スピード審査・即日融資

目的別にオススメの業者を紹介していきます。今回は「スピード審査・即日融資」というテーマです。
とにかくスピードを重視している方、いますぐに借りたい方、そんな方のための記事です。
お金を借りようとする人の多くは、キャッシュフローの把握やお金の使い方に対する計画性に問題を抱えていることが多いです。そのため、緊急にお金を必要とする即日融資を希望する利用者は非常に多く、即日融資というからには、土日祝日だろうが何時だろうが融資を受けたいというのが本音だと思います。
カードローンですら即日融資に対応しているところは貴重です。
おまとめローンで即日に対応してくれるところは果たしてあるのでしょうか?
そこで必要となってくるのが今回シェアさせていただく「即日融資のためのカードローン利用テクニック」です。
備えあれば患いなし。正しい知識さえあれば、いざという時に慌てることもなくなります。合わせてぜひご利用ください。

最短何分で融資が受けられるか?

即日融資で重要視する1つ目のポイントが「審査時間」です。消費者金融で融資を受ける際に気を付けなければいけないのが、審査の「受付時間」と、利用者の借り入れ状況や、債務状態などを審査する「審査時間」。

受付時間はほとんどの消費者金融が21時までとなっており、審査時間は最短30分というのが一般的です。モビットは例外で、「10秒で簡易審査結果表示」というスピード審査が可能となっているので、審査時間だけで判断するのであれば、モビットに軍配が上がります。

決められた時間までに必要書類などは準備しておきましょう。審査時間も同様に、所要時間には個人差があるため、最短審査時間はあくまで目安とし、長引くケースも考慮しておきましょう。

カードローンを組む際に必要な書類とは一般的に下記の3つです。

1:本人確認書類(免許証・健康保険証など)
2:在籍確認書類(会社からの給与明細・社員証など)
3:収入証明書(源泉徴収票・納税証明書・給与明細など/通常50万円以上の借り入れの際に必要)

まとめると・・・

・受付時間までに準備(必要書類の提出や審査)を済ませておく
・審査時間は最短30分
・モビットなら10秒で簡易審査結果表示

無人契約機はあるか?

大手の消費者金融の多くは、無人契約機を全国に設置しており、下記の手順を踏む事で即日融資を受けることが可能になります。コンビニATMと提携している会社もありますので用途にあわせて検討すると良いでしょう。

1:ウェブで申し込み手続き+書類提出~審査までを済ませておく
2:営業終了時間までに無人契約機にてローンカードを発行する
3:融資を受ける

という簡単3ステップです。多くの消費者金融は「自社の無人契約機」を全国に設置しているのに対し、ノーローンだけは「レイクの無人契約機」を利用するという形式をとっています。

低額なら審査がおりやすい

貸金業法の改定により、50万円以上の借り入れまたは合計での借入額が100万円以上の場合、収入を証明する書類が必要となってきます。当然審査にも時間がかかるので、50万円以下であれば、審査もよりスピーディに行われます。

◆意外と手こずる?在籍確認の対処方法

実は一番厄介なのが在籍確認かもしれません。消費者金融会社は、書類に記載された会社に本当に属しているかどうかを確認する必要があるのですが、会社が営業時間外だと、確認がとれません。当然在籍確認が通らなければ審査も通らないので、即日融資を受けることが出来なくなります。

大手消費者金融での借入を検討されているのであれば、在籍確認の問題なら、営業時間外でも問題のない書類提出在籍確認を行ってくれるアイフルで決まりです。もちろん絶対ではありませんので、通らない可能性も考慮しておく必要があります。詳しくはカスタマーサービスのオペレーターに相談してみるのが良いでしょう。

◆「即日」を最重要視するのであれば・・・

銀行のカードローンではなく、信販会社または消費者金融会社の借り入れを検討すべきです。金利は高めですが、銀行よりも審査が緩く、比較的すぐに借り入れを行うことが出来るからです。

どの会社の審査が緩いという情報は、正直あてにはなりません。審査は個人の審査対象の内容によって異なるからです。ただ、注意点としては、同時期に何社も申し込むのだけは避けるようにしてください。

貸付を行う方からすると、こういった利用者は、すぐにでもお金を必要としていることがバレバレなので、無計画性や精神的に追い詰められている状況が手に取るようにわかります。そういった利用者に貸し付けを行う業者は、通常ありません。返済される可能性が低いからです。

上記のような行動は、ブラックリスト入りされる可能性が考慮されるので、1社に絞り、審査に通るような条件をそろえて申し込みを行うようにしましょう。

◆総量規制をはじめとした事前対策も手を打っておく

貸金業法の改定により、総量規制(年収の3分の1以上の貸付不可)に引っかかると審査というよりも借り入れ自体が行えません。他にも、債務整理歴や、事故歴(3か月以上の返済延滞など)があれば、即日融資どころか、審査の通過自体が難しくなってきます。自分が即日融資を受けられるかどうかは、これらの情報を知っておけば事前にある程度予測する事は可能です。

申込・審査を〇〇時までに終わらせろ!

すべての業者に共通することではありませんが、即日融資に対応している業者は多くの場合「この時間までに申込と審査を終わらせておくこと」という暗黙のルールがあります。
その時間とは業者によって異なるのでざっくりいうと、14時くらいです。
銀行窓口は15時に閉まります。これも関係しています。
消費者金融、例えばアコムは即日融資に対応していて時間の早さに力を入れていて、実際その日のうちに融資してもらえます。
そのアコムも、基本14時を目安にしています。
アコムの場合、自動契約機がありますので、それ自体の営業時間によっては18時までのところもありますが、それは特例でしょう。

多くの場合は14時から長くても14時50分までに申込と審査を終わらせておくことが条件になります。
また、それは混み具合にもよりますし、状況次第にはなりますので、即日融資を受けるには余裕を持った申込が必要です。
審査時間「最短30分」や最短融資時間「即日融資可能」など書いてあるところは多いですが、こういった「暗黙の了解」を理解しておくのは非常に大切になります。
これを理解していないと、ただやみくもに申し込んで「即日融資できなかったじゃないか!怒」となってしまいます。
また、暗黙のルールは業者次第ではあるので、事前に調べることをオススメします。
傾向としては、消費者金融は即日融資ができるところが多いです。
銀行カードローンで即日融資可能だと「貴重」となります。
融資までに数日かかってしまう銀行カードローンも多いので、即日融資となっているところはそこまで審査が厳しくない、と考えることもできますね。

スピード審査・即日融資】のオススメ業者はココだ!

消費者金融のスピードの亡者!【アコム】(年率:4.7~18.0%)

acom2

は・じ・め・て・の♪アコム♪ でお馴染みの大手消費者金融「アコム」。
アコムの売りはなんといっても「スピード」です。
消費者金融は特にスピードを重視される方の利用が多く、スピードの王者といってもよいのではないでしょうか。
上記で紹介した通り、自動契約機によっては18時までに申込のところもありますが、基本14時までの申込・審査が必要になります。
スピード命のアコムでさえ14時までに様々な準備を終わらせておかなくてはいけないので、ここは多くのところの共通に近いでしょう。

いいとこ尽くし♪管理人が消費者金融の中で最も勧める
プロミス】(年率:4.5~17.8%)

promise.3

消費者金融といえばアコムという印象がありますが、実は一番お得な消費者金融は「プロミス」だと管理人は確信しています。
というのも、ポイントは3つ。
1つ目は、消費者金融ならではの審査・融資スピードです。
融資に関しては最短1時間です。(ご希望に添えない場合もあります)
即日の融資にも対応していてスピードも早い!
2つ目は、消費者金融の中で上限金利が一番低いところです。
他のところは18%ですが、プロミスは17.8%と唯一下げているのです。
そして、それだけではありません。3つ目に、初めての方限定で30日間金利ゼロサービス(メールアドレスの登録とWeb明細の登録が必須)があるのですが、プロミスの強みはその期間が始まるときにあります。
多くのところは「契約日」としており、契約した時点で融資を受けなければ無利息期間はどんどん短くなってしまいます。
極端にいうと、契約して30日後に借入をしたら無利息期間は0日です。
それに対してプロミスは、「借入日」から計算してくれるので、安心して無利息期間をフルで使えます。
こういった要素から、管理人は消費者金融の中では「プロミス」が一番オススメです。

安定収入のある自営業の人・誰にも知られたくない人向け♪
モビット】(年率:3.0~18.0%)

IMG_27062016_195518

スピード以外の強みがあるのは「モビット」です。
カードローンは基本的に事業資金として使用するのは禁止されていて、自営業の方(安定した収入のあるかた)は基本的に断られてしまうのですが、モビットはOKとしています。
そしてしっかり審査して判断しますし、融資にも時間をかけません。
また、電話での在籍確認を相談次第して書面に変更してくれたりもするので、周囲や家族にバレたくない人にもオススメの業者です。
スピード以外にも強みがあるのは嬉しいですよね。
モビットは郵便物をなくすこともできるので、カードローンを利用していることが秘密な方はぜひモビットをご検討ください。

おまとめ専用ローンあり【アイフル】(年率:4.5~18.0%)

aihuru.2

アイフルのスピード以外の強みは、「おまとめ・借り換え専用ローン」を設けていることです。
おまとめローン専用の「おまとめMAX」(年率:12.0%~15.0%)と、
借り換えローン専用の「かりかえMAX」(年率:12.0%~17.5%%)があります。
おまとめMAXは、アイフルを利用したことがある、または利用中の方のための一本化ローンです。
かりかえMAXは、初めてアイフルを利用する方のためのローンです。
特別低金利ではなく、むしろ高い部類に入りますので、アイフルは「最終決断」といってよいでしょう。
アイフルがあるという安心感にもなります。

ネット銀行ならではのスピード!
じぶん銀行じぶんローン】(年率:3.9~17.5%)

jibunbank3

じぶん銀行は、UFJとKDDIが共同出資してできたネット銀行です。
ネット銀行なのでインターネットでの申込になります。
それも速さのポイントではないでしょうか。
審査時間・融資時間も、「最短即日」と表記されています。
先ほど説明した14時までというルールのもと、審査などがすべてスムーズにいけば即日融資も可能です。
ネット銀行なので混み具合がわからないという難点がありますが、見方を変えると、対面では時間がかかりがちな申込や審査も、インターネットだから早い処理が可能になるともいえます。
審査してからでないとわからないのは対面でもインターネットでも同じです。
また、じぶん銀行の強みは、UFJは銀行、KDDIは携帯やネット回線など、それぞれの強みを掛け合わせてお得に利用できるところがあります。
銀行なので利用手数料が無料だったり、auユーザーやKDDIの回線を使っている方はお得な金利が適用されたりと、他にはないサービスを展開しています。
また、借り換えコースもあるので、いままでじぶん銀行を検討していなかったけど様々な視点で「じぶんに合ってそうだ!」と思った方は、その直感は正しいかもしれません。
メガバンクに隠れていますが、かなり人気のローンです。
また、じぶん銀行の口座を持っている方はさらにスムーズに進むので、他にはないお得感があるのではないでしょうか。

◆結論◆

消費者金融は、早い。

いかがだったでしょうか?消費者金融はやはりスピードに優れているようですね。
銀行カードローンも負けてはいられませんね。
また、スピードと同時「他にどんな強みがあるか?」という視点のもと、紹介してきました。
それぞれの業者によって持っている強みと、私たち利用者とのニーズが合っていれば、そこはじぶんに合っている業者なのです。
そういったことを比較しながら妥協点とお得なポイントを見極めて選ぶようにすると良いかもしれませんね。
納得のいく業者選びを目指しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする