おまとめローン審査の影響を職業別にそれぞれ調べてみた

カードローンの審査に職業は影響するのでしょうか?

もし影響するとすればどのような職業が有利になり、
どんな職業が不利になってしまうか知りたいですよね。

そうすれば、審査に通らない可能性が高い業者に申込んでしまうという、
非効率な作業を防ぐことができます。

今回はそんなカードローンの審査と職業について解説します。
おまとめローンをするときの基準の参考にしてみてください。

■職業によって審査に有利不利がでるのか?

denwa_men
結論から言ってしまうと、カードローンの審査では職業によって審査に有利不利があります。

その理由は、審査が「スコアリングシステム」だからです。

スコアリングシステムとはひとことで言えば、
あなたの返済能力を採点化するプログラムのことです。

属性」と呼ばれる職業や年収、継続年数、借入金額・件数などを採点化して、
その点数によって、審査の合否や融資額などを決定しているのです。

そのため、職業によって高い点数がつく場合と、低い点数がつく場合があるんですね。

そうした理由から、職業次第では審査に有利になったり、
逆に不利になってしまうこともあります。

もちろん、職業だけで審査の合否が決まるわけではありませんが、
影響を受けていることは間違いありません。

では、どのような職業の点数が高く、または低くなっているのでしょうか?

各社のスコアリングに関しては完全ブラックボックスなため、
確実とはいえませんが、おもに以下のような評価になっていると言われています。

※採点は星5段階で多いほど高くなります。

■公務員

win_men

スコアリングの採点:★★★★★

公務員はスコアリグの採点がもっとも高いとされています。

なにしろ国に雇われているのですから、倒産の危険もありませんし、
リストラにあう可能性もほぼありません。

非常に安定しているため、どこの業者でも高い評価になるでしょう。

■医師・弁護士

two_human

スコアリングの採点:★★★★★

医師や弁護士などの国家資格が必要な職業も、非常に評価が高いとされています。

こうした資格をもっていれば食べていくのに困りませんし、
収入も一般のサラリーマンよりも高くなる傾向にあります。

審査にも有利に働くでしょう。

■サラリーマン・OL

megahon_women

スコアリングの採点:★★★★
サラリーマンやOLも評価は高めです。

その理由は安定性になります。

とくに大企業の社員ほど評価が高いです。

中小企業であってもリストラされることはそうないですし、
毎月安定した給料をもらうことが可能になります。

こうしたことから、安定性があると見なされ評価が高くなります。

■自営業者・個人事業主・会社経営者

smile_men

スコアリングの採点:★★★

自営業者や個人事業主、会社経営者の評価はやや低いです。

理由としては収入が不安定だからです。

こうした職業はサラリーマンのように、毎月の収入が確約しているわけではありません。

毎月収入が大きく変動しえしまう可能性があります。

今いくらか収入があろうが、半年後には倒産して収入ゼロ、
なんてことも珍しくはないんですね。

カードローンの審査は収入が多いか少ないかよりも、
「収入の安定性」が重要視されています。

自営業者や個人事業主、会社経営者は収入の安定性に欠けるため、
その分、スコアリングの点数は低くなってしまうんですね。

■派遣社員・パート・アルバイト

mosimosi

スコアリングの採点:★★

派遣社員・パート・アルバイトは短期雇用です。

そのため、収入の安定性に欠けると見なされてしまい、
スコアリングの採点は低くなります。

正社員と違って簡単に辞めることもできまし、
継続年数も短くなりがちです。

審査には継続年数も重要視されていますので、
これらの職業はどうしても評価が低くなります。

■水商売

nayamu_women

スコアリングの採点:★★

水商売は人の移り変わりが激しい職業です。

ひとつの職場に何年も勤めるという方は、珍しいのではないでしょうか。

高収入の方も多いかと思いますが、どうしても不安定と見なされてしまうため、
スコアリングの採点は低くなります。

■学生・専業主婦

machiwomiorosuoyako

スコアリングの採点:★

学生・専業主婦はもっとも評価が低くなります。

そもそも、これらの方は収入がありません。

当然、業者も収入のない方に融資することはできません。

もちろん、学生であればアルバイト収入、
専業主婦であれば配偶者に収入があればOKという業者もあります。

それでも、スコアリングの採点が低くなるため、
審査は厳しくなりますし、高額の借入れはまずできません。

■採点が低い職業は審査の厳しい業者を避けるのが得策

kanngaeru_women2

誰もがなるべく、条件のよい業者のカードローンを利用したいですよね。

条件のよい業者というのは金利が低く、限度額が高い業者です。

しかし、条件がよい業者ほど審査は厳しくなります。

なかには年収や勤務年数の制限がある業者もあります。

職業によっては審査に通るのがむずかしい業者もあるんですね。

スコアリングの採点が高くなる職業であれば、
審査が厳くても、好条件な業者を選ぶのがいいかと思います。

一方、スコアリングの採点が低くなる職業の方は、
審査の厳しい業者はおすすめできません。

カードローンの審査はいろいろ記入項目が多いですし、
審査中は電話の前で待機している必要があり、けっこう労力がいります。

それにもかかわらず審査に通らないと、精神的ダメージが大きいんですね。

なるべくなら、バッシと一発合格したいところ。

そのためにも、自分の職業の評価を理解した上で、
審査に通る可能性が高い業者を選ぶのが重要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする