楽天銀行スーパーローンの審査基準は?甘いって本当なの?

最近よく耳にするようになりました、楽天銀行のカードローン。
楽天が展開する「楽天銀行スーパーローン」は、楽天会員であれば案内が届くこともあるので馴染みが深いのではないでしょうか。

楽天カードはクレジットカードなので審査に通りやすいと有名で、その延長でカードローンの「スーパーローン」にも申し込もうとしている人も多いのではないでしょうか。

スペックからみると、審査通過の基準もそれほど難しくないように思われるスーパーローン。審査に通りやすいといわれていますが、どのくらい通りやすいのか?体験談からみた審査基準を探っていきたいと思います。

◆楽天銀行スーパーローン基本スペック

実質年利 1.9~14.5% 限度額 800万円
保証料・保証人 なし 口座開設 不要
融資スピード 公式HP参照 借入診断 なし
備考欄 ・ 上限年齢62歳
(パート・アルバイト・専業主婦の方は上限60歳)
・カードレス不可

◆なぜ、楽天銀行スーパーローンは審査が低めといわれるのか?

カードローンの審査が厳しくなるといわれている中、楽天銀行スーパーローンの審査基準の緩さは別格だといわれています。
「ブラックでも通るのかも?」と噂が回るほど審査に甘いイメージを持たれています。

実際は、審査基準はそこまで低くはないかもしれませんが、高くないと推測ができます。

その理由とは、公式HPや口コミに隠されていました。

理由①月々の返済が2000円からOKと少額である

楽天銀行スーパーローンの返済額は月2000円~です。(借入額が10万円以下の場合)
上限金利14.5%の金利で、この最低返済額はイオン銀行と並ぶほど低額です。

最小返済額が少ないことの意味するところは、返済能力が低くても積極的に融資をしているととらえることができます。これは年収の低い人にも利用しやすくなっていると考えられるでしょう。

ちなみに、比較的審査が厳しいといわれているみずほ銀行カードローンの最小返済額は1万円からとなっています。

理由②利用者の年収が大手消費者金融で断トツに審査通過率の高い「アコム」と大体同じ

審査基準の目安の一つとして、「価格.com」などの最新レビューから平均年収を割り出してみます。すると、大手消費者金融の中で最も審査通過率の高いアコムとそれほど変わらないという結果に・・・(⇒審査に通りやすい会社?大手業者の審査通過率で比較

  利用者の平均年収(目安) パート・アルバイトの割合
楽天銀行スーパーローン 約350万円 約20%
アコム 約345万円 約35%

利用者の平均スペックが似ているということは、審査通過率も大体同じくらいだと推測しました。

理由③公式HPに「パート・アルバイト申込OK」と表記がある

審査が厳しいといわれる三井住友銀行やみずほ銀行のカードローンの公式HPには、「パート・アルバイト可」と記述されていません。

楽天銀行スーパーローンの場合は、しっかりと記述されていました。

この違いがおそらく審査基準の違いになっているのではないかと考えています。

▶公式HP「楽天銀行スーパーローン」より

こういった記述があるということは、会社員や公務員だけでなく、パート・アルバイトといった通常では通りにくい社会的信用の低い人も歓迎しているという意味だと期待ができます。

この記述があれば、少し安心できるかもしれませんね。

⇒専業主婦はどう?

楽天銀行スーパーローンは名前の通り銀行カードローンです。
そのため、貸金業法の対象とはならず総量規制の対象外になります。
つまり収入がない専業主婦でも利用できます!

総量規制:年収の3分の1以上融資ができない貸金業上の法律。対象となるのは、プロミスやアコム・アイフルなどの消費者金融やクレジットカード会社)

職業別のオススメ

◆楽天銀行スーパーローンの審査に通過しているのはどんな人?

それでは、楽天銀行の審査通過基準を探っていきましょう!

【楽天銀行スーパーローンの申し込み条件】

・満20~62歳(パート・アルバイト・専業主婦の場合は60歳まで)
・本人、もしくは配偶者に安定収入があること
・外国籍の方は、永住許可を受けていること

【その他の審査通過条件】※ブラックはNG!

・5年以内に3か月以上の延滞をしていないこと(金融機関や携帯電話のローンの支払い延滞など)
・5年以内にローン・クレジットカード・携帯電話会社から強制解約措置を受けていないこと
・5~10年以内に債務整理を債務整理を行っていないこと

これが基本的な申込条件・最低条件になります。

また、収入があれば学生の申し込みもOKです。

以上の条件を満たしていることが前提で、「他社の借入」「低年収」「歩合給」「派遣社員」など、マイナス要素を加味した上で審査結果が出ます。

みずほ銀行三井住友銀行などの審査が厳しいといわれている大手と比較すると通りやすいものの、信用情報に傷のあるいわゆるブラックリスト状態の方は審査に落ちてしまいます。

◇「信用情報」と「返済能力」がカギ

楽天銀行スーパーローンの項目で、他社と比較して大きな違いとなっているのは、厳しすぎない審査基準でしょう。

最も重視されているのは「信用情報」と「返済能力」がカギになっています。
審査はもちろんここを見ますが、口コミなどの情報を総合するとより内容重視の傾向があるように思えます。

○○の審査基準は?ひとめでわかる表で説明

おまとめローンの『審査』5種類と審査に通らない4つの理由

【元銀行員直伝】おまとめローンの審査を通りやすくする裏技10選

目安としては「ブラック状態ではなく、最低限の返済能力があれば審査通過できる可能性が高い」といえるでしょう。

もし年収も十分あり返済能力が高いと判断されれば、数百万円の大きな限度額にしてもらえる可能性があるので、スペックが平均以上だと思う方にはさらにオススメです。

知らずにブラックリスト入り!?奨学金返済や携帯電話の月賦に注意!

◇年収200万円未満でも審査通過の可能性は十分にある

口コミをみている限りでは、他社から借り入れがなければ年収200万円未満でも審査に通過できる可能性は十分にあります。

年収200万円未満のアルバイトでは審査落ちがほとんどの銀行カードローンですが、楽天銀行は寛容な審査が目立ちます。

◇審査落ちの原因で考えられるのは?

ブラックでもないし申込条件を満たしていたにも関わらず審査に落ちてしまった・・・という方は、「保証会社」も見直しておいたほうが良いかもしれません。もしくは、他社からの借り入れで2社以上ある場合は要注意です。

保証会社は、楽天銀行には2社(楽天カード株式会社・株式会社セディナ)あり、どちらかの審査に通ればOKなのでかなり寛容といえるでしょう。
反対に、両方の保証会社で金融事故を起こしたことがあれば、審査落ちになってしまうのは確実でしょう。過去にトラブルとなった保証会社はないかもう一度確認してみてください。

カードローン審査が心配な人こそ!保証会社が2つあるところがオススメ【おまとめも】

【プロが教える】審査で落ちる?通る?「ギリギリのライン」

Q「おまとめローンの審査が厳しい場所がある?」

◆楽天市場・楽天カード・楽天銀行の住宅ローンなどの利用で審査に優遇の可能性

楽天会員に送られたダイレクトメールの一部には、しっかりと「審査優遇」の文字が!

差出人: 楽天カードニュース
件名: 【新金利登場】楽天会員様なら審査優遇のカードローン【楽天銀行】[楽天カード]
返信先: 楽天カードニュース

楽天カードニュース読者様に楽天銀行株式会社のお得なお知らせをお送りします。
———————
配信停止は文末へ
———————
楽天カード会員の皆様
こんにちは。楽天銀行です。

たくさんの会員様よりご好評いただいている『楽天銀行のカードローン』をご案内いたします!
『楽天銀行のカードローン』は入会金も年会費も一切かかりません。

↓お申し込み・詳細はコチラ
(URLリンク)

もちろん、会員だからといってすぐに申し込んでも即優遇されるのかというと違います。
審査においては信用情報や返済能力の照会をしなければならないので、審査結果が出るまでの時差が生まれます。

ある程度楽天会員の利用実績があれば把握しやすいです。「契約を守っているか」「返済能力があるか」などを審査の要因にしやすいです。つまり、「楽天会員ランクが高ければ、審査優遇を受けれる」と考えられます。

【楽天会員のランクアップシステム】

★楽天会員ランクアップの仕組み

楽天会員さんは、楽天Point Clubにログインして、自分の会員ランクを確認すると目安になります。

といっても、楽天銀行スーパーローン自体が審査に寛容だと考えられるので、優遇が受けられなくてもさほど影響はないでしょう。

◇反対に、楽天でのトラブルはすぐに把握される

楽天関連のサービスをよく利用していると、審査に通りやすい反面、反対に楽天関連でトラブルを起こした過去があると、審査に落とされてしまう可能性が高いです。

繋がっているからこそ、様々なことを把握されてしまうので、過去に楽天で問題を起こした方は一度考え直したほうが良いかもしれません。

もちろん、トラブルの大小(数日程度の延滞など)にもよりますが・・・

◆楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすくするコツは?

比較的審査に寛容だといわれている楽天銀行スーパーローンですが、まだ審査に不安を感じていますか?

そんな方のために、できる限りの対策をお教えします。

①他社の借り入れを減らす

上記でも紹介したように、審査で最も重視されるマイナス事項は「他社の借り入れ」です。
借入残高にもよりますが、少なければ少ないだけよいです。

すでに他社で借り入れしている場合は、できる限り減らしておきましょう。
借入を減らせずに困っているときは、楽天銀行への「借り換え」を検討してみてはいかがでしょうか。

【元銀行員直伝】おまとめローンの審査を通りやすくする裏技10選

②自身の信用情報を開示して確認する

過去に、他の金融機関で審査落ちを経験した方、金融事故を起こしたことがある方は、俗にいう「ブラックリスト扱い」になっている可能性があります。
ブラック状態になってしまうと、100%審査に落ちてしまうので、一度確認してみるといいかもしれません。

金融機関を通じて利用した履歴は、個人情報機関というところに保存されるため、そこに悪い情報が記載されているのが「ブラック状態」というわけです。

注意すべき点は、稀に間違った情報が登録されていて、審査落ちになってしまうこともありました。(過去にソフトバンクにて誤登録事件がありました)

もし、身に覚えがないけど審査に落とされるというときは自身の借金や信用情報を一度確認してみると良いかもしれません。

信用情報とは?

◇楽天銀行を持っている方は預金を入れておいて

楽天銀行が正式に公表しているわけではありませんが、楽天銀行をお持ちの方は銀行預金を入れておくと良いかもしれません。
返済能力があるアピールになるかもしれませんからね。(あくまで憶測ですが…)

楽天会員は優遇されるのと同じように、楽天全体が繋がっているからこそ、「楽天会員ランク」を考慮したり預金を入れておいて利用実績を作るのも有効なのではないかと考えます。

とはいえ、もともとの審査がそれほど難しいわけではなさそうなので、あまり気にせず申込してみましょう。

◆申込から契約までを一気読み!

審査の不安は軽くなりましたか?審査に通過できそうだと思ったら、申込から契約までの流れを一気に確認してみましょう。

①申込から契約までの流れ

楽天銀行の公式HPから申込

審査(在籍確認、申込確認電話がある)

必要書類の提出(郵送もしくはスマホアプリにて)

楽天銀行から振り込みキャッシングを受けられる

ローンカード、口座振替依頼書の郵送(1週間前後)

口座振替依頼書を記入し、返送

融資スピードは決して早くはありません。また、早さをウリにもしていません。最短当日~2営業日ほどかかると公式HPには書いてあります。口コミでは数日かかったという方が多いので、早さに期待は出来そうにありませんね。
即日融資がいい!という方には、即日融資向けのカードローンを検討しましょう。

スピード審査・即日融資向けのカードローン

②楽天銀行スーパーローンの提出書類

本人確認書類1点 ・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
収入証明書類1点
(借入限度額が300万円超の場合)
・源泉徴収票
・課税証明書
・確定申告書
・給与明細

限度額が300万円を超える場合は、収入証明書類を提出しなくてはなりません。 提出方法は、郵送かスマホアプリがありますが、スマホを持っていないと郵送での書類提出しか方法がないため、借入までに時間がかかってしまう点は気をつけてください。

詳しくは『楽天銀行の申し込み』のページをご覧ください。

③【注意】在籍確認は会社へに電話連絡のみ

申込をすると、記入した勤務先の会社に「在籍確認」がいきます。
これは収入を把握するためにも必要不可欠なので、避けることはできません。また、楽天銀行の場合は電話による在籍確認を行っています。

会社が休業日の場合は在籍確認が取れるまで審査は持ち越しになるので、即日融資に対応できないこともあると覚えておきましょう。

「会社に在籍確認の電話をしてほしくない!」という方は周囲の人へなるべくバレないよう配慮しているカードローン会社を探してみてください。(⇒在籍確認なし・カードレスなカードローンを探す

もし、会社の個人情報管理などにより在籍確認が取れない場合は、楽天銀行の判断に任せ指示に従う形になります。多くの場合、収入証明書類の提出をすることになるでしょう。

④楽天銀行スーパーローンには銀行開設なしで申し込める!

通常、銀行カードローンを利用するには、銀行口座を持っているか同時開設を要求されることも少なくありません。みずほ銀行などは口座開設・口座所有を条件の一つとしています。

楽天銀行スーパーローンは、口座開設なしで利用が可能なので、その分面倒が減って利用しやすいですね。

ただ楽天銀行の口座を持っているとメンテナンス時間以外の24時間365日振り込み融資を受けることができるなど、サービスがより充実してきます。カードローンの審査に通ってから楽天銀行の口座を開設しても良いかもしれませんね。

⑤スピード融資のコツは銀行振り込みが便利!(初回のみ)

楽天銀行はスピードに特化していない分、その他の方法でスピード感をアップさせる必要があります。初回利用であれば、ローンカード不要で融資してもらえる「銀行振り込み」が便利です。

ちなみに、楽天銀行の口座を持っていれば、メンテナンス時間を除く24時間365日振り込み融資が可能です。

また、申込からローンカードが届く前に借りるときは「ネットキャッシング」を利用するしかありません。(振り込み先の銀行を登録し、そこに振り込み融資してもらう方法です)

詳細は『楽天銀行公式HP:カードローンの借り入れ方法』をご覧ください。

◆まとめ│楽天銀行の特徴をおさらい

いかがでしたか?

楽天銀行スーパーローンは

・パート・アルバイトOKを公言していて、メガバンクより審査難易度は低めと考えられる
・他社からの借入がない場合は、年収200万円未満でも審査に通る可能性がある!
・スマートフォンがない場合、融資までに時間がかかる可能性が高い
・契約から融資まで、最短即日~2営業日と記載されているが、もう少しかかることが多い

◆【キャンペーン】いまだけ!!金利半額~2018/3/31まで

楽天銀行スーパーローンは、いまだけキャンペーンを行っています!

2018年3月31日23:59までの期間限定で金利半額です!!

(通常年1.9%~14.5%のところ⇒年0.95%~7.25%に!!)

この機会をお見逃しなく!!

詳しくみる⇒楽天銀行スーパーローン公式HP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする