手数料無料

目的によってオススメのキャッシングを紹介していきます。
今回は【手数料無料】というくくりです。
一回ずつの手数料がかかってしまうと、塵も積もれば山となるともいうように長い目でみるとかなりの金額になってしまっていることもあります。
そのため、利用手数料が無料というのは欠かせない条件と言っても過言ではないほど重要なのです。
利用し始めてから「しまった!」と思う前にチェックしておいてください!

手数料無料】で選ぶなら!

下記の表をごらんください。

振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
サービス・
キャッシング
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料(※1)
オリックス銀行カードローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 
じぶん銀行じぶんローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
横浜銀行カードローン インターネット 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
イオン銀行
ゆうちょ銀行
平日8:45~18:00:108円
それ以外:216円
住信SBIネット銀行 MR.カードローン(プレミアムコース)(※2) セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
非公開
消費者金融 アコム 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
プロミス 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
アイフル 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
モビット 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

※1 三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、E-net のうちいずれかを利用した場合
※2 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる

例に出した銀行は3行とも振込でもATMでも手数料が無料という結果になりました。
中でもオススメなのは、提携ATMが多い「オリックス銀行カードローン」です。
また、「じぶん銀行カードローン」はゆうちょも提携ATMとして入っており、非常に便利です。
ここからはその二つを詳しく紹介していきます。

提携ATMが多く、手数料無料♪
オリックス銀行カードローン】(年率:3.0~17.8%)

orixbank2

手数料がかからない提携ATMが多いのは銀行カードローンの強みです。
消費者金融の多くは一回の取引でも手数料がかかるところが多く、総額すると恐ろしい金額になってしまうことも!
オリックス銀行はその中でも提携しているATMの数も多く、無料なので安心して借入や返済を行うことができ、特にオススメです。
もちろん銀行カードローンで総量規制の対象外なので、おまとめローン・借り換えローンとしても使うことができます。

ゆうちょも無料♪嬉しい特典が多い
じぶん銀行カードローン じぶんローン】(年率:3.9~17.5%)

jibunbank3

表をご覧になるとわかりますが、ゆうちょが提携ATMの中に入っている業者はあまり多くはありません。
少し大手から外れた方が入っている可能性は高くなっています。
そして、その中でもなぜじぶん銀行カードローンがオススメかというと、共同出資でできているネット銀行なので特典が多いということにあります。
共同出資しているのは、どちらも有名な三菱東京UFJ銀行とKDDIです。
そのため、auユーザーは金利が割引になったり、回線などでKDDIを使っている方も割引になったりと、いままであまりみない特典がついてくるのです。
メガバンクが出資しているとあってATM関係は無料であったり、それぞれの良さを合わせた、消費者目線で作られた銀行だからこそできるサービスでしょう。

いかがでしたか?
今回の結果で、消費者金融は提携ATMでは手数料を無料にすることはあまり期待できないことがわかりました。
そして、これから利用するATMなどを考えたときにそこを無料にしているところを一目で知ることができたと思います。
カードローンを利用する際に、手数料無料というのは鉄則!これからはこういった目線で選んでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする