消費者金融を選ぶときのコツは?結局のところどこが良いのか?

消費者金融業者を選ぶとき、多くの人が大手と呼ばれる業者から選んでいくかと思います。
アコム、レイク、プロミスアイフルモビットバンクイックといったところでしょうか。
(モビット・バンクイック・レイクは銀行系カードローンサービスとなるため、大手消費者金融ではないという意見もありますが…)

ともあれ、何れも大手で安心して利用することができるため、多くの人が活用するわけです。
しかし…何をどうやって決めたら良いのか分からないというお話を、よく耳にします。
ということで、ここでは「決め手」となる比較ポイントについて触れていきたいと思います。

■単純にフィーリングで決めて問題なし

まずタイトルにある「結局のところ何処の業者が一番よいの?」という点。
回答をすると…「何処も素晴らしい業者のため、何処でもよいです」となります。
回答になっていないかもしれませんが、事実のため致し方がないところです。

このようなことを言ってしまうと本末転倒ですが…決め手は「フィーリング」で問題ありません。
決して投げやりに言っているわけではなく、結局のところ、自分が「好みだな」と思うところで利用した方が、精神的な面でもプラスに働くからです。
正直な話、冒頭で紹介した大手消費者金融業者は、サービスの内容、質、金利、融資額など、大差はありません。
差があったとしても、誤差の範囲であり、全く気にならない程度なのです。
であれば、フィーリングが合う業者を選んでしまってもば問題はないという結論というわけです。

もちろん「誤差の範囲」というのは、人それぞれの価値観のため、許せない誤差というのもあるかもしれません。

例えば、金利について。
プロミスは、4.5%~17.8%となっており、アコムの場合は3.0%~18.0%になっています。
まず、最低金利についてですが、この金利でお金を借りることは、早々ある話ではありません。
理由は単純で、借入限度額一杯の融資を受けたときに適用される数字だからです。
プロミスの場合は500万円、アコムの場合は800万円となっており、この金額を借りることは、稀だということですね。
一般的な「50万円」程度の融資となってくると、最大金利である17.8%、18.0%が適用されます。

では、50万円を借りたと仮定し、0.2%の差はどれくらいのものになってくるのか?
細かい説明は省きますが…80ヶ月(約6.6年)で元利均等返済で計算した場合、支払い総額は4千円の差となります。
この4千円をどう捉えるか?が1つのポイントになります。
もし「誤差の範囲」と感じるのであれば、フィーリングで決めて何ら問題ないでしょう。
ともあれ、細かく比較をしていけば分かりますが、本当に似たり寄ったりのサービス内容と理解することができます。

◇直感は…ある意味で人生経験に裏付けられた結論

物は言いようになってしまいますが…直感(フィーリングが合うと感じること)は、人生を歩んできた中で、積んだ経験に裏付けられた結論です。
例えば、初めて聴いた音楽にも関わらず「この歌は好きだ」と直感で、気に入ってしまうことは多々あるかと思います。
これと全く一緒とは言いませんが、似たような状況になります。
公式サイトの雰囲気が好きだった、単純に家の近くに無人契約機やATMがあって馴染み深かったりと。

即日融資できる無人契約機が設置された消費者金融は?

【裏話】アコム元社員が語る!むじん君は実は無人ではない

また、家の近くに無人契約機があるというのは、いざというときに意外と役立つため、決め手に掛けたときは「近くにある」という判断で決めてもよいでしょう。
くどいですが、深く考えず、直感で決めてもらえれば問題ないということですね。

■保証会社やグループ会社で判断していく

大手の消費者金融業者にもなってくると、お金を貸して利息だけで利益を上げているわけではなくなってきます。
色々な事業も手掛けていくことになります。
中には、グループ会社を作り、サービスの細分化を行い、それらの事業専用の企業を立ち上げることも。
新生銀行グループであれば、銀行業務を始め、レイクの運営、クレジットカード、住宅ローンなどになってきます。
アコムであれば、バンクイックやセブン銀行のカードローンサービスを始め、様々なサービスの保証会社になったり、クレジットカードを発行したりと。
これを踏まえて、何処の消費者金融業者を選ぶのか?を判断するのもよいでしょう。

保証会社を基準に選ぶというのも一つです。
逆に、審査に落ちた業者は申し込まないのが賢明でしょう。
なぜなら、会社内で共有するブラックリストというものを作っている可能性があるからです。
詳しくはこちら(⇒一般的なブラックとは違う『社内ブラック』とは?

保証会社の具体的な例を1つ挙げます。
例えば、既にバンクイックを利用していた場合、アコムを利用すると良いでしょう。
理由は、バンクイックはアコムが保証会社になっているからです。
保証会社が同じになっていれば、審査が通りやすいと言われています。
もちろん、バンクイックを問題なく利用しているという大前提がありますが。
信用ある取引をしていれば、同じ保証会社であれば「この人なら大丈夫」と判断ができるからです。
(審査内容に関しては、厳密には表に出てくる情報ではないため、100%有利になると断言はできませんが)
さらに、アコムのクレジットカードを発行をするとなれば、なおさら良いと言えるでしょう。

もしくは、保証会社によって通りやすい基準を示した表を参考に選ぶのもよいかもしれません。(⇒○○の審査基準は?ひとめでわかる表で説明
保証会社は意外な盲点なので、これで審査も怖くありませんね

このように、今後、利用しそうなサービスで判断していくのも1つの手となります。
ちなみにですが、意外と…こんなところのサービスの保証もしているのかと驚くような意外なところで目にすることもあります。
したがって、しっかりと調べていけば、意外と大手消費者金融業者の差別化が図れ、大きな決め手になる可能性は十分にあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする