地方銀行のトップ!【横浜銀行カードローン】を徹底検証!

横浜銀行は、全国トップクラスの規模の地方銀行です。
預金総額は12兆円以上(2015年3月31日現在)にのぼり、銀行の中でトップ10に入ります。
地方銀行の中では全国1位で、ダントツの知名度を誇ります。
今回はそんな横浜銀行特集になります。
横浜銀行は低金利をうたっており、それは他のところと比較しても間違いないのか?など、主に比較をもとに検証していきたいと思います。
横浜銀行のカードローンを検討していた方も、していなかった方も、深く知って決定してみるようにしてください。

目次
◆横浜銀行カードローンについて
◆横浜銀行カードローンのメリット
◆横浜銀行カードローンのデメリット
◆どんな方にオススメ?
◆金利
◆限度額
◆申込方法・審査時間
◆借入方法
◆おまとめローン
◆返済方法
◆返済方式

横浜銀行カードローンについて

まず、横浜銀行カードローンに申し込むためには、下記の条件をすべて満たす必要があります。

● 神奈川県内、東京都内、群馬県前橋市、高崎市、桐生市のいずれかに住んでいる、もしくは、勤務している
● 契約時の年齢が満20歳以上69歳以下である
● 安定した収入がある人、またはその配偶者(専業主婦、パート・アルバイトは申込可能、学生は申込み不可。また、収入には年金を含みます)
● 横浜銀行の口座を持っている(カードローン申込み時に同時申込みも可能)

利用者の居住地または勤務地が制限されているので、あてはまらない場合は申込みできません。
また、横浜銀行の口座が必須なので、持っていない方からすると口座開設は煩わしく感じるでしょう。

横浜銀行カードローンのメリット

◆低金利
◆限度額が高い
◆即日融資にも対応
◆300万円まで所得証明書不要

詳しくはこちら(⇒【横浜銀行カードローン】がオススメの理由4選)でも解説しています。

横浜銀行カードローンのデメリット

良いところだけではありません。もちろん短所もあります。

◆地域制限がある

地方銀行なので、利用者の居住地または勤務地が限られています。
対象となるのは神奈川県内、東京都内、群馬県前橋市、高崎市、桐生市のいずれかに住んでいるか、勤務している人です。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などのカードローンはいずれも全国どこの人でも申し込めます。
地方銀行のデメリットはこの点です。
しかし、その土地ならではの地方銀行カードローンの良さがあるので、その点がマッチしていればデメリットに感じないかもしれませんね。

◆横浜銀行の口座が必須

借入や返済の際に、必ず横浜銀行の口座が必要になります。
次の項目にもあるように、返済方法が口座引き落としのみであるので、口座開設が必須になってくるのです。
オリックス銀行カードローンは口座開設が必要なかったり、他にも口座開設なしで利用できるところが多いので、その点はどうしても他の銀行カードローンより劣ってしまいます。
持っていない方が利用する場合は、必要書類を提出するまでに作っておく必要があります。
詳しくは後ほど、「申込の流れ」で紹介します。

◆返済は「口座引き落とし」のみ

月々の返済方法は、横浜銀行口座からの引き落としのみです。
しかも、返済日も毎月10日と決まっており、自分で選択することができません。
ただし、繰上げ返済の場合のみ、横浜銀行のATM、インターネットバンキングを利用することができます。

横浜銀行カードローンはどんな方に向いている?

横浜銀行カードローンのメリット・デメリットをふまえて、どんな方にオススメか紹介します。

横浜銀行の口座を持っている人

口座が必須でいるので、すでに持っている方は作る手間も省けるためオススメです。
持っているのであれば、横浜銀行カードローンを候補に入れても良いかもしれません。

低金利の銀行カードローンを利用したい人

金利が1.9~14.6と低金利なので、金利を重視という方にもおすすめできるものです。
しかし、それを下回る10%以下などもありますので、金利を重視される方はそちらも良いでしょう。
審査が厳しい傾向があるので、厳しい条件でも審査を通過する自信のある方は検討してみてください。

金利

  業者名 金利 遅延損害金
銀行 横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 18.0%

  商品名 金利 遅延利率・遅延損害金
銀行 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 2.49~7.99% 20.0%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6~14.6% 14.6%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 19.9%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
アコム 4.7~18.0% 20.0%
信販 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 20.0%

※ 金利、遅延損害金はすべて実質年率です。

横浜銀行カードローンの金利は1.9~14.6%です。
適用される金利はそれぞれ違い、一般的に利用限度額が高ければ高いほど、利率は低くなる傾向があります。

利用限度額 適用利率
100万円以下 14.6%
100万円超200万円以下 11.8%
200万円超300万円以下 8.8%
300万円超400万円以下 6.8%
400万円超500万円以下 4.8%
500万円超600万円以下 4.5%
600万円超700万円以下 4.0%
700万円超800万円以下 3.5%
800万円超900万円以下 3.0%
900万円超1,000万円未満 2.5%
1,000万円 1.9%

※ 金利は変動金利です。金融情勢等により随時見直しが入ります。

たとえば、利用限度額120万円と設定された利用者が30万円しか借入れなかった場合でも、11.8%の利率が適用されるのです。

利用限度額は、審査で決定されます。

限度額

  業者名 限度額 金利
銀行 横浜銀行カードローン 10~1,000万円 1.9~14.6%

  商品名 限度額 金利
銀行 みずほ銀行カードローン 10~1,000万円 3.5~14.0%
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
10~1,000万円 2.5~18.0%
三井住友銀行カードローン 10~800万円 4.0~14.5%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 30~800万円 3.0~16.8%
アコム 1~500万円 4.7~18.0%
SMBCモビット 1~800万円 3.0~18.0%

横浜銀行カードローンの限度額は10~1,000万円、10万円単位で設定されます。

先ほども説明したとおり、今のところ1,000万円を超える限度額を用意しているカードローンはないため、この限度額は最高水準です。
しかし、限度額がいくらでも、利用できなければ意味がありません。
1,000万円が設定されることはほとんどありません。
銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、「利用者の年収の3分の1」は一つの目安として大事な項目です。
また、別のところでの借入も入りますので、他社で借入をしている場合はそちらも借入可能額に入れて計算をするようにしましょう。

申込方法・審査時間

  商品名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 横浜銀行カードローン インターネット
電話
郵送
FAX
店頭窓口
最短即日 最短即日 ×

  商品名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 新生銀行カードローン レイク インターネット
自動契約機
電話
郵送
即時 最短即日 4
三菱東京UFJ銀行カードローン インターネット
テレビ窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 4
三井住友銀行カードローン インターネット
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日
消費者金融 アコム インターネット
むじんくん
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 4
SMBCモビット インターネット
ローン申込機
電話
郵送
最短30分 最短即日 3
プロミス インターネット
プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 3

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

申込みの流れ

申込み(インターネット(横浜銀行のホームページ)、電話、FAX、郵送、窓口のいずれかから)

審査

審査回答

契約(必要書類【契約書・本人確認書類・所得証明書(希望額が310万円以上の場合のみ)】を郵送かFAXで提出

カード到着(契約が結ばれてから、約1週間後に簡易書留郵便でカードが郵送されます)
※急ぎの場合は即日融資にも対応しています。その際は融資は振込みで行われます。

いつまでに口座を開設すればいいの?

申し込み時には口座はなくても大丈夫ですが、審査通過後に送付する必要書類(契約書)を提出するときに横浜銀行の口座を記入しなければならないので、それまでには開設しておく必要があります。
必要書類の送付の際に口座が必要です。

口座開設の方法

窓口もしくはインターネットから口座を開設します。
窓口は営業している平日9時~15時までに来店する必要があり、この方法だとその場で手続きができます。
インターネット(横浜銀行のホームページ)ですと、通帳が郵送されてくるまでに最短で4週間、カードが郵送されるまで最短5週間以上かかってしまうので、急いでいるなら窓口に出向くのが一番早いです。

各申込方法を解説

インターネット(横浜銀行のホームページ)

インターネットなら、24時間365日申し込みが可能です。
審査に通ったら、ホームページからダウンロードしてプリントした契約書に、必要事項を記入して、本人確認書類などとともにFAXします。(急ぎでない場合は郵送も可)

ただ、他の業者は「ホームページ上で契約完了」や「本人確認書類をメールで送ればOK」といった便利な手段を取り入れているので、その点古典的で不便に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

電話

電話でも申し込みは可能ですが、受付時間があるので注意です。

平日 9:00~20:00
土日祝日 9:00~17:00

審査通過の手続きは、インターネットで申込む場合と同じですので、そちらを参照ください。

FAX

FAXでも24時間365日申し込みが可能ですが、申込書は横浜銀行の店舗かATMコーナーで入手する必要があります。
ホームページからダウンロードはできません。この点は非常に不便です。
審査通過後の手続きは、インターネットで申込みした場合と同じです。

店頭窓口

横浜銀行の口座を持っていない場合は、店頭窓口での申込がオススメです。
カードローンと口座開設を一緒に申し込んでしまえば、手間がだいぶカットできます。
ただし、営業時間は平日9時から15時なので、その間に来店しなければなりません。(口座開設を申し込む際は、印鑑が必要になるので、忘れずに持っていくと良いでしょう。)

審査時間

原則では、平日14時までに申し込むと当日中に審査結果を教えてもらえます。
他社のカードローンは「最短30分」となっていることも多く、それらと比較すると遅く感じてしまう場合もあります。

即日融資

即日融資にも対応しており、平日10時までに電話で申込むと即日融資の希望を出せるようです。
また、銀行側に「即日融資を希望しています」という旨を伝えましょう。
その後、審査→審査回答→必要書類の送付を平日12時半までに済ませることができたら、即日融資を受けれる可能性が高いです。
すべて順調にいけば、申込日に借入額が振り込まれます。
そして、横浜銀行のキャッシュカードで引き出せば完了ですね。

また、このときに横浜銀行の口座を持っていない人は、下記の手続きを平日11時までに行わなければなりません。

● 窓口で口座開設の手続き
● カードローンに申し込み、審査通過後、必要書類をFAXする

即日融資ができるとしても、手元にキャッシュカードがなければ引き出せません。
ですので、すぐに振り込まれたお金を引き出すのであれば、通帳と印鑑を使って窓口で下す必要があります。
また、窓口の営業時間は平日15時までなので、その時間までに窓口を通してお金を引き出さなくてはいけません。

必要書類

契約時には、本人確認用として下記のうちいずれかの書類(コピー)が必要になります。

● 運転免許証
● 健康保険証
● パスポート
● 在留カード(永住権の記載があるもの)
● 特別永住者証明書(特別永住者の場合)

また、希望額が310万円以上の場合は、下記のうちいずれかの書類(コピー)が必要になります。

● 源泉徴収票(勤務先の会社名の記載のあるもの)
● 納税証明書(税務署の発行印があるもの)
● 確定申告書(税務署の受付印があるもの)
● 住民税決定通知書(市区町村長の発行印があるもの)

お試し審査

横浜銀行カードローンには、お試し診断・事前診断のサービスがありません。

お試し診断とは、簡単な項目を入力するだけで審査を通過できるか診断してくれるものです。
たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローンには「お借り入れ診断」というサービスがあります。
これは、下記の項目を入れると診断してくれます。

● 生年月日
● 性別
● 独身/既婚
● 保険の種類
● 他社借入件数・金額

もちろん、結果は目安ですが、実際の申込み前に目安がわかるだけでも助かりますよね。
横浜銀行カードローンにはないサービスなので、他の金融機関のお試し審査を利用してもいいかもしれませんね。

借入方法

  業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 横浜銀行カードローン インターネット 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
イオン銀行
ゆうちょ銀行
平日8:45~18:00:108円
それ以外:216円

  商品名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料(※1)
オリックス銀行カードローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
じぶん銀行じぶんローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
消費者金融 アコム 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
プロミス 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
アイフル 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

※1 三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、E-net のうちいずれかを利用した場合

当座貸越

横浜銀行カードローンを契約すると、口座の残高以上の金額を引き出すことができます(利用限度額の範囲内で)。
方法は、普通に預金を引き出す場合と同じですが、口座の残高を超えて引き出した分は借入れとなり、通帳にはマイナスとして記載されます。

ATM

横浜銀行のATMや提携ATMから借入れることもできますが、手数料がかかるので注意が必要です。

横浜銀行ATM利用時の手数料

平日 8:45~18:00:手数料無料
上記以外の時間帯:108円

提携ATM利用時の手数料

多くは下記のようになっています。

平日 8:45~18:00:108円
上記以外の時間帯:216円

インターネットバンキング

横浜銀行のインターネットバンキングはまぎんマイダイレクトを契約すれば、ホームページ上で借入れの手続きができます。
こちらから手続きすれば、24時間いつでも口座にお金を振り込んでもらうことができます。手数料も無料です。
これが最もオススメの方法です。
多少手間はかかってしまいますが、手数料は有料ですと塵も積もれば山となるように、意外と大きな金額になっている場合が多いので、こちらがオススメです。

おまとめローン

  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 横浜銀行カードローン 対象外 1.9~14.6% 10~1,000万円

  商品名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 住信SBIネット銀Mr.カードローン
(プレミアムコース)
対象外 2.49~7.99% 10~1,000万円
みずほ銀行カードローン 対象外 3.5~14.0% 10~1,000万円
三井住友銀行カードローン 対象外 4.0~14.5% 10~800万円
消費者金融 アイフル おまとめMAX 対象外 12.0~15.0% 1~500万円 120
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 対象外 6.3~17.8% 1~300万円 120
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 対象外 7.7~18.0% 1~300万円 162

横浜銀行カードローンは、おまとめローンにも向いているのでしょうか。

おまとめに適したローンの条件といえば低金利・高限度額・総量規制の対象外ですが、横浜銀行カードローンはこれらの条件全てに当てはまっています。
おまとめローンとして利用する分にも、オススメです。

無利息期間

  商品名 無利息期間
銀行 新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
ノーローン 借入日の翌日から7日間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回のみ)

横浜銀行のカードローンに無利息期間のサービスはありません。
短期間で完済できる場合や、無利息期間のある業者をお探しの方は、上記の表を参考にしてみてください。

返済方法

  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 横浜銀行カードローン
(※2)
10日 横浜銀行 24時間 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
もしくは
平日8:45~18:00:108円
上記以外の時間帯:216円
横浜銀行ATM
店頭窓口
口座引落

  商品名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン
(※2)
1日
12日
20日
27日
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料 口座引落
振込み
新生銀行カードローン レイク 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
新生銀行
無料 レイクATM
口座引落
振込み
オリックス銀行カードローン 10日
末日
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
振込み
消費者金融 アコム 35日ごと
毎月指定日(任意)
6日(口座引落)
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
店頭窓口
アコムATM
口座引落
振込み
プロミス 5日
15日
25日
末日
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
(三井住友銀行は手数料無料)
店頭窓口
プロミスATM
口座引落
振込み
コンビニ
(※3)
ノーローン 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 新生銀行
イオン銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
レイクATM
口座引落
振込み

※2 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる
※3 ローソン、ミニストップ、ファミリーマート
※4 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合

毎月の返済は口座引落

原則として返済は、毎月横浜銀行の口座から自動で引き落とされます。
返済日は毎月10日(10日が土日祝の場合は翌営業日)と決まっていて、自分で選ぶことはできません。

繰上げ返済は可能

毎月の返済以外に、繰上げ返済することもできます。
繰上げ返済は、横浜銀行ATMや提携ATM、はまぎんマイダイレクト(インターネットバンキング)から行えます。

横浜銀行ATM→手数料は無料ですが、平日8:30~18:00以外は取り扱っていないので注意が必要です。

セブン銀行とローソンATM→手数料は無料ですが、平日以外は取り扱っていないので注意が必要です。

その他提携ATM→セブン銀行とローソンATM以外の提携ATMで繰上げ返済する場合、手数料は下記のようになっています。

平日 8:45~18:00:108円
上記以外の時間帯:216円

インターネットバンキング→はまぎんマイダイレクトを契約すれば、ホームページ上で繰上げ返済の手続きができます。手数料は無料です。

返済方式

  業者名 返済方式
銀行 横浜銀行カードローン 残高スライド定額リボルビング

  業者名 返済方式
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン 残高スライドリボルビング
三井住友銀行カードローン 残高スライド
みずほ銀行カードローン 残高スライド
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 残高スライドリボルビング
楽天銀行スーパーローン 残高スライドリボルビング返済
元利込定額返済
消費者金融 アコム 定率リボルビング
プロミス 残高スライド元利定額返済
SMBCモビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
アイフル 残高スライド元利定額リボルビング
オリックスVIPローンカード 新残高スライドリボルビング返済
元利込定額リボルビング返済

横浜銀行カードローンの返済方式は「残高スライド定額リボルビング方式」です。
この方式は、前月の返済後の借入残高に応じて、毎月返済額が決まります。

前月の返済後の借入残高 返済額
1万円以下 前月の返済後の借入残高
1万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 25,000円
200万円超250万円以下 30,000円
250万円超300万円以下 35,000円
300万円超350万円以下 40,000円
350万円超400万円以下 45,000円
400万円超450万円以下 50,000円
450万円超500万円以下 55,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超700万円以下 65,000円
700万円超800万円以下 70,000円

この方式の注意点は、繰上げ返済をしっかり行なった方が良いということをあまり実践していないことです。
残高が減るごとに返済額も減り、長期化しがちになるので、その分余計な利息を払うことになってしまいます。
繰上げ返済はすればするほど完済が早くなり、利息の節約にもなるので、積極的に行いましょう。

店舗数

  業者名 自社ATM 主な提携ATM 有人店舗の店舗数 自動契約機の設置数
銀行 横浜銀行カードローン セブン銀行
ローソンATM
E-net
イオン銀行
ゆうちょ銀行
196 0

  業者名 自社ATM 主な提携ATM 有人店舗の店舗数 自動契約機の設置数
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
677 627
(テレビ窓口)
三井住友銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
439 719
みずほ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
461 0
消費者金融 アコム 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
39 1065
プロミス 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
18 1167
アイフル 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
25 625

店舗数は都市銀行と比べて少ないですが、神奈川県内に店舗やATMが集中しているので、神奈川県民にとっては問題ありません。
特に、小田急線を使う人には朗報です。
小田急線の全70駅にATMが設置されているため、ATMで困ることは少ないでしょう。

いかがでしたか?
地域制限があったり、口座開設をしなくてはいけないなどのデメリットもありますが、すでに横浜銀行の口座を持っている方にとっては、低金利・高限度額の魅力的な商品です。
横浜銀行カードローンを知って魅力的だと感じたのなら、検討してみても良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする