Q.仮審査で通ったのに本審査で落ちるのはどういうとき?

カードローンやキャッシングを利用しようと申込を行うと、必ず審査が行われることになります。
そして、審査には「仮審査」と「本審査」があることは、既にご存知の通り。

知らない人はもう一度おさらいしておきましょう。(⇒Q「おまとめローンの仮審査って何ですか?」

中には、仮審査は通ったのに本審査が通らないということが意外と多くあります。

ということで、今回、お伝えしていく内容は本審査で落ちてしまう理由は何か?について。
仮審査に通ったからといって安心せずに、最後まで気を引き締めて構えておくようにしましょう。

■そもそも仮審査と本審査の違いとは?

adobaisu_child

言葉からも察することが出来る通り、仮審査は、文字通り「仮の審査」であり、簡易的なものになることが多いです。
対して本審査は、本番の審査ということで、個人情報を事細かく確認をして、最終的に「本当に融資をしても問題はないか?」を確認する作業になります。

したがって、仮審査に通って本審査に落ちてしまう方は、端的に言えば「個人情報に問題がある」という場合が多いです。
個人情報と言っても色々とありますが、重要視されるのは、やはり信用情報になります。
よく目にする「クレジットカードの未払い」だったり、「強制解約」「債務整理」をしたことがある場合は、本審査で落とされてしまう可能性が高いということになります。

つまり、仮審査の時点では信用情報まで見ることはないため、このような事故情報を持っている人でも仮審査は通るということですね。

「審査」といってもどの段階の審査かによって、見る部分が変わってきます。(⇒おまとめローンの『審査』5種類と審査に通らない4つの理由

◇信用情報機関に問い合わせて人の手でチェックを行う

本審査は言ってしまえば、業者にとって「利益を得ることができるか?それとも損失を与えるのか?」を判断するということと同じ意味になります。
信用して本審査をOKとしたにも関わらず延滞され、それを債務整理をされてしまったら…業者としては大きな損失になることは言うまでもありません。

だからこそ、信用情報機関に上がっているデータ…つまり客観的な事実に基づいて、人の手でチェックを行うことになります。

余談ですが、これを人の手でせず人工知能(AI)によってスコア化するサービスも誕生しました。(⇒カードローンの審査にAIが導入されたら気を付けるべきこと)まだ改善点はあるものの、人の手による審査がなくなれば、年収が低い人や職種によっては審査に通るのが厳しくなるかもしれません。

■実は…融資額が大きくなればなるほど仮審査の信憑性は上がる

odoroki_men

さて、本題に戻りましょう。ここまでの話は、あくまでも少額の融資のお話になります。
例えば、消費者金融が提供しているカードローン・キャッシングサービス。この場合は、総量規制対象となるため、年収の3分の1までの融資しかできません。
結果、最初は大きな額ではなく、最大でも50万円のような小さな額から始めます。
だからこそ、仮審査は簡単に済ませて最低限のふるいを掛けた方が効率的になるわけです。

しかし、銀行系カードローンのように総量規制対象外で、大きな額を融資をするとき、実は仮審査も本審査に近い審査を行うことがあります。
つまり、仮審査も信用情報機関に客観的なデータを求めて人の手で審査を行うわけです。
となると、仮審査さえ通れば、本審査も似たような審査になるため、この仮審査の結果は、かなりの信憑性が高くなると言えるのです。
住宅ローンも同様のため、こちらをイメージしてもらえると良いかもしれませんね。

ともあれ、この仮審査は、申込のときに「個人情報を閲覧をしてもよいです」という同意書の署名を求められます。
このような署名をした場合、仮審査でも本審査に近い審査を行うのだなと判断してもらえれば結構です。

つまり、少額融資の場合は信用情報と照らし合わらず結果を報告してしまうことがあるため、仮審査と本審査の結果が変わってしまう可能性があります。高額融資の場合は最初から慎重に審査するため、融資額によって審査の精度が変わると捉えられるでしょう。

■具体的に仮審査・本審査は何処を見ていくのか?

musimegane_men

では、実際のところ仮審査で確認するところ、本審査で確認するところの違いを見ていきましょう。

【仮審査】

仮審査は本当に簡易的なものになるため、年齢・年収・勤続年数、勤務先の規模、他社の借入状況などになってきます。全て自己申告になります。
この情報から機会的に「いくらぐらいなら融資できますよ」という結果がでます。
この仮審査で落ちてしまう方は、相応の状況にあるため、大手から借り入れることは難しいと言わざるを得ません。

【本審査】

本審査は、仮審査で申告された情報に虚偽がないか?を確認します。
また、先に説明した通り、信用情報機関に登録されている信用情報を閲覧して、滞納などの過去がないか?も合わせて確認していくことになります。
ただ、細かい判断基準に関しては、決して一般公開されることはなく、また漏れることもありません。
したがって、詳細な内容は分からないというのが、実際のところになります。

◇「虚偽」で申告をして本審査でバレて落とされる

さて、仮審査が通っても本審査で落とされてしまうケースで意外と多いのが、この虚偽の申告をしたというもの。
意識して虚偽するケースもあれば、単純に記載ミスをしてしまって「虚偽」と判断されてしまうこともあります。
申込のとき、記載する内容は、何度も繰り返しチェックをすることが大切になることは言うまでもありません。

例えば、勤続年数。
本当は5年だったにも関わらず、7年と記載をしてしまえば、2年も多めに申告したとなり、「ひどい嘘」と判断されてしまうわけです。
逆に、5年だったものが3年と記載をした場合…これはこれで「勤続年数すら把握していない適当な人なのか?」と判断されてしまうこともあります。
正直なところ、数年の差であれば大きな影響は与えませんが…。
ともあれ、ちゃんと伝えたいことは「虚偽」と判断されないようにも、正しい情報を記載して申込を行うことが大切だということです。

ただし、暗黙の了解とされているのが「年収」です。
もちろん数百万円も違えば虚偽の申告とみなされますが、中には副業などで臨時収入を得ている方も多く、額面上の収入は目安に過ぎません。少しかさ増し程度であればそれが原因で落ちるということは考えにくいでしょう。

審査にも影響する?おまとめローン申込時に記載する「年収の計算方法」は?

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

カードローンの仮審査と本審査はそもそも調べているものが違い、審査に落ちた地点で原因が大まかですがわかるようになっています。

仮審査で落ちた場合⇒年齢・年収・勤続年数、勤務先の規模、他社の借入状況など自己申告なので、そもそものスペックに問題あり。

本審査で落ちた場合⇒個人の信用情報に問題があるか(クレジットカードの未払いや強制解約、債務整理など)虚偽の申告などがあったことがバレてしまった。

おまとめローンや住宅ローンなど、高額なローンは仮審査の時点で本審査と同じような本格的な審査となるため、仮審査に通って本審査で落ちることは比較的少ないと言えるでしょう。

いずれにしても、審査の地点によって調べる内容が異なってくるため、仮審査・本審査のどちらで落とされたかによって今後の改善点が見えてくると思います。諦めずに改善して再度申し込んでみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする