おまとめではないまとまったお金【30万、40万、50万】を手にいれるには?

おまとめは、すでにある借金を一本化する方法です。

しかし、借りたお金は他社からの借入の返済に充てなくてはなりません。

おまとめローン以外にもまとまったお金が必要なときって、人生で何度かありますよね?

賢くカードローンを利用するなら!人生にはあの年代で3度お金が必要

数千万、数百万のお金でなくとも、数十万のまとまったお金が必要な場面って意外と多くないでしょうか。

今回紹介するのは、おまとめローン以外で【30万円、40万円、50万円】などのまとまったお金が必要なとき、使えるキャッシング会社です。

◆まとまったお金が必要なときに使えるキャッシング会社

まとまったお金が必要なシーンといえば、

例えば、

  • 資格取得費用
  • 子供の学費や生活用品
  • 高級ブランド品の購入
  • 流行のファッション品の購入
  • 光熱費や家賃などの生活費
  • 習い事の費用

など、人それぞれ理由があるでしょう。

また人によっては

  • 明日・明後日までには必要でとにかく急いでいる
  • 面倒な手続きはできるだけ避けたい

という方もいるでしょう。

そういう方は、プロミスやアコム、アイフル、SMBCモビットのようないわゆる消費者金融のキャッシング会社がオススメです。

なぜなら、

  • 審査が最短で即日
  • 融資も最短で即日
  • 場合によってはWeb完結も可能

とかなり短時間で借りたい方に特化しているからです。また、場合によっては申込から借り入れまでWebで完了できることも多いです。

ちなみにこれから紹介するのは、筆者がなぜ、キャッシングをオススメするのか?

お金を借りるのは「自分磨き」の為や、「副業の準備」の為、お金が必要という方の参考になれば幸いです。

もちろんそれ以外の理由でも十分参考になる内容だと思いますので、ぜひこのままご覧ください。

◇筆者がまとまったお金が必要だった理由

当時、20代後半だった私は、人生で最もお金がない時代でした。

転職を繰り返し安定せず、お金も貯められない生活をしていました。

独身時代、自分の好きなことに好きなだけお金を使っていたので、貯金はありませんでした。

しかし、すべては自分への投資と心に決め、一度きりの人生を満喫することに決めました。

後になって、あれもやりたかった、これもやりたかったと後悔するのはイヤだったのです。

その時の直感に従ってやりたいことはやりたいと思いました。

いまは独身時代を謳歌したおかげで仕事もプライベートも充実しています。

あの時にキャッシングサービスがあって、本当に良かったなと思います。

勉強したいときに勉強し、やりたい趣味をやり抜く生活。

人生一度きりですよ?必要なときにまとまったお金があることなんてほとんどありません!

◇必要な額は【30万円

私は数回に渡って必要になり、そのたびにキャッシングを頼りました。

おかげで若いときにやり残した後悔はないですし、気持ちに余裕が持てるようになりました。

まず必要だったのは免許の取得のための30万円でした。

合宿に行って取ることを決め、前払いで25万ほど支払いました。

免許は早い内にとっておいた方が良いのです。

これからの人生でかなり長い付き合いになるのですから。

大学を卒業と同時に取りにいかなくてはならず、お金が貯まるまでは待てませんでした。

学生最後の春休みという貴重な期間を無駄にしてしまうことになります。

親に相談すれば良いのにと思う方もいるでしょう。学費も奨学金で払っていた私の家では、そんな余裕はありませんでした。

まずは手っ取り早く借りれる消費者金融を利用することにしました。

◇初めてのキャッシングはアイフルでした

消費者金融=グレー

みたいな印象を持っていた私でしたが、周りの人に聞いている内にそのイメージも払拭されていきました。

CMでやっていたり、銀行グループの傘下に入っているところも多くて、クリーンなイメージになっていますよね。

今ではグレーの印象はなく、女性でも使いやすい時代になっています。

不安な方のために女性専用ローンも完備している業者もあるほど。

また、ネット完結など最新技術を取り入れるのも早いので、非常に便利です。

私もネットで申し込んだ一人。会社の人にはバレたくなかったので…

個人電話で金利や会社の名前、借入に関することなどを丁寧に説明してくださり、希望額が30万円と一般的には低めだったからか、すぐに審査に通りました。

最初の融資は銀行振込を希望し、すぐに振り込んでくれました。

◇アイフルについて

☟アイフルへのお申込みはこちらから

アイフル概要
金利 限度額 返済日
年3.0~18.0% 1~800万円 35日ごと、毎月指定日(任意)
申込方法 遅延損害金 総量規制
インターネット・電話・窓口・自動契約機 20.0% 対象
無利息期間 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
利用条件 ・満20歳以上70歳未満の安定した収入がある方
・保証会社の保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

消費者金融であれば断然アイフルがおすすめです。

初回申込の方は30日間無利息になるキャッシングサービスを行っています。こういった「初回○○日間無利息サービス」を設けているのはアイフルだけではありません。

無利息期間サービスがあるおすすめカードローン一覧

アイフルの他にはない強みは、

  • てまいらず配達時間えらべーるを使えば、誰にも知られずカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボット「ルフィア」に相談可能

アイフルでは、自己破産から7年経過し4件60万円の借り入れがある人が10万円の融資枠を手に入れたこともあります。それぞれの返済能力やコツコツと返済してきた実績などもあるかもしれませんが、これはアイフルの寛容な受け入れ態勢を物語っているでしょう。

アイフルの詳細記事を読む

アイフル公式HPで申し込む

◇必要な額は【40万円

その後、社会人になってさらにまとまったお金が必要な場面が増えました。

返済しつつ必要な時は借りるということがもはや当たり前になっていました。

ちゃんと働いていたので返済が滞ることもほとんどありませんでした。(たまに口座に残金がなく返済し忘れなどはありましたが…)

2度目のまとまったお金が必要になった場面は、スキューバダイビングの資格を取りに行こうと決めたときです。

50万円ほどかかるのですが、10万円は貯金で何とかしようと思い、40万円を借りることにしました。

前に借りた30万円はボーナスでなんとか完済していたのもあり、スムーズに借入ができました。

◇必要な額は【50万円

社会人になって落ち着いてきた頃、仕事でゴルフ接待が多くなってきました。

ゴルフは年を取ってもやるだろうと考え、ゴルフ用品を購入し、講習を受けることに。

ただし、ここで問題が発生します。

希望額50万円以上で収入証明書の提出が必要になったのです。

銀行カードローンは必須のところもあれば、○百万円から必要というところもありバラバラです。

消費者金融はほとんどが必須か、希望額50万円以上で必要となっています。

  名前 金利 限度額 収入証明書
消費者金融 アコム 3.0%~18.0% 1~800万円 希望額50万円を超える場合で必要
プロミス
フリーキャッシング
4.5~17.8% 1~500万円 希望額50万円を超える場合で必要
アイフル 3.0~18.0% 800万円 希望額50万円を超える場合で必要
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円 希望額50万円を超える場合で必要
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円 必須

※ただし場合によっては、希望額50万円以下でも収入証明書の提出を求められるケースもあります。

◆アイフルと他の消費者金融を比較してみた

私が利用したのはアイフルでしたが、他のカードローンも選択肢としてたくさんありました。

アイフルと同じ消費者金融であれば、

  • プロミス
  • アコム
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

などです。

【金利比較】

お金を借りると金利がかかります。

まずは金利を比較してみましょう。

利息は毎月の返済の支払いによって元本と一緒に少しずつ支払っていきます。(住宅ローンなどと同じです)

金利は数字が低ければ低いほど支払い総額が低くなります。

プロミス・アコム・モビット・レイクALSA・アイフル

の消費者金融5社の金利を比べてみると下記のようになりました。

プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
モビット 年3.0%~18.0%
レイクALSA 年4.5%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%

※2018年11月現在。最新の金利は公式サイトにてご確認ください。

見比べてみると、どこもほとんど同じなのがわかります。

【30万、40万、50万】の金利はどのくらい?

ハッキリいうと、金利は借りる人によって変わってくるので審査結果によります。

私が借りていたアイフルを例に挙げると、100万円以下は上限金利の18%で計算されています。

【例:アイフル】

※各借入金額の最上段の内容は、支払い期日ごとに、約定通りの返済金額(各回金額)を支払った場合の返済回数及び返済期間となります。

-補足-
借入金額50万円までは年18.0%、借入金額100万円~300万円は年15.0%、借入金額300万円超は年12.0%で借入れされ、約定日制(毎月25日などの一定日)にて返済する場合を想定しております。
契約年率が、これらより低い場合は、返済回数等は更に少なくなります。

◇限度額が上がるほど金利は下がる

金利は限度額が大きくなるほどそれに比例して下がります。

これは、「利息制限法」という法律で定められたルールによるものです。

なので今回のように、【30万、40万、50万】借りたい!という場合でも、審査によって数百万円まで限度額を上げれますよ!となれば、その分金利も下がるのです。

キャッシング会社を1社にした方が良いのもこういった理由によるものです。

もちろん、数百万円の限度額があったとしても、借りるお金はその範囲であればいくらでも良いのです、

限度額まで自由に必要な額を借りることができます。

◇銀行カードローンを選ぶときの注意点

今回紹介した消費者金融だけでなく、銀行カードローンで借りるという選択もあります。

ただし、審査結果や融資などは断然消費者金融の方が早いので、急いでいる方へ銀行カードローンはあまりオススメできません。

銀行カードローンは一般的に、お金が自分の口座に振り込まれたり、カードを使ってATMに引き出したり、手元にお金がくるまで約1週間ほどみておく必要があります。

◆まとめ│本当に必要ならお金を借りるという選択肢はあり

アイフルから借りたおかげで、必要なときにまとまったお金を借りることができました。

本当に必要なときは、お金を借りるという選択肢はありだと思いますよ。

ある芸能人の方のセリフでとても好きな言葉があります。

欲しいものは早く買わなきゃ。死ぬまでの日割りが安くなるじゃん

本当にその通りですよね。

そして、本当にやりたいことをするためにお金を借りることはとても有意義な使い方であると思います。

お金を借りるときに考えてほしいのは、

・何のためのキャッシングか?
・返済計画ができているか?
・借りることによるメリットはあるか?

などです。

無計画なキャッシングは自分の首を絞めます。

計画的なキャッシングは自分を成長させます。

使い道についてよく考えてから借りることはお忘れなく。

オススメ業者No.1 アイフル

☟アイフルへのお申込みはこちらから

アイフル概要
金利 限度額 返済日
年3.0~18.0% 1~800万円 35日ごと、毎月指定日(任意)
申込方法 遅延損害金 総量規制
インターネット・電話・窓口・自動契約機 20.0% 対象
無利息期間 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
利用条件 ・満20歳以上70歳未満の安定した収入がある方
・保証会社の保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

消費者金融であれば断然アイフルがおすすめです。

初回申込の方は30日間無利息になるキャッシングサービスを行っています。こういった「初回○○日間無利息サービス」を設けているのはアイフルだけではありません。

無利息期間サービスがあるおすすめカードローン一覧

アイフルの他にはない強みは、

  • てまいらず配達時間えらべーるを使えば、誰にも知られずカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボット「ルフィア」に相談可能

アイフルでは、自己破産から7年経過し4件60万円の借り入れがある人が10万円の融資枠を手に入れたこともあります。それぞれの返済能力やコツコツと返済してきた実績などもあるかもしれませんが、これはアイフルの寛容な受け入れ態勢を物語っているでしょう。

アイフルの詳細記事を読む

アイフル公式HPで申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする