大人の証!クレジットカードとカードローンを使いこなして生活をお得に

あなたの生活の中で、どれが最も主流ですか?

・クレジットカード
・交通系ICカード
・現金

様々な通貨があり、お得に利用できる手段や選択肢が増えたにもかかわらず、なお日本人は現金主義です。

インターネットを信用していないという人もいるほど、キャッシュレス社会は浸透しているようで本当は浸透していないのです。

これだけ便利になったのです。せっかくなら、お得に利用できる手段を知りたくないですか?

これから紹介するのは、あなたの生活スタイルはどの支払い方法がお得かどうかを知ってもらうための記事です。

普段使いもよりお得に!「使えば使うほどお得」を実感しましょう!

◆日常に関わるお金のカタチ

生活しているとかかるものは大きく分けると2つです。

固定費
変動費

実にシンプルですね。これをザックリ日常に分けてみましょう。

項目 場面 払い方
固定費 家賃or住宅ローン ・クレジットカードA
・交通系ICカード
・現金
インターネットのプロバイダ
保険料
公共料金(電気/ガス/水道)
子供の給食費等
携帯料金
食費
日用品
変動費 身だしなみ(理容・ファッション等) ・クレジットカードB
・交通系ICカード
・現金
趣味・娯楽費
医療費
子供の教育関連費(授業料・習い事、給食費以外)

ざっくり固定費と変動費とわけて、クレジットカードをわけておくとわかりやすいです。
節約するべきところと節約しようがないところがよりわかりやすくなります。

キャッシングは月収の50%が良い!?パーセンテージで考える生活のコト

家計簿アプリを3年つけてわかった「収支のバランス」と「自分に本当に必要なもの」

ここで注目すべき点は、「現金が必要になる場面を把握しておくこと」です。

つまり、クレジットカードで払えるものはすべてクレジットカード払いのが良いのです。
現金であれば0だったポイントが貯まります。

貯まったポイントは商品券など別の通貨として換金できます。

例えばエポスカードであれば、貯まったポイントを交換できる選択肢として下記のようなものがあります。

例:エポスカードのポイント移行

この中から、日常的に利用する頻度の高いものや興味のあるものに換金しましょう。

他にも、日常的に使えるイオンカードや楽天カード、旅行によく行く人であればJALカードやANAカードなど、その人の生活スタイルによって向いているクレジットカードは違います。

◆クレジットカードとカードローン、現金を使い分け

上記で紹介したように、支払い方法は様々です。

にもかかわらず、日本人は現金を好む傾向にあることは、市場調査でも明らかになっています。

現金に対する「過信」には気を付けた方が良いかもしれません。

仮想通貨などの貨幣が出回る世の中です。これから、なにが起こっても不思議ではありません。

現金の価値が暴落するかもしれません。そういった異常事態が起こったとき、現金しか持っていなければ破滅してしまいます。

通貨もリスク分散が当たり前の時代です。様々なお金を知り、日本の経済状況も知りながらリスク分散を心掛けましょう。

そのために、現金だけでなくクレジットカードやカードローンを賢く使い分けるのが良いでしょう。

カードローンの賢い使い方は、クレジットカードの残高が足りないときの振込による補填のみです。

もしくは、絶対に現金が必要な場面でのみ利用するのが良いでしょう。

【現金が必要な場面】

・医療費
・駐車場
・パチンコ
・市役所・行政サービスの届出・登録・証明などの各種サービス
・自販機
・子供の学校関連費用
・大学内での各種手続き
・ごはん屋さん(個人経営店等)
・地方の公共交通機関
・割り勘
・停電時の支払い
・コンビニの電子マネー未対応商品(金券や地域指定ゴミ袋など)の支払い

まだまだ完全キャッシュレスではないのが現状です。

クレジットカードが使えるところは積極的に利用し、現金しか扱っていないところはカードローンなどを利用し現金を作るのが良いでしょう。

◆まとめ│日常にこそお得がある

ポイントが貯まるものを中心に構図を作るとわかりやすいです。

クレジットカードを中心にすると、カードローンは口座の補填にしか利用しなくなり、現金主義から解放されます。

完全現金主義もいいですが、それだと損をしてしまっていることを忘れてはいけません。

これからの時代を生き抜くためには、通貨もリスク分散の一環と考えるのが自然でしょう。

クレジットカードとカードローンは賢く利用してこそ、真の大人に近づけるのだと思います。

オススメ業者 アイフル

☟アイフルへのお申込みはこちらから

アイフル概要
金利 限度額 返済日
年3.0~18.0% 1~800万円 35日ごと、毎月指定日(任意)
申込方法 遅延損害金 総量規制
インターネット・電話・窓口・自動契約機 20.0% 対象
無利息期間 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
利用条件 ・満20歳以上70歳未満の安定した収入がある方
・保証会社の保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

消費者金融であれば断然アイフルがおすすめです。

初回申込の方は30日間無利息になるキャッシングサービスを行っています。こういった「初回○○日間無利息サービス」を設けているのはアイフルだけではありません。

無利息期間サービスがあるおすすめカードローン一覧

アイフルの他にはない強みは、

  • 「てまいらず」を使えば、誰にも知られずカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボット「ぽっぽくん」に相談可能

アイフルでは、自己破産から7年経過し4件60万円の借り入れがある人が10万円の融資枠を手に入れたこともあります。それぞれの返済能力やコツコツと返済してきた実績などもあるかもしれませんが、これはアイフルの寛容な受け入れ態勢を物語っているでしょう。

アイフルの詳細記事を読む

アイフル公式HPで申し込む

楽天銀行スーパーローン│ネット銀行とは思えない充実サービス

☟楽天銀行スーパーローンへのお申込みはこちらから

楽天銀行スーパーローン概要
金利 限度額 返済日
1.9~14.5% 最大800万円 1日,12日,20日,27日
から選べる
申込方法 遅延損害金 総量規制
ホームページでの申し込みのみ 19.9% 対象外
利用条件
 ①満年齢20歳以上62歳以下の方 (※1)
 ②日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
 ③お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
 ④楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方 (※2)
※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
 ※2 当行が認めた場合は不要です

楽天銀行スーパーローンは、いま話題のネット銀行のカードローンです。

ネット銀行なので店舗がなく、インターネットのみでのアクセスとなります。

楽天で買い物することが多い人には特におすすめで、楽天会員ランクに応じて審査の優遇があると公式HPで明言しています。楽天での買い物がお取引履歴としてみてもらえるのです。

また、入会でもれなく楽天スーパーポイントが1,000円分が貰えます!

楽天銀行スーパーローンの詳細記事を読む
楽天銀行スーパーローン公式HPで申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする