %~4.89
500万円超~700万円以下
3.99
3.39 %~3.89
700万円超~900万円以下
2.99
2.39 %~2.89
900万円超~1,000万円以下
2.49
年0.99 %~2.39

【スタンダードコース】

ご利用限度額
基準金利
所定の条件を満たす
お客さまの適用金利(※)
10万円以上~100万円以下
14.79
14.19%~14.69
100万円超~200万円以下
11.99
11.39%~11.89
200万円超~300万円以下
8.99
8.39%~8.89

※審査の結果によってはご希望に添えない場合もあります。

さらに驚くべきことに、SBI証券に口座がある、または住信SBIネット銀行の住宅ローンにローンが残っている場合は基準金利から0.5%優遇されます。
もともと低い金利からさらに下がるのは嬉しい限りですね。
口座を持っている人にもかなりお得なのです。

限度額

  業者名 限度額 金利
銀行 住信SBIネット銀行 MR.カードローン(プレミアムコース) 10~1,000万円 0.99~7.99%

  業者名 限度額 金利
銀行 みずほ銀行カードローン 10~1,000万円 3.5~14.0%
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
10~1,000万円 2.5~18.0%
三井住友銀行カードローン 10~800万円 4.0~14.5%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 30~800万円 3.0~16.8%
アコム 1~500万円 4.7~18.0%
SMBCモビット 1~800万円 3.0~18.0%

限度額を他社と比較してみても、トップレベルです。
住信SBIネット銀行 MR.カードローンの借入限度額は10~1,000万円です。
銀行カードローンの限度額は大体500~800万円が主流で、1,000万円はなかなか少ないです。
限度額いっぱいになることはなくても、多いほうが安心して利用できますよね。
また、住信SBIネット銀行MR.カードローンは銀行カードローンなので、総量規制の対象にはなりません。
そのため、「借入額が最大年収の3分の1まで」という規制は適用されず、年収の3分の1以上の借入もOKになります。

申込方法・審査時間

  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 住信SBIネット銀行 MR.カードローン(プレミアムコース) インターネット

最短即日

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

数日 ×

  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 新生銀行カードローン レイク インターネット
自動契約機
電話
郵送
即時 最短即日 4
三菱東京UFJ銀行カードローン インターネット
テレビ窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 4
三井住友銀行カードローン インターネット
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 ×
消費者金融 アコム インターネット
むじんくん
店頭窓口
電話
郵送

最短30分

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

最短1時間 4
SMBCモビット インターネット
ローン申込機
電話
郵送

最短30分

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

最短即日 3
プロミス インターネット
プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送

最短30分

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

最短1時間 3

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

申込方法

まず、住信SBIネット銀行MR.カードローンの申込方法はネット申込以外にありません。
店舗がないためなのですが、他の銀行や消費者金融である自動契約機、電話や郵送といった方法もないため、一見不便に感じます。
しかし、インターネットでの申込は店舗に来店しなくても済み、簡単にできてしまうので、一番人気がある申込方法なのではないでしょうか。
申込み自体は一度のみなので、それほど不便に感じることはないでしょう。
この記事もネットでみているわけですからね。

申込みの流れ

Web申込

仮審査

メール連絡

(借入希望額が100万円以上の場合)
収入確認書類の提出

本審査

口座開設(※必須です)

審査時間

最初の仮審査を営業日の17:00までにしておけば、数時間以内には連絡がきます。
(条件が厳しい人や100万円以上の融資を希望する場合、曜日や混雑状況によります。)
この仮審査のあとに本審査が控えています。
仮審査はWebで属性情報(年齢・収入・勤続年数)、信用情報(他社からの借入額や件数)などを入力します。

融資までの時間

本審査は仮審査が終わってから行われるので、結果が出るのは数日後です。
内容としましては、勤務先への在籍確認などで、それ自体に時間はかかりません。
ただ、100万円以上を借りる場合は収入確認書類などを郵送する時間も必要になるため、1週間ほどかかると考えておいた方が良いでしょう。

お試し審査

中にはいくつかの項目に答えるだけで簡単に診断してくれるお試し審査などがあるところもありますが、住信SBIネット銀行MR.カードローンはありません。

おまとめローン

  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 住信SBIネット銀Mr.カードローン
(プレミアムコース)
対象外 0.99~7.99% 10~1,000万円
みずほ銀行カードローン 対象外 3.5~14.0% 10~1,000万円
三井住友銀行カードローン 対象外 4.0~14.5% 10~800万円
消費者金融 アイフル おまとめMAX 対象外 12.0~15.0% 1~500万円 120
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 対象外 6.3~17.8% 1~300万円 120
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 対象外 7.7~18.0% 1~300万円 162

住信SBIネット銀行 MR.カードローンがおまとめに使えるかみていきましょう。
おまとめ専用のプランはありませんが、おまとめローンのとして利用することもでき、さらにかなりオススメです。
公式ホームページでも「借り換えOK」とあります。

おまとめにおすすめできる理由

● 総量規制の対象外
● 金利が低い(0.99~7.99%)
● 限度額が高い(10~1,000万円)
● 返済回数の制限がない

総量規制の対象外・限度額が十分で、金利は最高でも2.49~7.99%と低金利で、借り換えるといまより金利が低くなる可能性が十分にあることから、これほどまでにおまとめローンに向いているものはないのではないでしょうか。

返済回数の制限があれっば、高額なおまとめローンの利用は難しくなりますが、住信SBIネット銀行MR.カードローンは実質返済回数の制限はありませんので、考えなくて大丈夫です。
しかし、心配するべきは審査に通ることです。
住信SBIネット銀行MR.カードローンはかなり審査が厳しいようなので、自信のある方は申し込んでみてください。
厳しい審査の先には確実なお得があります。

無利息期間

  業者名 無利息期間
銀行 新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
ノーローン 借入日の翌日から7日間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回のみ)

住信SBIネット銀行 MR.カードローンには、無利息サービスはありません。
借りる日数が短い場合や、無利息期間があるところで借入をしたい場合は、上記の表にある消費者金融・銀行カードローンを利用しましょう。

返済方法

  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 住信SBIネット銀行 MR.カードローン(プレミアムコース)(※2) 5日 セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
非公開 口座引落

  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン
(※2)
1日
12日
20日
27日
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料 口座引落
振込み
新生銀行カードローン レイク 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
新生銀行
無料 レイクATM
口座引落
振込み
オリックス銀行カードローン 10日
末日
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
振込み
消費者金融 アコム 35日ごと
毎月指定日(任意)
6日(口座引落)
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
店頭窓口
アコムATM
口座引落
振込み
プロミス 5日
15日
25日
末日
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
(三井住友銀行は手数料無料)
店頭窓口
プロミスATM
口座引落
振込み
コンビニ
(※3)
ノーローン 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 新生銀行
イオン銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
レイクATM
口座引落
振込み

※2 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる
※3 ローソン、ミニストップ、ファミリーマート
※4 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合

返済方法

住信SBIネット銀行 MR.カードローンの利用者は、必ず同行に口座を持っています。
もし、持っていない場合は申込の際に作ることになります。
返済はこの口座から自動引落です。
繰り上げ返済もここから行われます。

口座の残高が足りないと延滞になってしまうので、期日までに必要額を入金しておかなければなりません。

返済期日

毎月の返済期日は毎月5日です。
選択したり、自由に設定することはできません。
ただし、繰り上げ返済はいつでもできます。

インターネットバンキングによる返済

住信SBIネット銀行 MR.カードローンは、ネット支払いシステムの「Pay-easy(ペイジー)」には対応していません。
ペイジーは365日24時間ネット上での返済が可能なので大変便利で多くの銀行や消費者金融が対応しているので、その点は残念です。

繰り上げ返済

毎月の自動引き落としのほかに、繰上げ返済することも可能です。
パソコンやモバイルサイトからログインし、「随時返済」を選択すると住信SBIネット銀行の自分の口座から指定した額が返済に回されます。
ちなみに、随時返済は提携ATMからも可能ですが、全額返済はパソコンやモバイルサイトからのみ可能です。

返済方式

  業者名 返済方式
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン 残高スライドリボルビング
三井住友銀行カードローン 残高スライド
みずほ銀行カードローン 残高スライド
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 残高スライドリボルビング
楽天銀行スーパーローン 残高スライドリボルビング返済
元利込定額返済
消費者金融 アコム 定率リボルビング
プロミス 残高スライド元利定額返済
SMBCモビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
アイフル 残高スライド元利定額リボルビング
オリックスVIPローンカード 新残高スライドリボルビング返済
元利込定額リボルビング返済

住信SBIネット銀行カードローンの返済方式は残高スライドリボルビング方式です。
残高スライドリボルビング方式とは、借入残高によって毎月の返済額が決まるしくみで、多くのカードローン会社、キャッシング会社が採用しているものです。

住信SBIネット銀行カードローンの場合、返済額は前月末の借入残高に応じて決められています。
借入残高に対する返済額は下記の表をご覧ください。
例えば、最初の月に250万円借入したとすると、返済額は4万円です。
そして借入残高が195万円になったとすると、最低返済額は3万円になります。
つまり、借入残高が減るごとに返済額も減ってきます。
これはメリットに感じるかもしれませんが、デメリットもあります。

メリット

● 毎月の返済額が一定で分かりやすい
● 残高が減ると毎月の返済が楽になる

デメリット

● 返済期間が長くなる
● 繰上返済をしないと支払利息がふくらむ

この返済方式の重要なポイントは、返済額が少なくなってきたら、できるだけ多く繰上げ返済をすることなのです。
残高が減るごとに返済額が少なくなる=その分支払期間が長くなるので、返済が長期化すればするほど、利息も多く払うことになります。
指定されている金額はあくまでも「最低返済金額」なので、余裕がある時になるべく繰り上げ返済を行い、余分な利息を払わないようにしましょう。

残高1万円超50万円以下 1万円
残高50万円超100万円以下 2万円
残高100万円超200万円以下 3万円
残高200万円超300万円以下 4万円
残高300万円超400万円以下 5万円
残高400万円超500万円以下 6万円
残高500万円超600万円以下 7万円
残高600万円超700万円以下 8万円
残高700万円超800万円以下 9万円
残高800万円超900万円以下 10万円
残高900万円超 11万円

一般的にリボ払いと呼ばれるこの返済方法の注意点や詳しい紹介は

こちら
(⇒● 意外と知らない!「リボ払い」怖がられてるけど、しっかり理解しよう!)
(⇒● 【キャッシング】残高スライドリボルビング方式の落とし穴【返済】

でも紹介しています。
返済額が減ると最低返済額も減るので、長期化して利息を払い過ぎてしまわないように注意してください。
それをしっかり理解していれば、この返済方法は非常にメリットのあるものだと思います。

《その他住信SBIネット銀行MR.カードローン記事まとめ》

【住信SBIネット銀行】MR.カードローン 金利が下がる条件・優遇まとめ
【住信SBIネット銀行カードローンを利用した声、届いてます】口コミまとめ
【住信SBIネット銀行MR.カードローン】Q&Aまとめ
【住信SBIネット銀行MR.カードローン】を3分で理解
【検討中の方】住信SBIネット銀行カードローンの審査通過率・審査難易度
住信SBIネット銀行MR.カードローン「プレミアムコース」の審査通過できる人を検証
【住信SBIネット銀行】Visaデビット付きキャッシュカードは機能てんこ盛り!
住信SBIネット銀行MR.カードローンの金利優遇が得られる「SBIカード」は得なの?
【住信SBIネット銀行カードローン】の在籍確認どんな感じ?

【住信SBIネット銀行MR.カードローン体験談】

住信SBIネット銀行MR.カードローンでおまとめしたら、ガクンと低金利に【体験談】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする